おんな城主直虎 あらすじ 26話 誰がために城はある

井伊の木材が、三河に流れていたことがわかり、
井伊直虎(柴咲コウ)は今川氏真(尾上松也)から
謀反を疑われます。

龍雲丸(柳楽優弥)たちの協力によって
木材は取り返され、駿河の今川館の庭へ運び込まれました。
これにより謀反の疑いは晴れます。

寿桂尼(浅丘ルリ子)は元気そうで
「井伊の尼城主の噂は聞いておるぞ。随分と頼もしくやっておる
そうではないか。何かあれば、言うて参れ。力になろうぞ」
と言ってくれました。
直虎はうれしそうに頭を下げましたね。

関口氏経と小野政次

直虎と中野直之(矢本悠馬)は庭に行って、
奥山六左衛門(田中美央)瀬戸方久(ムロツヨシ)に
お咎めはなかったと伝えます。
龍雲丸は、木材を運んだ代金を要求してきました。
しっかりしてますね(笑)

関口氏経(矢島健一)は小野政次(高橋一生)に
木材の使い道について、ひそひそ話で伝えていました。

龍潭寺、直虎は政次と囲碁を打ちながらごきげんです。
でも政次が「たまには花を持たせてやろうと思ったのですが」
と石を置くと、
直虎は「あ!」と声を上げ、ネコがニャアと泣きました(笑)

気賀へ龍雲丸が戻ってくると、カジ(吉田健悟)が井伊の木材が
運び込まれていると知らせてきます。駿府から戻ってきたようです。


気賀に城を築く

中村屋に、気賀の有力な町衆たちが集められていました。
中村与太夫(本田博太郎)に伊勢屋(松尾貴史)
熊野屋(小倉一郎)舞坂屋(春海四方)鈴木屋(前田淳)です。

大沢基胤の家臣・中安兵部(吉見一豊)山村修理(相島一之)
尾藤主膳(朝倉伸二)竹田高正(長尾卓磨)らが来ました。
そして、今川氏真の命により、気賀に城を築き、
大沢家が治めることとなったと言ってきます。

大沢基胤(嶋田久作)は浜名湖東岸の堀江城を拠点とする
有力かつ忠実な今川の国衆でした。

伊勢屋が「我らは駿府に銭を収めております。それゆえ商人が
気賀を治めることになっていたはず」とクレームをつけますが
山村は「そのようなことは駿府に言ってくれ。急ぎ普請の銭と
手はずを整えよ」と聞く耳を持ちません(汗)

龍雲丸が来て、木材が戻ってきていると伝えると
与太郎は今川がその木材で気賀に城を築いて、
大沢を入れようとしていると言います。

龍雲丸と政次、直虎に怒る

井伊家で、祐椿尼(財前直見)しの(貫地谷しほり)
あやめ(光浦靖子)梅(梅沢昌代)高瀬(高橋ひかる)
が集まり、刺繍をしていました。

直虎がその中に入って行こうとすると
龍雲丸が「尼小僧はどこだ!恩を仇で返すのが、
井伊のやり方か!」と怒鳴り込んできます。
井伊の材木で気賀に築城するというのですが
直虎たちも初耳です。

政次が「井伊は預かり知らぬことだ。文句があるなら
駿府に言うことだ」と説明します。
直虎が今川に反論する力がないと言うと
龍雲丸は怒りながら帰っていきました。

井戸端、政次は気賀に城を作り、大沢が入ると言うと
直虎は気賀や龍雲党の心配ばかりします。

政次は「お前は一体どこの当主なのだ!最後にあの者たちが
助けてくれたのは確かかも知れぬ。しかし奥山も中野も方久も
駆けずり回った上のこと。その首はそうやって、やっとつながって
おるのだ。これ以上、奴らのために、井伊を危うきにさらすのは
もうおやめ下さいませ」と忠告しました。


結果自然成、良い事もあるかもしれんぞ

気賀に戻った龍雲丸は、与太郎とも相談して
木材に火をつけ、撹乱を始めます。

やがて、中安兵部と山村修理が井伊家に来て
もっと木材を買いたいと言ってきました。
そして城の普請に反対する者の反乱には、
槍や刀で訴えると話します。

直虎がまた気賀に行こうとするので
政次は打ち掛けの裾を踏んでまで止めようとしました。
直虎は今川の下知には背かぬと言い残し、
馬に乗って、気賀へ駆けていきます。

龍潭寺で、政次が相談すると
南渓和尚(小林薫)は「結果自然成と言うしのう。
良い事もあるかもしれんぞ。目の前のいちいちに
誠をもって取り組んでいけば、結果はおのずと
結ばれるということじゃ」と話しました。

直虎、町衆たちを呼ぶ

直虎と直之が気賀に着くと、街は荒れ果てていて
町の者同士が石を投げあっています。
中村屋へ行って、与太郎に事情を聞きました。

龍雲丸、伊勢屋、鈴木屋らが築城反対派、
熊野屋、舞坂屋らが築城賛成派に別れて、町は二分し
与太郎はつまはじきになっているというのです。

直虎は中村屋に、伊勢屋、鈴木屋、熊野屋、舞坂屋ら
町衆を呼びました。龍雲丸もついてきます。

直虎は、大沢が武力で騒ぎを鎮めようとしているので
築城して、気賀に大沢に入ってもらった後で、
商いがやりにくくならぬよう交渉してはとアイデアを出しました。


龍雲丸、築城に大反対

町衆たちは賛成してくれますが、龍雲丸は大反対!
戦になれば、城をめがけて攻めてくるので、築城してしまったら
気賀が戦場になってしまうというのです。

龍雲丸が怒って、龍雲党に帰っていったので
直虎は追いかけていって説得をはじめました。
すると龍雲丸は、幼い頃に父親が城を守ろうとして
死んでいったと話します。

「城というのは、人を守るためにあるもんじゃねえですか。
それを守るために人が死ぬなんて、どう考えたっておかしい。
そんなもんはいらねえんだ!」

直虎が城で人を守ることもできると説明しますが
龍雲丸は「じゃあ、あんたがそこの城主になるのか?
やったところで能書きのとおり出来るのか?
できもしねえこと言ってんじゃねえわ」と立ち去ります。

瀬戸方久の閃き

直之に促され、直虎は井伊家の館へ戻りました。
直虎、直之、六左衛門が話してると
瀬戸方久が「カ~ン」と何か閃ききます。

方久は「むしろもっと関わるという手はございませんかね?
この揉め事に関わることで、大沢様の代わりに、井伊が気賀に
入るという風に持っていくことは、できませぬかね?

どの道、武家の下に入らなければならぬとすれば、
気賀の者は、大沢様より井伊を望むような気がします。
その方が気賀の言い分が通りやすいことは、わかりきって
おるでしょうし」と言いました。

直虎が「しかし駿府がさようなことを認めるはずあるまい」と言うと
方久は「難しいのは、そこでございますよね。裏を返せば
難しいのは、そこのみでございますよね」と話します。

銭の犬・瀬戸方久の閃きで、直虎はこの危機を
一点突破できるでしょうか?

大河ドラマ おんな城主 直虎 あらすじ
大河ドラマ おんな城主 直虎 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る