ひよっこ あらすじ 88話 東京タワーデート

みね子(有村架純)島谷(竹内涼真)の恋人成立、カップル誕生が
邦子(白石美帆)のバー月時計で決まりました。

時子(佐久間由衣)「愛しちゃったのよ♪」
啓輔(岡山天音)祐二(浅香航大)「ララランラン♪」
早苗(シシド・カフカ)「愛しちゃったのよ♪」
啓輔、祐二「ララランラン♪」

みんなで歌って、祝福というか、冷やかします。
シシド・カフカさん、やっぱり歌がうまいですね!
早苗は指で島谷をグリグリつついてました(笑)

時子から「どうするんですか?島谷さん。
今、恋人になったわけでしょう?」と聞かれますが
島谷は困惑します。

早苗が「デートか」と言って、
島谷は納得して「みね子ちゃんの行きたい所、
どこでも」と言いました。


みね子はハイテンション 愛子は挙動不審

すずふり亭、ハヤシライスについて
みね子がお客さんにごきげんで説明しているので
鈴子(宮本信子)高子(佐藤仁美)は
「どうしたんだろう?」という感じで顔を見合わせます。

みね子が「3番さん、ハッシュワンです」とハイテンションで伝え
省吾(佐々木蔵之介)元治(やついいちろう)秀俊(磯村勇斗)も
「どうしたんだろう?」という表情です。

愛子(和久井映見)が挙動不審な感じで、
すずふり亭の様子をうかがっています。
高子が「いらっしゃいませ」と声をかけると
愛子は「商売繁盛でね」と笑って逃げ出します。

増田明美さんは「今日もとりあえず、
放っておきましょうね」ですって(笑)

東京タワーデート

谷田部家の美代子(木村佳乃)は、みね子から恋人ができたと
手紙を受け取って、涙をうかべて喜んでいます。

みね子と島谷の初デートの日、時子に髪のリボンを結んでもらって
みね子は出かけていきました。
啓輔、祐二も戸を開けて、お見送りです。

2人は東京タワーへ向かいました。
みね子は島谷に「赤坂からも時々見えるじゃないですか?
何かかっこいいな。いつか行ってみたいなって
思ってたんです」と話します。

東京タワーは、当時の金額で30億円をかけて、
昭和33年に完成しました。当時世界一の333メートル。
この年には、開業からの来場者数が3000万人を超えました。
東京タワーへ登ったシーンはなくて、昔の映像が流れます。

東京タワーから2人は降りてきて、増上寺辺りを歩いてましたが
みね子が島谷を心配していました。
島谷は高所恐怖症だったようです。

みね子が無理しなくていいのにと言うと
島谷は「みね子ちゃんの行きたい所どこでもいいよって
言ったの俺だし。東京タワーはちょっととは言えないでしょう、
男としては。最初のデートなわけだし」と苦しそうな表情でした。


島谷は高所恐怖症

2人はベンチに座ります。
みね子は「生まれて初めてでしたけど、あんな高いとこ、
何かウキウキしちゃって。好きみたいです、私。
すごいですね、東京。驚ぎました。どこまでも街があって、
すごい数の人がいんだなって」と感動してました。

島谷に入場券やエレベーターのお金を出してもらったので
みね子はおだんごを買って、2人で食べます。

みね子が「もう1つ行ってみたいとこがあんです」と言うと
島谷は「後楽園のジェットコースターは無理だよ」と笑いました。

慶応大学のキャンパスへ

みね子は島谷が通っている慶應大学のキャンパスに
連れて行ってもらいます。ロケ地は帝京大学でしょうか?

大学の教室が大きいので、みね子はびっくりしていました。
決まっている席はないけれど、島谷はお気に入りの席があると言い
みね子がそこに座りました。

島谷は経済学部で、お金のことや会社の経営のことを勉強していて
会社を経営している父さんやおじいちゃんを超えたいと思ってる
と話します。

キャンパスを歩きながら、みね子は島谷と最初に会った時のことを
話しましたが、島谷は覚えてません。

そこへ島谷の2人の友人が来て「日曜なのにどうした?
ひょっとして、島谷の彼女か?」と聞いてきました。

連続テレビ小説 ひよっこ ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 ひよっこ キャスト 相関図

関連記事

ページ上部へ戻る