ひよっこ ネタバレ 127話 時子「だから私は三男を解放する」

時子(佐久間由衣)は、三男(泉澤祐希)さおり(伊藤沙莉)が
話しているのを聞きます。

三男の自分への思いを知った時子は
「ツイッギー、そっくりコンテスト」に
応募すると言い出しました。

啓輔(岡山天音)祐二(浅香航大)は「がんばってください。
僕らが描いているのは、みね子さんの話なので、そこまで
描けないというか、肝心のみね子さんが最近停滞気味で
困ってます」と言います。

最近、停滞気味のみね子(有村架純)はちょっと怒りました(笑)


コンテストの応募資格と応募〆切

愛子(和久井映見)は流れ星を見たので、アパートの人たち
一人ひとりの名前を呼んで、いいことがありますようにと
願ったと話します。

啓輔と祐二も喜びますが、2人にとって、いいことは
余ったお餅をもらえたことだったようです(笑)

「ツイッギー、そっくりコンテスト」の応募資格が
25才までというので、愛子が早苗(シシド・カフカ)に
ずっと25才にしておくのは早苗らしくないと突っ込んできます。

そして、お見合いを38回、実は39回も断られているというのは
早苗が自分から断られているよう仕向けているのではと
愛子は疑ってきました。

啓輔と祐二がそわそわしてるので、富(白石加代子)が
「さっきから気になるようなことがあるんでしょ。言いなさい」
と命じます。

応募の締め切り、過ぎとりますと言われ
見てみると、7月末日〆切でした。
時子はがっかりしてましたね(汗)

時子「だから私は三男を解放する」

部屋へ戻って、みね子と時子は話しました。
時子は三男のおためにも早く結果を出したかった
と打ち明けます。

三男がさゆりに話していた回想シーンが流れました。

時子が「だから私は三男を解放してやんないといけないんだよ」
と言います。

みね子は「解放か、だからスターになりたかったんだ。
昔のまんまじゃいられないんだね、人は」と時子を抱きしめました。

奥茨城の助川家で、正二(遠山俊也)豊作(渋谷謙人)は
それはダメだと君子(羽田美智子)を責めています。
どうしたんでしょうね?

連続テレビ小説 ひよっこ ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 ひよっこ キャスト 相関図

関連記事

ページ上部へ戻る