べっぴんさん ネタバレ 149回 ゆりも両親の夢を見る

行方不明だった藍(渡邉このみ)が帰ってきました。
さくら(井頭愛海)が「みんなほんまに心配してたのよ。
どういう事かちゃんと話して。藍」と叱るのを、
すみれ(芳根京子)が「今日はもうやめにして、
またにしたらどう?こんな時間やし」と止めます。

君枝(土村芳)昭一(平岡祐太)紀夫(永山絢斗)も
ホッとしたようです。
藍が「ごめんなさい」と謝ると
さくらは「ごめんなさい、ばっかり!ほんまにそう思うなら
ちゃんと話してよ」とヒステリックです(汗)


子育ては、楽しい

すみれは、さくらと紀夫に、はな(菅野美穂)
五十八(生瀬勝久)が来てくれたと打ち明けます。

「藍は、私によう似てるって。ようしゃべらんで、ポッとしてる子
やったの。でもお母様は見ててくれた。ポ~ッとしているようで、
夢を見たり、好きな事を、考えたりしていただけやって」

「子育ては、思うようにはいかないけれど、それがまた楽しい。
子供達の成長を見届ける事ができず、亡くなってしまった、
お母様の言葉」

紀夫が「さくらが家出した時、どないするかと思うたで」と言うと
すみれは「ほんま!でもこんなに立派に育ってくれた」と言います。

さくらはすみれに反発して、ゆりの家にいたこともあったのに
藍の母親となって、さくらも変わったのでしょうか?
いきなり藍が成長したので、よくわかりませんね(汗)

渡邉このみさんが、靴もカメラも分解(笑)

翌朝の朝食の時、すみれはさくらに、幼い頃に
麻田(市村正親)と出会ったことを話します。
靴は針と糸を使って、出来ているというので
すみれは五十八の靴を分解してしまったのでした。

渡邉このみさんが、靴もカメラも分解したんですね(笑)

すると藍は「カメラの中はどうなっているのやろうって。
何であんなふうに、写真に残す凄い事ができるんやろう
って思って。気にって気になって。

ひいおじいちゃんも、ひいおばあちゃんも、みんな優しい顔してた。
外国の赤ちゃんも、幸せそうな顔してた。何でそんなにみんなの
幸せな顔を、残せるのかと思って。

中に何か入ってるんやないかって思って。おじいちゃんの
大切なカメラを、分解してしまいました。ごめんなさい」
と謝ります。

紀夫は「そのまんまを残すのが写真や。ただな、写真いうのは、
見る人によっても変わってくる。同じ一枚の写真でも、
見てるだけで、幸せな気持ちになれる人もいれば、そうやない人もいる。

優しさや、幸せを、感じる事のできた、藍の心が、豊かなんや。
その豊かな心を、ずっと持ち続けていなさい。それがおじいちゃんと
おばあちゃんの、願いや」と話しました。

ゆりも夢で会っていた

ゆり(蓮佛美沙子)潔(高良健吾)が訪ねてきます。
ゆりは「昨日の晩、お父様とお母様が、夢で会いに来てくれたの」
と言うので
すみれは「私も夢見たよ。お姉ちゃんもいた」と言いました。

藍が帰ってきて「ゆりおばちゃん、どんな子供やった?」と聞くと
すみれは「優しくて頼りになるお姉ちゃんやったよ。
ピアノが上手でね」と話します。

潔が「久しぶりに弾かせてもろたらどうや?」とリクエストするので
ゆりは久しぶりにピアノを弾きました。

ゆりが「この年になって、改めて思うけど姉妹っていいね」と言うと
すみれはうなずき、
潔は「幸せいうのは一人やと感じられんもんなんやな。
誰かと分かち合えてこそや」と話します。

連続テレビ小説 べっぴんさん ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 べっぴんさん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る