ひよっこ あらすじ 59話 愛子からみね子へのお年玉

みね子(有村架純)はあかね荘の2階に住むことになり
契約書にサインし、判子を押しました。
あかね荘の見取り図が出てきましたね。

流しとお手洗いは共同で、お風呂はなしで家賃は4千円。
鈴子(宮本信子)が保証人になってくれます。
立花富(白石加代子)が渡してくれたカギを
みね子は両手でうやうやしく受け取りました。

2階には漫画家が住んでいるが、無名で有名になりそうもないと
富が話すと、階段から降りてきた誰かが、また戻っていきます(泣)

髪の長い25才の事務員をしている女の人は、
岩手の一関出身で、お餅がおいしいと富が話しました。
さらに慶応ボーイもいるそうです。

鈴子は「心配なことあっても、大丈夫だからね。
目と鼻の先に私がいるんだからね」と言ってくれました。
愛子(和久井映見)も「どうか、この子を、
よろしくお願い致します」と頼んでくれます。

そこに何かが生まれることは、すてきなこと

1965/昭和40年12月30日
みね子と愛子は乙女寮を大掃除して
お正月の飾りもつけました。

みね子が「悲しいな、何だかやっぱし」と言います。
愛子は「私は悲しくはないな。寂しいなと思うけど、
悲しくはない。ここも何かに生まれ変わるんだよ。
何が出来るんだろうね、ここにね、楽しみ。

ここに何が出来るのかは分からない。
そこに何かが生まれることは、すてきなことだよ。
新しい場所で、また誰かと誰かが出会ったり、
暮らしたり、働いたりするんだから。
ここで私たちが出会ったみたいにね」
と話しました。


恋せよ乙女

大みそか、第16回NHK紅白歌合戦をこたつに入って
みかんを食べながら見ます。

愛子は倍賞千恵子が好きで
みね子は森繁久彌がよかったと思いました。
森繁久彌さんが「恋せよ乙女」を歌う映像が
流れてましたね。

中庭から夜空を見ていると、鐘の音が聞こえて
みね子と愛子はあけましておめでとうございます
とあいさつします。

舎監の部屋で寝ているみね子を
愛子が「こんな娘がいても、おかしくないんだよね、私。
ありがとう、楽しかった」と」見守っていました。

みね子が寝言で「お母ちゃん…」とつぶやくと
愛子は「ごめんね、私につきあわせちゃったね」
と謝ります。

愛子からみね子へのお年玉

1966/昭和41年1月1日
みね子が目を覚ますと、愛子がいなくて
「ちょっと出かけてきます。すぐ戻ります。愛子」
というメモが置かれていました。

みね子が中庭から空を見てると
愛子が帰ってきました。

みね子が「愛子さん、お姉ちゃんみてえだなって。
 お母さん代わりじゃやっぱしなくて、東京のお姉ちゃん
だなって」と笑います。

愛子は「じゃ、お姉ちゃんからお年玉」と言って
封筒を渡してくれました。
中身を見ると、奥茨城行きの往復切符が入ってます。

愛子が「それ、乗るにはあんまり時間ないんだ」と言うので、
みね子は「支度してきます!ありがとう、愛子姉ちゃん」
とお礼を言いました。

谷田部家で、美代子(木村佳乃)茂(古谷一行)
ちよ子(宮原和)進(高橋來)が話してると
みね子が「ただいま!みね子だよ!
遅くなっちまってごめん!明けまして、おめでとう」
と現れましたね。

連続テレビ小説 ひよっこ ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 ひよっこ キャスト 相関図

関連記事

ページ上部へ戻る