ひよっこ あらすじ 89話 俺が好きなのは谷田部みね子さんだ

みね子(有村架純)島谷(竹内涼真)が大学のキャンパスを
歩いてると、島谷の2人の友人が来て
「ひょっとして、島谷の彼女か?」と聞いてきました。

島谷は「ああ、俺の恋人だ。谷田部みね子さん」と紹介し
みね子は「谷田部みね子です。よろしくお願いします」
とあいさつします。

さらに島谷が「彼女は、同じアパートに住んでるんだ。
レストランで働いてる」と言い
みね子は「赤坂の、あかね坂商店街にある、
すずふり亭って洋食屋さんなんですけど、
すんごくおいしいですよ」と宣伝までしました。

島谷の友人は「今度食べに行くよ。
ビーフシチュー好きなんだ」と去っていきます。


島谷は純粋に、みね子のことが好き

みね子は「ありがとうございました。うれしかった。
恋人って紹介してくれて。でも恥ずかしくなかったですか?」
と聞きました。
島谷は何で?と聞くので
みね子は「私みたいな人、つまり住む世界が違うって言うと、
大げさだけど。お友達が思ってたみたいに、大学生とかじゃ
ないから。やっぱし、島谷さんみたいな人には、ふさわしい
女の子が」と答えます。

島谷は「金を持ってるのは俺じゃないよ。オヤジだよ。
ここの学費を払ってるのも俺じゃない。俺はお金持ちの大学生
っていう名前の人間じゃない。

みね子ちゃんは、行方不明になったお父さんのせいで東京に
働きに来てる、かわいそうな女の子?違うだろ?
俺が好きなのは谷田部みね子さんだよ。もう二度と言わない。
今みたいなこと。約束だ」と話しました。
島谷は純粋に、みね子のことが好きなんですね。

美代子からの手紙

美代子(木村佳乃)から手紙が来ます。
「みね子が東京に行ってから、何度も手紙をもらいましたが、
今までで、一番うれしい手紙でした。

島谷さん、とても素敵な男の人ですね。会わなくても、
みね子の手紙だけで分かります。そんな素敵な人を好きになって、
向こうからも好きになってもらえるなんて、すばらしいことです。

自分の好きになった人を信じることが、一番大事な気持ぢです。
それは、自分を信じるということだから。精いっぱい、恋を
楽しんで下さい。みね子、あなたは、とてもかわいらしい、
素敵な女の子です。自分に、自信を持ってね」


早苗、富に教えてしまう

あかね荘に戻ったみね子は時子(佐久間由衣)に
島谷とのデートのことを報告します。
早苗(シシド・カフカ)にはすぐに捕まって
話したそうです(笑)

一方、島谷は早苗と啓輔(岡山天音)祐二(浅香航大)に
捕まっていました。高いところが苦手なことまで
みんな知ってましたね(笑)

そして富(白石加代子)が「いいわね、女が笑ってるのは。
何がそんなに、おかしいんだろ」と言います。
早苗は「あれ?聞いてないですか?実はですね、みね子さんと
島谷君が、おつきあいを始めまして。今日初デートだったんです」
と教えてしまいました。
ちょっとやばい感じですけど…。

秀俊と島谷

邦子(白石美帆)のバー月時計で、島谷と秀俊(磯村勇斗)が
話していました。

秀俊は恋人になったことは聞いてなかったが
みね子の様子を見ていて、良いことがあったんだろうと
思っていたと言います。

秀俊は島谷に「月並みな言い方だけど、哀しい思いとかさせるなよ。
職場の仲間としてのお願いだ。頼むな」と話しました。

島谷、富から呼び出しを受ける

ヤスハル(古舘佑太郎)が「あんこづくりは」と歌ってると
鈴子(宮本信子)高子(佐藤仁美)安江(生田智子)みね子が
あんみつを食べに来ます。

みね子が島谷とのことを報告しました。
すると鈴子は「そうか初めての恋人か。楽しいよね、恋はね。
でもさ、みね子。大丈夫なの?」と心配してきます。

一方、島谷は富から「島谷君、ちょっと話せるかしら?
時間ある?」と呼び出しを受けてきました。
嫌な予感がしますね。

連続テレビ小説 ひよっこ ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 ひよっこ キャスト 相関図

関連記事

ページ上部へ戻る