ひよっこ ネタバレ 124話 実「みね子を解放してあげたい」

宗男(峯田和伸)が「何か話あんだっぺ?」と聞くと
実(沢村一樹)は「みね子のことなんだ」と話し出します。

実は自分が行方不明になってしまったために
みね子の人生が変わってしまったので、
元に戻してやりたいと言いました。
みね子が働いた分のほとんどを仕送りしてやることから
解放してあげたいというのです。

宗男は「終わんねえような、谷田部家に起きた
悲しい出来事がよ。好きに生きさせてあげたいね」
と賛成します。


静ちゃんのパンチ、強力です(汗)

実が東京か水戸に出稼ぎに行くのが一番だが
美代子(木村佳乃)には心配かけたくない
米は厳しい状況だと言いました。

茂(古谷一行)が「おめえ、まさか」とちょっとイラッとします。
実は米を止めようと思わないが、米以外のメロンやいちごで
成功してる人もいるので、宗男と滋子に相談にのってと頼みました。

滋子(山崎静代)は「こうしてしゃべってっと、
実さん、昔と全然変わんねえな。しゃべるこどが、
すっーとしてて、かっこいい。弟と全然違う」
とほめます。

宗男が「どういう意味だ、おめえ」と反発すると
滋子は宗男にパンチ!宗男はすっ飛びます!
静ちゃんのパンチ、強力です(汗)

宗男は「悲しいことは、降ってくるみたいに、いきなり起きんだ。
でも、悲しいこどから救ってくれんのは、人間だ。
誰かに助けでもらったら、誰かを助ければいい。
みんながそうすりゃ、世界はきれいに回ってく」と言います。

滋子が「すぐ話がでかくなって訳がわからなんくなるのは
実さんと違うとこだな」と笑うと
宗男は「しっかり者の長男と夢見る次男だ」と笑いました。

ミニスカートの由香、一郎に接近

みね子(有村架純)秀俊(磯村勇斗)は出前に行くことになり
鈴子(宮本信子)たちに見送られます。

ミニスカートの由香(島崎遥香)がすずふり亭前に来ますが
「まだムリ」と帰ってしまいました。
Bar月時計で、みね子から言われた言葉が効いたようです。

柏木堂へ来た由香は、一郎(三宅裕司)に「頼みがあるだけど」
と接近します。
ヤスハル(古舘佑太郎)が聞いてからにしたらと止めますが
一郎は「なんでも言ってみな、俺に任せろ」と安請合いです(笑)

テレビ局についたみね子と秀俊は、局員がお金を持ってくる
と言うので、廊下で待っていました。

秀俊に「川本世津子さんのこと思い出しちゃう」と聞かれ
みね子は「不思議ですよね。あの時、急にコマーシャルに
出るこどにならなかったら、お父ちゃんに会うこともかなった」
と答えます。

みね子、世津子と再会

縁側で、美代子が「さっきはありがとう」と言いました。
実は「最近思うんだ。思い出せなくってもいいって。
ここで生きてることが好きだ。美代子のことも好きだ。
ミニスカート似合ってだよ、はいだらどうだ?」とからかいます。

美代子は「やだ恥ずかしい」と照れました(笑)
実は「こっからだ。取り戻すんだ、絶対に」と言います。

テレビ局、みね子と秀俊が廊下を歩いてると
世津子(菅野美穂)が楽屋で台本をチェックしているのが
見えましたね。

連続テレビ小説 ひよっこ ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 ひよっこ キャスト 相関図

関連記事

ページ上部へ戻る