おんな城主直虎 あらすじ 14話 徳政令の行方

井伊直虎(柴咲コウ)の元へ、瀬戸村の甚兵衛(山本學)らが
やって来ました。借金を棒引きする徳政令を発布して欲しいと
頼んできたので、直虎はいったん引き受けます。

銭主・瀬戸方久(ムロツヨシ)に頼みに行くと、井伊家も方久に
莫大な借金があることがわかり、徳政令を出せなくなりました。
そこで直虎は方久を家臣に迎え、瀬戸村と祝田村を方久の所領とし
年貢が入るようにします。

この策に、小野政次(高橋一生)ばかりでなく
中野直之(矢本悠馬)奥山六左衛門(田中美央)も反発しました。

方久の家人・辰(山本圭祐)が「瀬戸村と祝田村の百姓が
徳政令を出すよう今川に願い出たそうです」と報告に来ました。
百姓たちは蜂前神社の禰宜(ダンカン)に相談して、
今川に直訴したというのです。


小野但馬守政次 虎松の後見を狙う

小野但馬守政次は小野の館を訪ね、しの(貫地谷しほり)
なつ(山口紗弥加)あやめ(光浦靖子)に、瀬戸村と祝田村が
方久の所領となったと知らせました。

瀬戸村は新野の娘たちの、祝田村は、しのと虎松(寺田心)の
所領だったのです。政次は「虎松様の後見をお任せ頂ければ、
必ずや村はお返しいたしますが」と約束しました。

数日後、今川の家臣がある書状を、政次のところへ持ってきます。
家臣が「大方様がご心配だった」と言うと
政次は「三河の一向一揆をご存知ですか?
味方より刃を向けられるというのは、まこと恐ろしいもの
らしゅうございます」とクールに答えました。

龍潭寺、直虎と方久は、仮名目録を持って
南渓和尚(小林薫)昊天(小松和重)に相談に行きます。
何か策があるようでしたね。

今川の仮名目録の策

井伊家の館、直之は直虎に反発し、政次に虎松の後見になって
もらってもいいと言い出します。六左衛門は迷っている様子です。
弥吉(藤本康文)が政次の来訪を告げたので、通させます。

政次は「瀬戸、祝田の百姓たちが蜂前神社の禰宜を通し
徳政令を出してくださるよう今川に願い出ました。
こたび、かようなお下知が出ました」と書状を出し
徳政令を速やかに発布するよう迫りました。

直虎は「発布したいたいのは、やまやまじゃが、実は方久…」
方久は「やはり、いきなり私が所有するというのは風当たりが
強いかと、瀬戸、祝田の土地を龍潭寺に寄進してしまったので
ございます」と言い出します。

直虎は「今川の仮名目録によると、確か寺領に関しては
守護不入とあったはず」と仮名目録を広げ
「ここじゃ」と示しました。

政次は「今川のお沙汰をはねつけるとおっしゃるのですか」と怒り
直虎は「はねつける訳ではない。くしくも発布できかねる様子と
なってしまっておるというだけのことじゃ」と言い返します。
今川の徳政令に、今川の仮名目録で反撃したんですね。

政次は「なるほど。では駿府へはその事情を申し上げ、
お返事といたしましょう」とクールに去っていきました。

一方、直之は怒りを爆発させます。
直虎は「方久に土地を預けるのは、これからの井伊のためじゃ。
今の井伊には、金もなければ人もおらぬ。このままでは
先細りになるばかりじゃ。なんとかするためには
裸一貫から成り上がった方久のような者の才覚が
新しいやり方がいるのじゃ」と説明しました。

方久、百姓らに連れ去られる

政次は、文を蜂前神社の禰宜に送ります。

禰宜が「今川様は徳政令をお出し下さったが、
強欲な領主と商人のせいで、この徳政令は骨抜きにされて
しまったとのことじゃ。そなたらは方久に売られたのじゃ」
と伝えると、百姓たちに動揺しました。

甚兵衛が「何かないんですかのお?井伊に徳政令を出させる手は」
と「べっぴんさん」のすみれみたいにつぶやきます(笑)
禰宜は「そうじゃの、例えばじゃが」と語りだしました。

方久が屋敷で壺を眺めていると、何者かが壁を破壊してきます(汗)

直虎は祐椿尼(財前直見)に「新野の娘らに、母上の化粧料分を
与えたいと考えておるのですか」と言いました。
祐椿尼は「わたくしの?」と焦ってましたね(笑)

たけ(梅沢昌代)が「姫さま、殿」と大慌てでやってきて
辰が「昨夜、百姓らに襲われ、旦那様は連れ去られました」
と報告します。

そして八助(山中崇)からの文を見せました。
カタカナでよくわかりません。
「今川の徳政令を受入れると記したものを蜂前神社に届けよ。
さもなくば、報告の命はない」という内容です。


井伊直親と亀

直虎は瀬戸村の甚兵衛を訪ねますが、誰もいません。
次に、祝田村へ行きますが、ここにも誰もいません。

逃散といって、耕作を放棄して、百姓たちは集団で逃げ出し
抗議行動を示したのです。
直虎が田んぼの水に手を入れているのを、誰かが見てましたね。

蜂前神社の本堂へ、直虎が行ってみると
紙と筆、硯と墨が用意されていました。
角太郎(前原滉)八助がこっそり見ている中、
直虎は、徳政令の発布を認めると書きはじめます。

風が吹き、気配を感じたので、直虎が振り向くと
1匹の亀が近寄ってきました。
そして、その亀は書状の上で止まり、
首を長くして、直虎を見ました!

