ひよっこ あらすじ 71話 白石美帆さん 初登場

みね子(有村架純)は、鈴子(宮本信子)の頼まれ
再び喫茶白猫へ行きます。
由香(島崎遥香)が座っていて
「またあんた。でもまっ、そりゃそうか。
秘密とか律儀に守りそうだもんねえ」と笑いました。

みね子は前に払わされたので、注文しないで
「鈴子さんから預かってきました」
と封筒を渡します。

みね子は「何かお伝えする事ありますか?」とたずねました。
由香は「ない。怒ってる顔だね。あんなに優しくて、
いい人たちを困らせてる、とんでもない娘だ。私ね。
そうなんでしょ?」と聞きます。
みね子が「違うんですか?」と聞き返すと
由香は「違わない」と答えました。

由香は突然にお腹がいたいとトイレに駆け込みます。
と思ったら、フェイントで、出ていってしまいました。
みね子は「お父さん、悪魔です」と思い
伝票のチョコレートパフェを見て、びっくりします(泣)

薬局前のイチコという人形に、みね子は八つ当たりしてから
謝っていました。


みね子、鈴子にウソをつく

みね子が帰ると
鈴子は「お茶代かかったんでしょ?どうせチョコレートパフェとか
何とか食べてたんでしょ」とお金を渡してくれます。
よかったです!

みね子は「元気でやってますって。鈴子さんに伝えて下さいって、
言ってました」と話すと
鈴子は「えっ?そう。ありがとう、みね子」と答えました。

「鈴子さんは、私のウソに気づいているように思いました。
何だか私は、すごく失礼で、いけないことをしてしまったようで。
うそはダメですね。ごめんなさい」

秀俊、元治、高子もわかっていた

裏の広場で、みね子の元気がありません。
秀俊(磯村勇斗)元治(やついいちろう)が心配してくれます。
秀俊は「由香さんでしょ?シェフと鈴子さん、両方からお金を
預かって渡した。内緒でって言われて、喫茶店で」と当てます。

みね子が驚くと
秀俊は「この前までは俺が頼まれてたからね。
内緒って言ってるけど、高子さんも、元治先輩も、
そしてシェフも鈴子さんも、お互いのことわかってる。
気付かないフリしてるけど」と教えてくれました。

高子(佐藤仁美)は元気のない鈴子のために
ミルクティーを入れてあげてましたね。


ヤスハル、一郎の実の子じゃなかった

ヤスハル(古舘佑太郎)が由香とは幼馴染だと言って、
一郎(三宅裕司)の実の子供じゃなく、もらいっ子だと
明かしました。

みね子は「お父さん、驚きました。ヤスハルさんと柏木のご主人は、
どう見ても、そんなふうには見えなくて」とびっくりします。

元治も「俺を雇ってあげたらって言ってくれたのも
由香ちゃんだったな」と言いました。
みね子は由香に対するイメージが変わっていって
混乱してましたね。

白石美帆さん、初登場

省吾(佐々木蔵之介)はみね子を
BAR 月時計に誘いました。

主人は竹内邦子(白石美帆)で省吾の幼馴染で、
夫は貨物船の乗組員をしているそうです。

白石美帆さんは朝ドラ「どんど晴れ」に出演してましたね。
邦子はみね子に「今度、方言教えてくれない?茨城の」
と頼んできます。

邦子は「東京には、日本のいろんな所から出てきた人たちが、
たくさんいるでしょ?で、お国なまり話せなくて、寂しい思い
してる人たち、たくさんいると思うんだ。で、お酒飲みに来て、
ちょっとでもしゃべれる人たちがいたら、うれしいんじゃ
ないかと思って。企業努力」と話しました。

省吾はみね子に「今日は悪かったな」と謝り
由香とのことを話し始めます。

連続テレビ小説 ひよっこ ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 ひよっこ キャスト 相関図

関連記事

ページ上部へ戻る