ひよっこ あらすじ 87話 鈴木アメリさん ”カップル誕生”

早苗(シシド・カフカ)が時子(佐久間由衣)の歓迎会を
やろうと提案します。啓輔(岡山天音)祐二(浅香航大)も
誘ってあげました。早苗、男前です(笑)

みね子(有村架純)は、省吾に連れて行ったもらった
バー月時計の前まで、みんなと移動してきます。
すると、女の子が島谷(竹内涼真)にお礼をしてきました。
鈴木アメリさんです。

女の子は、ビートルズ公演のチケットが取れなかったと
泣いていました。そこで島谷と宗男(峯田和伸)が
チケットをプレゼントしてあげたのです。

女の子は「あの時はビートルズのチケットありがとうございました。
すごく良い席で、一生の思い出になりました。絶対忘れません。
よかった会えて」と島谷に頭を下げ、帰っていきます。
みね子は事情を知らないので、涙目になりました。


邦子のバー月時計へ

竹内邦子(白石美帆)がお客さんのお見送りに出てきたので
みね子たちは中へ入ります。
邦子は「んだか?」とみね子の茨城弁に合わせてくれました。

早苗は、啓輔と祐二をカウンターの端へ追いやり、島谷を中央へ
時子は、みね子を中央へ寄らせて、みね子と島谷を隣同士に
します。ナイス連携ですね(笑)

男性陣はウイスキー水割りで、早苗と時子はロックを頼みます。
みね子がお酒飲むの?とびっくりすると
時子は二十歳になったと大人ぶってました。

「マッサン」に出演していた浅香航大さんが出ているからか
みね子以外は、ウイスキーでしたね。

早苗は、時子の茨城弁、啓輔と祐二の富山弁、早苗の岩手弁、
島谷の佐賀弁をしゃべって、みんなをうっとりさせます。

島谷「そういう人間だと思われたくなかった」

みんなで乾杯しますが、沈黙が流れました。
早苗が「こういうの嫌いなんだよね、私。みんな気になってるのに
あえてその話題を避けてる感じ。いらいらすんだよね」と言うと
時子も「わかります。それ私も嫌い」と賛同します。

早苗が「とにかくはっきりさせようじゃないの。
じゃなきゃ酒がまずくなる」と言い
みね子は「ですよね。私はお酒じゃないので大丈夫です。
あーおいしい!」と高い声で、わざとらしいです(笑)

島谷は「さっきの女の子のことですよね。僕にビートルズの
チケットをもらったという。みね子ちゃんは宗男さんになんとか
ビートルズを観させてあげようと、歯磨き粉を買って応募してたね。
でも当たらなかった。

そんな時、父からビートルズのチケットが送られてきた。
若者に人気だというから、きっと観たいのではなかろうかと
知り合いの東京の音楽関係の人に頼んで、入手したらしい。
僕はそこまで観たいわけでもないし、でも渡せなかったんだ。
『これ父から送られてきたから、どうぞ』って」と言いました。

時子が「なんでですか?」と質問すると
島谷は「わかってもらえるか、わかんないけど、嫌だったんだ。
恥ずかしかった。父は単なる好意というか、息子のために思って
くれただけなんだけど、何だか恥ずかしかったんだ。

あんなに一枚のチケットを手に入れるのに苦労してるというか
そういう人がいるのに、簡単に手に入ってしまう自分が…。
そういう人間だと思われたくなかったんだ。

みね子ちゃん、いつか言ってたよね。お父さんの話をしてくれた時
『かわいそうな人だと思わないで欲しい』って。それと同じなんだ。
単に恵まれてるだけの奴だとか、自分は違うと思って欲しく
なかったんだ。思われたくなかったんだ、君に」と話します。



恋人成立、カップル誕生

啓輔は「それって島谷君がみね子さんを好き、恋しとるってこと
じゃないですか?…なんですか?そんな大事な事、なんでお前が
言うがかみたいな目は」と言い出しました。
早苗は苦笑いし、祐二や邦子もそう思ったと打ち明けます。

時子が「ということは、みね子と島谷さんは両思いですね。
だって、みね子は島谷さんが好きだと認めたわけだし。
ということは恋人成立、カップル誕生ですね」と言い
早苗は「そういうことになるわ」と言いました。

みんな「おめでとうございます」と拍手します。

祐二が「島谷君、何か一言!」とマイク代わりのビンを渡すと
島谷は「あの、よろしくお願いします」とみね子に
頭を下げました。

今度は、時子がみね子にビンを渡しますが
みね子は「でも私は…だって私は」と
稲刈りの実(沢村一樹)を思い出します。

時子、みね子の背中を押す

時子はみね子の気持ちを察して
「いいんだよ、みね子。いいんだよ、幸せになっていいんだよ」
と背中を押してくれました。
向島電機で、時子は豊子を同じように励ましてくれてましたね。
本当に時子はやさしいです。

みね子は「こちらこそ、よろしくお願い致します」と頭を下げると
島谷は笑顔で応えました。
啓輔と祐二が「おめでとうございます」と言って
また拍手が起こります。

増田明美さんも「みね子、私からも、おめでとう!」(笑)
みね子は「お父さん、どうやら私、恋人ができたみたいで、
あらまあ、どうしましょう」と思いました。

時子は泣き出し「島谷さん、みね子を、この子を
よろしくお願い致します」と頼むので
島谷は「はい」と返事します。

祐二が「何か親戚のよっぱらったおじさんみたい」と茶化すと
時子は「は!あんだって!?」と怖いです。
みね子は「何だか訳がわかんなくなってますが、ごめんなさい。
この気持ち、止まんないです」と幸せ絶頂でしたね。

連続テレビ小説 ひよっこ ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 ひよっこ キャスト 相関図

関連記事

ページ上部へ戻る