ひよっこ あらすじ 68話 浅香航大さん、初登場

今日はお休みなので、みね子(有村架純)は
たまった手紙を書いています。

みね子の部屋には、高子からもらったちゃぶ台
鈴子からもらった鏡台が置いてありました。

お給料は1万円、アパートの家賃が4000円。
光熱費が100円、奥茨城に5000円の送金。
手元に残るのは毎月900円です。

お米とラーメンと、ブルーマウンテン

共同炊事場へ行くと、早苗(シシド・カフカ)がいて
お米をといでいました。みね子が怯えてる様子なので、
早苗は怒ってない、むしろかなり気分が良いと話します。

島谷(竹内涼真)はコーヒーを入れにやって来ました。
ブルーマウンテンですが、みね子はわかりません。

早苗は田舎からお米を送ってくるが、おかずは佃煮とか
しかないと言うので、みね子は「良いこと思いついた」
とひらめきます。

みね子がインスタントラーメンを持っているので
みんなで分け合ったら豪華な夕食になるというのです。

啓輔(岡山天音)が「賛成!」とやって来ますが
何も持っていません。そこで場所を提供することになります。

みね子は壁に「老人を大切に 富」という貼り紙を見つけ
5等分することにしました。


丹精込めて、作ったもんですから

みね子が、ラーメンとごはんを持っていくと
富(白石加代子)はうれしそうでした。
でも、ラーメンとごはんを見て
富は「少ない」と素直です(汗)

3号室の啓輔の部屋で、みんなで食事をします。
みね子は「ラーメンの上の野菜、茨城のですから。
うぢの畑で取れたやつですからね。ちゃんと、
しっかり味わって食べて下さい」と言いました。

啓輔がガツガツ食べているので、
みね子は「もうちょっと味わってって言ってんの」
と注意します。

島谷「君んちの畑で?」
みね子「はい、そうなんですよ。どうですか?おいしいでしょ?
島谷「うん。そんなにうれしいもんなんだ?」
みね子「そりゃうれしいですよ。うぢのお母ちゃんとじいちゃんが、
丹精込めて、作ったもんですから」
早苗「うん。確かにうまい」

浅香航大さん、初登場

食後にコーヒを頂きます。
壁に「目指せ藤子不二雄」と貼り紙がしてあったので
みね子が「藤子不二雄って何ですか?」と聞くと
啓輔は「え!?知らんがけ?」とびっくり!

みね子は、ハットリくん、オバQは知ってましたが
誰が描いたのか知らなかったのです。

啓輔が同じ富山出身だと言うと
早苗が啓輔も物語を勝手に語り始めます。
漫画少年2人組が、親を振り切って、藤子不二雄にあこがれ
上京したものの、故郷へ帰った相棒が戻ってこないのです。

みね子はこれからどうするのか聞きます。
啓輔は「確かに、無謀やし、才能もないがかもしれん。
でも、やめるわけにゃいかんから、やっとるわけじゃないがです。
好きながいちゃ。漫画描くんがどうしょうもなく好きながです。
好きで好きでたまらんがですちゃ。何も食べんと、
何日でも描いとれる。好きながです。

でも、相棒が諦めてしもたがやとしたら、そらあしかたないです。
責めるこっちゃなんかできん。でも漫画描きたい。いつか僕らが
藤子雄先生の漫画を夢中で読んだみたいに、子どもらに読んで
もらいたい。描きたいがです」と話しました。

島谷は「羨ましいな」とつぶやきます。
みね子が「島谷さん、同じことを感じてたんですね。
何だか私、胸の奥が、今、こんな気持ち」と思ってると
啓輔の相棒・坪内祐二(浅香航大)が初登場です。

連続テレビ小説 ひよっこ ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 ひよっこ キャスト 相関図

関連記事

ページ上部へ戻る