ひよっこ あらすじ 91話 愛子、省吾に一目惚れ&告白!

みね子(有村架純)愛子(和久井映見)は裏の広場で再会します。
向島電機が倒産した後、愛子は小田原に暮らす弟家族のところに
身を寄せていたのですが、居づらくなって、仕事が見つかったと
ウソをついて、東京へ戻ってきたのです。

愛子が、みね子に会いたくて来ちゃったと言うので
みね子は「ありがとうございます。うれしいです」と言い
2人は抱き合います。

省吾(佐々木蔵之介)が厨房から出てきました。
何故か空を見てます。愛子の腰が抜けます。
省吾とみね子が「大丈夫ですか」と駆け寄っていきました。
愛子と省吾が自己紹介して、すずふり亭へ移動します。


愛子と高子、すずふり亭で再会

鈴子(宮本信子)は「あら!」とびっくりし
愛子は「ご無沙汰してます」とあいさつしました。
高子(佐藤仁美)は「あ!」と怪しい女が来たとびっくり!

愛子は「いろいろうまくいってなくて、みね子さんに会いに
来たんですけど、入りにくくて。すいません」と謝ります。

みね子、愛子、省吾、鈴子が話すのを、少し離れたテーブルで
高子はおしぼりを巻きながら、見ていました。

愛子の話を聞いて、鈴子は「大変でしたね」と同情します。
愛子が「何か悲しくなってきちゃって、私みたいに
この年で女1人って、ホントにどこにも居場所ないと思って。
何の価値もないのかな私はって、どうなるんだろう私は」
と落ち込みました。

みね子は「愛子さん言ってたじゃないですか。
『つらい事があった分、これから私は幸せしか待ってないって。
これからの私は大変なことになってしまうわよ』って」
と言います。

愛子、省吾に一目惚れ&告白!

愛子は「そうなのよ。ちょっと忘れかけてた。フフフ。
違うの、悲しくて泣いてるんじゃないの。なんかうれしくて。
さっきね、うれしかったの。どうしようかな?いいや言っちゃお。
ずうずうしくならないと、ね、鈴子さん?」とふり
鈴子は「えっ!」と焦りました。

愛子は「さっきね、省吾さんに、シェフに
一目惚れしちゃって、私」といきなり告白し
一同「えっ!」とびっくりします。
高子は嫌な表情をしてました。

愛子は「一瞬で恋に落ちて。そしたらなんだか元気が出てきました。
まだ私、大丈夫なんだわ。まだまだ乙女なんだわって思ったら
そしたら頑張れる気がしてしまって。ありがとうございます
現れていただいて」と言います。

省吾は「えー」と唖然とし
鈴子は「なるほどね。こんなのでよかったらいつでもどうぞ。
どんなのあんたは?」とうれしそうです。

愛子は「いいんです。恋してることが大事なんで
結果じゃなくて、だから失恋させないで下さい」と言うので
省吾は「えーーー」と呆れ果ててました(笑)

すごいんだね、恋の力って

愛子はその日に再就職を決めて、
すずふり亭に通うようになります。

みね子は厨房の省吾に「シェフ、愛子さん、オムワンです」と言い
元治(やついいちろう)と秀俊(磯村勇斗)も
「シェフ、愛子さん、オムワンです」とからかいました(笑)

あかね荘、みね子が「すごいんだね、恋の力って」と言うと
時子(佐久間由衣)は「へえ、みね子からそんな言葉が
聞けるようになるとはね。みね子は恋人が恋しくなって
しまったわけ?さっきから島谷さんの部屋の方、見てるでしょうよ。
恋しいんだね」と茨城弁で突っ込みます。



安部さおり、じゃなく、安部米子

三男(泉澤祐希)は安部米店でテキパキと働いていました。

善三(斉藤暁)は「俺の思った通りになってるな。
三男、お前はいつの間にか仕事ができるようになってる。
この店には跡取りがいねえ。普通に考えたら、一人娘が
婿を取って、跡を継ぐことになる。ところが肝心の娘が
ぜんぜん愛想がねえ。つまり、もてない。したがって
親がなんとかしてやるしかねえ。だから三男、お前を雇ったんだ」
と言います。

さおり(伊藤沙莉)が「冗談じゃない!何、勝手なこと言ってるの!
私は自分が好きになった男の人と結婚します。あんたが決めること
じゃない」と言い
三男は「さおりさんの言う通りです」とかばいました。

すると善三は「さおり?こいつは、さおりなんて名前じゃねえ。
自分で親がつけてやった名前を変えやがったんだ」と言い
さおりは「何が親がつけてやった名前よ。米屋の娘に米子なんて
名前つけるからでしょうが」とブチ切れ!

安部さおり、じゃなく、安部米子が本名だったのです(汗)
さおり(米子)は「とにかくあんたに決められた人とは
結婚しません。ただ私が自分で三男君を好きな場合は別。
私はあんたに決められたからじゃなくて、三男君が好きなの」
と告白します。

三男はびっくりし、善三は「よし、わかった。決まりだな」と笑い
善三とさおり(米子)は初めて意見が一致しました(笑)

太郎(尾上寛之)豊作(渋谷謙人)がやってくると
さおり(米子)は「私に三男君を下さい」とお願いし
太郎は「はい、わかった」と即OKします(笑)

みね子と島谷の相合傘

島谷(竹内涼真)は佐賀から帰ってきてましたが
公園のベンチに座って、ため息をついて元気ありません。

みね子は休憩中、裏の広場で歌いながら、土に何か描いていました。
秀俊に呼ばれ、みね子は去っていきます。
みね子と純一郎の相合傘が残ってましたね。

連続テレビ小説 ひよっこ ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 ひよっこ キャスト 相関図

関連記事

ページ上部へ戻る