べっぴんさん ネタバレ 最終週(26週)エバーグリーン

いよいよ最終週となります。
昭和59年、すみれ(芳根京子)はキアリスを引退していましたが
月1回のペースでキアリスに姿を現していました。
紀夫(永山絢斗)は社交ダンス、でなくてカメラに夢中です。

さくら(井頭愛海)は藍と一緒に、すみれの元へ来ました。
幼いすみれを演じた渡邉このみさんが、藍も演じるんですね。
藍は塾に通っているはずが、通っていないことがわかります。
帰りが遅くなって、みんなで手分けして探すことになりました。

健太郎(古川雄輝)に呼ばれて、すみれ、明美(谷村美月)
良子(百田夏菜子)君枝(土村芳)はレリビィに集まります。
アメリカのエイミーからの手紙を魅せてくれました。

ゆり(蓮佛美沙子)潔(高良健吾)も姿を見せました。
明美の左手薬指には、指輪が光っています。
どんな最終回になるのか楽しみですね。

連続テレビ小説 べっぴんさん ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 べっぴんさん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る