ひよっこ あらすじ 76話 有村架純さんの押し売りシーン

1966/昭和41年5月4日、
ビートルズ公演は東京だけで3日間、日本武道館で行われることが
発表されました。

宗男(峯田和伸)は武道館は柔道をやるところだろと
不思議に思い、茨城にいていいのかと言うので、
滋子(山崎静代)が釘をさします。

ビートルズが赤坂に!?

すずふり亭では、省吾(佐々木蔵之介)から
ビートルズが赤坂に来るらしいと知らされ
みね子(有村架純)はびっくりしました。

ビートルズが日本にいる間、山王のヒルトンホテルに
泊まるらしいというのです。

高子(佐藤仁美)の話によると、ホテルの高島さんが
「これから大変だ」と話していて、高子が近づいていったら
話しをビタッとやめたというのでした。

省吾が「柏木堂なんて、ビートルズまんじゅう
作ろうかなんかって言ってたよ」と言うと
鈴子(宮本信子)は「バカだね、本当に」と笑います。


みね子、歯磨き粉を押し売りする

みね子が「皆さんに、ちょっとお願いがあんですけど」
と言って、紙袋に歯磨き粉をたくさん持ってきました。
そして「いりませんか?歯磨き粉」とすすめてきます。

一部が切られていました。ラベルを3枚一口にして送ると、
抽選でビートルズの切符が当たるのでした。

宗男から協力をして欲しいと手紙が来たので
みね子は手伝ってあげることにしたのです。

元治(やついいちろう)は「みね子、お前結構博打で身を
滅ぼす女なんじゃないのか?でもついつぎ込んじゃうんだよなあ」
と言うと、
みね子は「一緒にしてほしくないです」とむかつきました。

みね子が「どうですか? ものは悪ぐないんですよ。
いくらあっても、大丈夫ですよ。それに腐んないし」と言って、
高子、元治、秀俊(磯村勇斗)に売りつけ
残りは省吾と鈴子が買ってくれました(笑)

みね子、歯磨き粉をまた買う

みね子はまた歯磨き粉を買いに薬局へ行きます。
その様子を島谷(竹内涼真)が見てましたね。

谷田部家に宗男が来て、美代子(木村佳乃)茂(古谷一行)に
歯磨き粉をすすめてきました。
そして滋子には内緒だと口止めします。

しかし滋子は宗男の部屋で、新聞とたくさんの歯磨き粉を
発見してました(汗)

ビートルズの切符!?

1ヶ月後、一郎(三宅裕司)ヤスハル(古舘佑太郎)が
男の人と打ち合わせをします。
そして一郎はヤスハルに「全然思いつかなかったよ、俺には。
いやはや、恐れ入谷の鬼子母神とはこのことだ」
と大絶賛していました。

すずふり亭、みね子と高子は郵便が来る時間を確認します。
当選していたらビートルズの切符が送られてくる日だったのです。

あかね荘に郵便屋さんが来て、島谷が受け取ってましたね。

連続テレビ小説 ひよっこ ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 ひよっこ キャスト 相関図

関連記事

ページ上部へ戻る