おんな城主直虎 ネタバレ 34話 隠し港の龍雲丸

井伊直虎(柴咲コウ)は、磔の小野政次(高橋一生)に
槍を突き刺し「地獄へ落ちろ!小野但馬!
ようもここまで我を欺いてくれたな。
遠江一、日ノ本一の卑怯者と未来永劫語り伝えてやる」
と叫びました。

近藤康用(橋本じゅん)は井伊を手に入れ
直虎へのこれ以上の仕置はしないと
南渓和尚(小林薫)に約束してくれます。

直虎と政次の死の演技を見て
近藤は直虎への信頼を取り戻したようです。
しかし直虎の様子がおかしくなってしまいました。
政次ロスもありましたが、今回はさらなる衝撃が走りましたね。


井伊直虎、政次の死を受け入れられず

川名の隠し里、中野直之(矢本悠馬)昊天(小松和重)は
祐椿尼(財前直見)なつ(山口紗弥加)たちに
政次の最期を報告します。

亥之助(荒井雄斗)がたまらず外に走っていくと
高瀬(高橋ひかる)がなつを止め、追いかけていきました。
直虎が1人で碁を打っていると聞いて
祐椿尼は直虎をこちらに引き取れないかと心配します。

龍潭寺へ戻った昊天が隠し里へと誘うと
1人で碁盤に向かっていた直虎は
「こよいあたり但馬が来るかもしれませぬ。
近藤殿が井伊への企みを持っておるようなのです。
但馬が来たら話をせねばなりませぬ」と言いました。

あまりのことに、政次の死を
直虎は受け入れられていないようです。
南渓、昊天、傑山(市原隼人)らが心配します。

徳川家康に、瀬戸方久が内通

徳川家康(阿部サダヲ)は井伊谷を通過し、遠江へ進軍し
引間城へ入城し、今川氏真(尾上松也)が籠もる掛川城へ
攻めかかろうとしていました。

軍議が開かれ、石川数正(中村織央)酒井忠次(みのすけ)
本多忠勝(高島政宏)らが話し合います。
掛川城と堀江城の大沢基胤(嶋田久作)を
同時に攻めようというのです。

松下常慶(和田正人)が来て「先ごろ、井伊のほうが
もめたと伺ったのですが」と聞くと
忠次が制しました。
鈴木重時(菅原大吉)菅沼忠久(阪田マサノブ)近藤の
井伊谷三人衆が来ていたのです。

常慶が持参した種子島に、忠勝が気づきます。
家康も興味を示して、瀬戸方久(ムロツヨシ)
辰(山本圭祐)が呼ばれました。
方久は武器を持参し、ご入用のものがあれば
なんでも申し付けくださいと接近します。

龍雲丸、徳川は信用できない

龍雲丸(柳楽優弥)が龍潭寺へやってきたので
南渓は、政次の死を受け入れらず、1人で碁を打っている
直虎について説明しました。

龍雲丸は「ああやってる分にはつらそうでもねえし
本人は案外幸せなんじゃねえですかね」と言います。
南渓は「老婆心ながら、一度、気賀の動きを確かめておいた
ほいがよいぞ」とアドバイスしてくれました。

気賀に戻った龍雲丸は中村与太夫(本田博太郎)と会います。
与太夫が勢いのある徳川につくと話すと
龍雲丸は井伊が徳川に見捨てられたので、
信用できないと言いました。

龍雲党に戻った龍雲丸は、戦のにおいがしてきたので
いつでも逃げ出せるようにと命じます。

気賀、大沢基胤に奪われる

永禄12年、大沢基胤が気賀に攻めてきて
蔵の武器や港の船が奪われてしまいました。
方久と辰は2人だけで逃げ出します。

大沢家の山村修理(相島一之)尾藤主膳(朝倉伸二)
竹田高正(長尾卓磨)らが気賀を制圧してしまいました。
与太夫が龍雲党へ来て、船で外海へ出て徳川を頼らないかと
誘ってきます。しかし龍雲丸は徳川を信頼できないからと
断りました。

気賀の民や百姓たちは捕らわれてしまい、その中に
ゴクウ(前田航基)力也(真壁刀義)もいます。
そこへ龍雲丸が現れ「巻き込まれてどうすんだ。
俺ら逃げてなんぼだろうが」と声をかけました。

夜になって、大沢の兵を吹き矢で眠らせると
龍雲丸やゴクウ、力也たちは船で逃げ出します。
しかし逃げ出そうとした2人の町人が捕まるのを見て
心を動かされました。


瀬戸方久と中村与太郎、家康に助けを求める

気賀から逃げ出した瀬戸方久と辰は、引間城の徳川家康に
助けを求めに行きます。ちょうど中村与太郎たちも
やってきていました。

そこで家康は策を思いつきます。夜陰にまぎれ
城の裏に船をつけ、捕らえられた民を逃し
攻めかかって大沢の武将の首を取ろうというのです。

方久や与太郎は喜んでいましたが、
酒井忠次は何か企んでいる表情でしたね。

政次の辞世、直虎の心を動かす

井戸端で、直虎と南渓が話しています。
直虎が政次と約束していたと言うので
南渓はそれにうまく合わせていました。

そこへ来たのは、政次でなく、鈴木重時です。
鈴木は、政次が残した辞世を持ってきてくれたのでした。
南渓がそれを受け取って、懐に入れると
直虎はそれを奪って、読みはじめます。

「白黒をつけむと君を ひとり待つ
 天伝う日ぞ 楽しからずや」

直虎は辞世を読んで、政次の死を自覚し
涙を流しました。直虎はやっと正気に戻ったのです。

酒井忠次は冷徹

龍雲丸、カジ(吉田健悟)モグラ(マキタスポーツ)らは、
明かりを消すと、大沢の兵たちを海へ突き落とし混乱させました。
龍雲丸は尾藤の首に刀をつきつけ
「侍は侍どうし、てめえらだけで戦え」と叫びます。
大沢の兵が襲ってきたので、龍雲丸は逃げ出しました。

龍雲丸たちは船に乗って沖へ向かっていくと
船がやってきます。徳川に味方した中村屋の船です。
ところが矢がゴクウに当たって倒れ
力也も攻めかかってきた大沢の兵に倒されました。

気賀攻めを指揮していた酒井忠次は
城を攻め落とせと命じます。
方久と辰が驚くと
忠次は「生ぬるい仕置では大沢が下らぬ」と冷徹です。

直虎、龍雲丸を討つ!?

龍雲丸は気賀の町へと逃げてきます。
町は倒された大沢の兵や徳川の兵で埋まっていて
その中に、モグラもいました。

カジが大沢の兵に攻められているのを見て
龍雲丸は助けに行きます。
龍雲丸がカジを抱えていると
背後から槍で刺されました。
振り向くと、槍を持っていたのは直虎です!

一方、龍潭寺で寝ていた直虎は「あああ」と叫んで
飛び起きました。
南渓がどうした?と声をかけると
直虎は人を殺す夢を見たと答えます。
小野政次の悲劇の後に、新たな悲劇が待ってましたね。

大河ドラマ おんな城主 直虎 あらすじ
大河ドラマ おんな城主 直虎 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る