直虎は井伊直親(三浦春馬)のことを思い出し
「これは違うか、亀。われも違うと思う」
と書くのをやめて、去っていきます。
亀も去っていきましたね。

直虎、傑山に協力を頼む

瀬戸村へ戻った直虎は、苗代で成長しきって、
田植えを待つばかりとなった稲の苗でした。

ちょうど傑山(市原隼人)が来たので、
直虎は「傑山さん、頼みがあります。これから
瀬戸村を取り返します、今は田植えをせねばならぬ時なのです」
と協力を頼みます。

甚兵衛、八助、角太郎、富介(木本武宏)福蔵(木下隆行)が
集まっていました。方久は捕らえられています。
直虎が書状を書かなかったと聞いて、みんな落胆しました。
角太郎は、田植えの心配をはじめます。

禰宜が百姓たちが不安になっていると話すと
政次は「もう、2、3日粘らせればよい。
明日あさってには小野村から人手を遣わす」と言いました。
そこへ家来が「直虎様に率いられ、僧侶たちが瀬戸村へ
向かっております」と報告します。

井伊直虎、百姓たちに訴えかける

直虎や傑山、老婆(吉田妙子)女房(三鴨絵里子)
亭主(森下能幸)らは瀬戸村へ到着しました。
すると直虎はみんなに田植えをさせはじめます。

角太郎から様子を聞いて、甚兵衛たちは瀬戸村へ戻りました。
直虎は甚兵衛に気づき「おぬしらの稲が育たねば
われらも困るからな。勝手だが、入れせてもらった」と言います。

甚兵衛は「かようなことでほだされんに!直虎様は借金のかたに
瀬戸を方久に売ったんでえ!かような狂言でわしらが
ほだされるとお思いけ!」と怒りました。

直虎は「確かに、われは瀬戸村と祝田村は方久の所領とした。
じゃが、それは井伊家の借金をなくしためでなく、
おぬしらの返済でもあるのじゃ。方久の所領となれば
方久に年貢が入るようになる。それをもって返済を
猶予してもらうことにしたのじゃ」と説明します。

百姓たちが徳政令のほうがいいと騒ぎ出すと
直虎は「目先の話ばかりするな!徳政令が出されれば
今ある借金はなくなる。じゃがその後はどうじゃ?
人もおらぬし、いつ凶作になるとも限らぬ。

方久は強欲じゃ。借金を棒引きにしてくれなんだ。
なれど村を任せば、今より潤い、借りが返せる仕組みを
作ると言うてくれた。なればその方がよくないか?」
と訴えかけました。


清風払明月 明月払清風

「清風払明月、明月払清風。風と月は、いさかうのではなく、
一体であるという。われも皆とそうありたいと思うておる。
われは皆と、そんなふうに井伊を作っていきたいと思うておる。
皆も我とそんなふうにやっていきたいと思うてくれぬであろうか」
と直虎は話しました。

八助、角太郎、富介、福蔵たちは田んぼに入って、田植えを
はじめます。
甚兵衛は「直虎様、今日のこと、生涯忘れませんで。
老いぼれでございますが、村が潤いますよう
心して努めます」と土下座しました。

直虎も跪き「面をあげてくれ、甚兵衛よろしく頼むな」
と涙を拭くと、顔にドロがついて、みんな笑います(笑)

傑山が声をかけると、六左衛門は「殿、直虎様」
と近づいてきますが、すべって頭から田んぼに突っ込みました。
六左衛門は泥だらけの顔で、武術もからっきしなので
田植えを教えてと頼みます。

その様子を見ていた禰宜が「捉えたのは、村の心にございましたか。
やっかいでございますぞ、ああいう手合は」と言うと
政次は「知っておる。昔から」と答えました。
直虎は六左衛門の心もつかんだようです!

田植えが終わってから、直虎が百姓たちに要望を聞くと
角太郎たちは、字を教えて欲しいと頼んできましたね。

浅丘ルリ子さんの迫力!

新野の館、祐椿尼が「殿は新野には私の化粧料分を
しの殿には川名の一部をお渡しするとの仰せです」と言うと
なつと、あやめは納得しました。

しかし、しのは「私にとっては、祝田でなければ意味がありませぬ。
祝田を返してくださぬかぎり、虎松の後見とは認めませぬ」
と去っていきます。
なつが「理屈ではございませぬゆえ。あまりお気になさらず」
とフォローしました。

龍潭寺で、直虎が亀が出てきて、思いとどまったと言うと
南渓は「竜宮小僧ではないか?亀を放ったのは」と言います。
直虎はため息をついて「まことにそうなら、またお助け
いただけませんかね。一番やっかいなことがまだ
残っておるではないですか」と弱音を吐きました。

今川館、寿桂尼(浅丘ルリ子)は政次に
「出家上がりの女子に、何をてこずっておるのやら。
もうよい、連れてまいれ。二度までも沙汰に背くとは
これは謀反の意ありと疑われてもしかたあるまい。
直虎を駿府へ申し開きに来させよ」と命じます。

浅丘ルリ子さん、迫力ありますね!!!
次回は「おんな城主 対 おんな大名」です。

大河ドラマ おんな城主 直虎 あらすじ
大河ドラマ おんな城主 直虎 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る