ひよっこ あらすじ 109話 奥茨城母の会 緊急招集

実(沢村一樹)は世津子(菅野美穂)と暮らしていましたが
記憶喪失となっていました。

美代子(木村佳乃)は「私は奥茨城で待ってます。
自分のうちに帰ってみたい。そう思ったら、帰ってきて下さい」
と言い残し、奥茨城へ帰っていきます。

みね子(有村架純)の部屋で実は暮らすことになりました。

美代子が奥茨城に戻ってから、奥茨城母の会が緊急招集され
君子(羽田美智子)きよ(柴田理恵)が谷田部家へ来ます。
きよが会長で、美代子と君子が副会長です。

茂(古谷一行)が途中から縁側に座って、聞いてましたね。


奥茨城母の会 緊急招集

美代子が「きよさんどう?お嫁さんは」と聞くと、
きよは「ありゃ、なかなかのもんだわ。手ごわいわ。
気が強え。毎日が闘いだ。でも面白え女だ、気に入ってる」
と答えます。

高子(佐藤仁美)は、きよとうまくやっているようです。

美代子は、ちよ子(宮原和)進(高橋來)にも
実が記憶喪失だと伝えたと言います。

そして「ちよ子は泣いたよ。私のこと覚えでねえの?って。
進はあんましよくわがってねえみてえだった。自分のこどを
覚えでねえというのが、どういうこどなのか」と話しました。

きよは「聞きにくいこと聞くけどいいか?
その川本世津子はやっぱしきれいなの?」と質問します。

美代子は「きれいだった。有名な女優さんだよ!
何でよりによってそんな人と対決しなぎゃなんねえの?
私もう本当やんなっちまう」と落ち込みました。

そして「スリッパがね。何つうが、いいのよ、これがまた」
と世津子のマンションのスリッパをほめます(笑)

美代子 VS.川本世津子

美代子は世津子にライバル心を抱いたようです。

「問題はこっからだよ。要するに、実さんからしてみたら、
何にも覚えてねえわけだがら、初対面みたいなもんなんだよ。
しかも川本世津子と比べられるんだよ、私は。

問題は更にここから。うちを出た後、3人でごはん食べたんだ。
おそば屋さんに行ってね。気まずい、重い感じになっちまうでしょ?

だって実さんからしてみだらさ、知らない女がいぎなり妻だ
娘だってことになったわけで。それなのに私とみね子のために、
明るぐしてくれたんだよ」

お蕎麦屋さんで、実が「おかめそばっていうのも
ありますけど」と言っていた回想シーンが流れます。

美代子は「冗談とが言ってくれてさ。そんとき私のこと
覚えてなくても、この人のこと好きだなって思ってさ。
もう大好きだ。もう1回、私のこど、好きんなって
くれっかなって」と泣き出しました。

君子は美代子を抱いて「大丈夫だよ、だって、あんたは、
奥茨城村で、一番いい女なんだがらよ」と言います。
美代子は「何だよ君子、こんなとぎだけ譲るなよ」
と、みんな泣き出しました。


実、あかね荘の階段を修理する

裏の広場で、みね子は元治(やついいちろう)
秀俊(磯村勇斗)とジャガイモむきをしています。

実はあかね荘の階段の修理をしていました。
鈴子(宮本信子)が帰ってきて、富(白石加代子)に
「こき使っちゃだめよ」と注意します。

実は「何でも言って下さい。私にできることであれば」
と標準語で言いました。

世津子からの手紙 綿引からの手紙

世津子から手紙が来ます。実の記憶障害という病気について
書いてありました。

世津子の知り合いの大学病院の先生によると
どうしようもなくりふじんで、おそろしく悲しいことが
起きてしまったときに、それについて考えたくないという、
つよい気もちからきているのだろうということです。

おもい出すかどうかはわからず、もしかしたら、
一生おもい出せないこともあるのだそうです。

みね子と実は病院へ行って、診察してもらいました。
そしてみね子は赤坂警察署へ行って、捜索願を取り消します。
綿引(竜星涼)に手紙を出すと、すぐ返事が来ました。
すごく喜んでくれたそうです。

一郎(三宅裕司)ヤスハル(古舘佑太郎)がかしわ餅を
持ってきてくれて、富は「食べたい、ありがとう」
とがめついです(笑)

富は「んーおいしい」と食べて
実も「うまいです」と笑顔です。

みね子は「5月か。そろそろ田植えの季節だ」と言います。
元治が「田植え、きついんでしょ?」
一郎が「あれ腰に来そうだよね」と聞きました。

みね子は「田んぼ一面に張った水に、青空が映り込んで、
とてもきれいなんですよ。キラキラキラって感じ」
と話します。

連続テレビ小説 ひよっこ ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 ひよっこ キャスト 相関図

関連記事

ページ上部へ戻る