ひよっこ ネタバレ 125話 みね子、世津子に実のことを報告

みね子(有村架純)秀俊(磯村勇斗)はテレビ局へ行って
楽屋にいる世津子(菅野美穂)を見かけます。

桑田佳祐さんではありません(笑)
「SONGS」で、みね子や乙女寮のメンバーが
桑田さんと共演してましたね!

みね子が声をかけず、帰ろうとすると
秀俊は「気になるんじゃないの?」と言ってきました。

「みね子の気持ちじゃなくて、こうしたらあの人は
どう思うかなとか、どう感じるかなって思ってしまうところ、
俺はいいと思うんだ。

でも、いつもそればっかりになのはどうかと思うな。
いいところだとは思うけど。今もそうなんじゃない?
あの人に対してどういう気持ちなのか、俺には分からないけど。
気になるんだろ?

たまには止めてみたら?もうちょっと自分の気持ちを
大切にしてみたらどうかな。顔も見たくもない気に
なんかならないなら帰ろう。じゃなかったら戻ったら?」

みね子が「ありがとうございます。行ってきます」と言うと
秀俊は「じゃ先帰ってる。みね子はサボって、パチンコ
行きましたって言っとくわ」と冗談を行って
先に戻っていきました。秀俊は良い先輩ですね。


みね子、世津子に実のことを説明する

みね子が声をかけると
世津子は立ち上がって、驚きました。

みね子が「お父ちゃんのことなんですけど、聞きたいですか?
聞きたぐないですか?」と質問します。

世津子が「難しい質問だな」と迷ってると
みね子は「じゃ言いますね。奥茨城に帰って元気でやってます。
思い出したりはしてないけど、自分を取り戻そうと元気で
やってます」と一気に説明してしまいました。

世津子は「そんなにはっきり物言う女の子だったっけ?」
とびっくりしながら、実のことを聞いて「大丈夫にするしかない」
と受け止めてくれます。

ツイッギーのミニスカート

ツイッギーのポスターが貼ってあったので
みね子は「世津子さん、ツイッギー好きですか?」と聞きました。
世津子は「かわいいよね」と笑顔になります。

そして世津子はミニスカートを試着だけして
鏡を見て、おおっと思ったが、買わなかった。
自分のスカートの丈を短くしたと打ち明けました。

あかね荘の愛子(和久井映見)はスカートを当てて
なんか違うなとつぶやいてます。

世津子は「何か違うんだよね。長かったものを短くしたものと、
もともとミニスカートとしてデザインされたものとは
何かが違うんだよね。人間で言うと、性格が違う感じが
するんだよね」と言うので
みね子は納得します。

みね子は時子(佐久間由衣)のためにミニスカートブームは
うれしいと言いました。
そして、みね子は世津子に、台本を手伝うと話します。
ツイッギーのミニスカートの話題で
みね子と世津子は打ち解けましたね。

さおりのミニスカート

三男(泉澤祐希)が安部米店へ帰ってくると
さおり(伊藤沙莉)がミニスカートで
三男はびっくり!

さおりは善三(斉藤暁)は今夜帰らないと
三男に流し目を送ってきましたね(汗)

連続テレビ小説 ひよっこ ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 ひよっこ キャスト 相関図

関連記事

ページ上部へ戻る