ひよっこ あらすじ 93話 有村架純さんと竹内涼真さん

今日はほとんど有村架純さんと竹内涼真さんの
2人だけのシーンでしたね。

みね子(有村架純)島谷(竹内涼真)は
裏の広場で会うことにしました。

島谷が先に待ってると
仕事を終えた秀俊(磯村勇斗)が出てきます。
秀俊は「みね子ちゃん、島谷が帰ってくるのを
ずっと楽しみにしていたぞ」と言い
みね子が来ると、去っていきました。

みね子と島谷はベンチに並んで座ります。
島谷は佐賀まで15時間ぐらいかかって
カニやムツゴロウの甘露煮や蒲焼きは
うまいと話しました。


みね子の相合傘、島谷にバレる

みね子が「お父さんやお母さんは元気でしたか?」と聞くと
島谷は「うん」とウソをつきます。

島谷が「会いたかった」と言うと
みね子は「私も」と照れて下を向きましたが
地面に、みね子&純一郎の相合傘が
残っているのに気づきました!

みね子は足を伸ばして、消そうと、変な体勢になって
バランスを崩し、足をつってしまいます(笑)

島谷はみね子の足をストレッチして治してくれましたが
相合傘がバレてしまいました。
みね子は「誰が書いたのかかな?時子かな?
”み”とか時子の字だもん」とごまかします。

時子の演技で、みね子の心を描写(笑)

すると演技練習中の時子(佐久間由衣)は
「いいえ、私ではありません!無実です!
私には、そんなことする理由がありません!」(笑)

島谷は卒業論文をがんばらないとと言うので
みね子は「どんなこと書くんですか」と質問します。

島谷が「企業経営におけるゲーム理論の導入」と答えると
演技中の時子は「何をおっしゃってるのか、さっぱり
わかりません。わかるように話して頂けませんか!」
と叫びました。
時子の演技で、みね子の心を描写してるみたいです。

島谷は壁のノックで2人だけに分かる合図を決めよう
と言い出します。
 1回は、あいさつ
 2回は、お茶飲みませんか?
 3回は、裏の広場で話しませんか?

演技中の時子は「一体何を言ってるんですか?
バカじゃないですか?あなた方は?」と
最後はあきれてましたね(笑)


みね子と島谷に、早苗が邪魔する

島谷は有田焼のネックレスをプレゼントしてくれ
首の後ろに手を回し、つけてくれました。
2人は見つめ合いますが、離れてしまいます。

島谷はみね子の手を握ってきたので
みね子は「お父さん、どうしましょう?
幸せすぎてみね子、壊れそう」と考えてると

早苗(シシド・カフカ)が「あの…」
と入ってきます。
2人は慌てて手を離しました。

いつから見てたんですか?と2人が聞くと
早苗は「足をつったあたり」と
ほとんど最初からです!

早苗は「だってさ、キスとかしちゃうんじゃないかな
と思って。邪魔しちゃ悪いかなと思って。でもどうやら
そこまで行かないみたいだな。じゃ。おやすみ」
と1回ノックして去っていきました(笑)

啓輔と祐二にも、知れ渡っていた(笑)

朝、みね子は隣で熟睡している時子を起こさぬように
立ち上がって、壁の方へ行って、1回ノックします。
机に向かっていた島谷は、それに気づいて
1回ノックを返しました。

みね子は制服に着替えて、廊下へ出てくると
啓輔(岡山天音)祐二(浅香航大)が
「おはようございます」と出てきます。

新作に取り掛かったので、楽しみにして下さいと言いますが
笑える話にしたいので、ハッピーエンドでお願いします
と頼んできました。

みね子は訳がわからずに、苦笑いし「いってきます」と言うと
啓輔と祐二は「いってらっしゃい」と1回ノックします。
2人にも、知れ渡っていたのです(笑)

島谷とみね子のほっぺた挟み

裏の広場へ出ると、富(白石加代子)が箒で掃いていました。
みね子が「おはようございます。いってきます」とあいさつすると
富は「いってらっしゃい」と1回ノックします。

みね子は「もう!富さんまで」と怒りますが
富は箒を倒してしまっただけのようです(笑)

島谷はスイカを買ってきたので
2回ノックします。
みね子はノックを返し、炊事場で2人で
スイカを食べました。
2人の洋服はスイカ色です!

島谷の顔がスイカまみれなので
みね子はそれを拭きながら、
ほっぺたを両手で挟みました。
そのお返しに、島谷もみね子のほっぺたを
両手で挟みかえします。

啓輔と祐二は、みね子と島谷の様子を観察して
せっせと漫画を描いてましたね。
ラストのひよっこの鳴き声が変でした(笑)

連続テレビ小説 ひよっこ ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 ひよっこ キャスト 相関図

関連記事

ページ上部へ戻る