ひよっこ あらすじ 77話 宗男が赤坂へやって来る

もし当たっていたらビートルズの切符が送られてくる日です。
みね子(有村架純)が落ち着かない様子なので、鈴子(宮本信子)
高子(佐藤仁美)が見ておいでと言ってくれました。

あかね荘へ行くと、島谷(竹内涼真)が手紙を読んでいました。
大家さんが留守だったので、島谷が代わりに受け取りましたが
ビートルズの切符はありません。

すずふり亭の厨房の戻って、ダメでしたと報告すると
省吾(佐々木蔵之介)は「残念だったな」
元治(やついいちろう)は「博打の才能はなかったか」
と言います。

フロアに戻ったみね子は鈴子と高子に、首を振って
ダメだったと伝えました。
2人のお客さんは、やっと手に入ったと
ビートルズのチケットを持ってましたね。

歯磨き粉には不自由しない

裏の広場で、みね子は歯磨き粉を買ってくれた
一郎(三宅裕司)ヤスハル(古舘佑太郎)五郎(光石研)
安江(生田智子)にもお礼を言います。

一郎は「この辺りの連中は、おかげで歯磨き粉には当分不自由
しないようになったわけだし、歯が丈夫になるよ。
今ちょっと、いいこと言ったか?言ったよな?」と聞くと
元治は「中途半端だ」と厳しいです。

みね子の元気がないので、
秀俊(磯村勇斗)が「大丈夫?」と気づかってくれました。

みね子は薬局前のイチコという人形を小突いて
「ごめん、あんたが悪いわけじゃないのにね」と謝ります。


あの歯磨き粉、一番好きなやつだから

あかね荘で、早苗(シシド・カフカ)啓輔(岡山天音)
祐二(浅香航大)にもお礼を言いました。

早苗が「会社の女の子も、当たんなかったって言ってた。
私は、あの歯磨き粉、一番好きなやつだから、いくつあっても
困らないし。別にいいけど。お握り作り過ぎた。食べるか?」
と聞きます。

みね子は「食べます」と笑顔になりました。
早苗は最初きつい感じだったけれど
みね子のことわかってくれて
心配してくれてるのがわかりますよね。

島谷はバーで飲んでいました。
隣の男たちがビートルズのチケットを入手したのを聞いて
みね子が残念そうだったのを思い出します。

宗男、赤坂へやって来る

みね子からの手紙を受け取って
宗男(峯田和伸)は「ありがとな、みね子。
こっちも全滅だった。ハートブレークだ」と落ち込みました。
たくさんの歯磨き粉が落ちてきましたね。

ビートルズ来日まであと3日、
みね子がすずふり亭から裏の広場に出てくると
宗男が「おう、みね子。ご苦労さん」
と声をかけてきます。
バイクで、茨城から赤坂まで来たようです。

みね子が「もしかして、切符、手に入ったの?」と聞くと
宗男は「ありがとうな、みね子。俺も応募したけど
全滅だった。あっちの方じゃよ、歯磨き手に入れんのが
大変でよ」と答えました。

みね子が「切符ないのに来たの?」と驚くと
宗男は「居でも立っても居らんなぐなっちまってよ。
とりあえずな」と言います。

富へ、おみやげ攻撃

みね子と宗男は、富(白石加代子)にあいさつに行きました。
富が「変な頭、それ、かつら?」と聞くので
宗男は「そんなわけないでしょ、引っぱってみ」と言い
富は引っぱって「世も末だ」とあきれます。

宗男は「空いでる部屋ないですか?とりあえず、ビートルズが
東京離れるまで、いようと思うんですよ」と頼みました。

富は厳しい表情でしたが
宗男は「大事なもの忘れるとこだった。すごいよ。驚いちゃうよ。
しそまんじゅう、梅ようかん、こんにゃく、サヤエンドウ」
とおみやげをたくさん出します。おみやげ攻撃です!

富の表情が明らかに変わってきます(笑)
そして富は立ち上がると、ひきだしからカギを出し
机に置いてくれましたね!

連続テレビ小説 ひよっこ ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 ひよっこ キャスト 相関図

関連記事

ページ上部へ戻る