ひよっこ 21週 ミニスカートの風が吹く

啓輔(岡山天音)祐二(浅香航大)の漫画「恋のひよっこ」を見て、
みね子(有村架純)は「何だこれ?」と怒りだしました。
自分が主人公となっていたのです。

時子(佐久間由衣)愛子(和久井映見)早苗(シシド・カフカ)は
知っていたようでした。

やがて、行方不明だった啓輔と祐二は戻ってきます。
ヤスハル(古舘佑太郎)に伴奏してもらい
歌を歌ってました。

ところが富(白石加代子)から叱られて
啓輔と祐二はうれし涙を流します。

秀俊(磯村勇斗)から「やめるなよ、すずふり亭」
とみね子は言われます。新しい恋でしょうか?
それとも、ただ励ましてくれただけでしょうか?

一方、谷田部家では宗男(峯田和伸)滋子(山崎静代)も
呼んで、家族会議が開かれます。
実(沢村一樹)は、みね子に仕送りをしてもらっていることに
責任を感じ、みね子を自由にしたいと考えたのです。

みね子はテレビ局に出前を届けに行きました。
そこで世津子(菅野美穂)と再会します。
実を連れてマンションから出ていった以来のことですね。

連続テレビ小説 ひよっこ ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 ひよっこ キャスト 相関図

関連記事

ページ上部へ戻る