ひよっこ あらすじ 7週 椰子(やし)の実たちの夢

みね子(有村架純)は綿引(竜星涼)とともに
実が目撃されたという町へ行きました。
しかし実の消息はつかめません。

澄子(松本穂香)は工場で何度もミスをしてしまいます。
故郷のおばあさんのことを思い、ホームシックになって
しまったのでした。

時子(佐久間由衣)は向島電機で働きながらも
女優になる夢を捨ていません。
オーディションを受ける練習をして
乙女寮のメンバーからもほめられます。
そして、いよいよオーディションを迎えました。

みね子、時子、三男(泉澤祐希)は久しぶりに
再会します。三男は安倍米店でのことを打ち明けました。
東京での生活は、まだまだ大変そうです。
「がんばれ、みね子!」

連続テレビ小説 ひよっこ ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 ひよっこ キャスト 相関図

関連記事

ページ上部へ戻る