べっぴんさん ネタバレ 143回 武、キアリス次期社長に

紀夫(永山絢斗)が「坂東すみれ、小澤良子、村田君枝、小野明美、
そして私坂東紀夫は、今期をもって、退職しようと思っています。
そう決意する事ができたのも、みんながいるからです」
とあいさつします。

そして「わたしたちが退いたあとの、人事についてですが。
代表取締役に足立武君。君が社長です」
と武(中島広稀)を指名しました。
武は焦ってましたね(笑)


武、キアリス次期社長に

すみれ(芳根京子)は大急百貨店へ行き、
武が次期社長になるとあいさつしました。

大島会長(伊武雅刀)は「世間では、夫婦というものは、
夫の後を妻がついていくというが、君たちは逆なんだな。
妻が歌い、先を歩き、夫が後ろをついていく。
妻が、美しい歌を自由に歌い、その姿を、夫が後ろで見守っている。
そうして幸せな家庭や、会社を築き上げた。それを慈しみ、
大切に育て、守って下さい」と言います。

そして「君枝さん、明美さん、良子さん、すみれさん。
ご苦労さまでした。紀夫君、飲みに行きましょう。仕事抜きで」
と笑顔で誘ってくれました。

ゆりのメンズオライオン

ゆり(蓮佛美沙子)はメンズオライオンで活躍しています。
長谷川(木内義一)たちも来てくれました。

潔(高良健吾)は栄輔(松下優也)に「うちの会社に
来えへんか?うちに来てくれたら、頼もしいわ」と誘います。

しかし、栄輔は「わしはエイスを潰し、大勢の人に迷惑かけて
しまいました。だから組織中で働くのはやめよう思ってるんです。
今、少しずつファッションについての原稿とか、講演会の依頼が、
来ています。こういった事を、本職にできたらと思ってます」
と断りました。

潔は「それやったら、ちゃんと肩書があった方がええな。
エイスの元社長やなく、新しい肩書や。例えば、
ファッション評論家」と言います。
栄輔と潔は乾杯し、元の仲に戻りましたね。

明美と栄輔

レリビィに、栄輔がやってきます。
龍一(森永悠希)は気を利かせて、ホウレンソウを買いに行き、
栄輔と明美(谷村美月)2人きりにしてくれました。

栄輔が「こっから先、どないするんやろ思て」と聞くと
明美は「好きな事をして、生活するわ。本読んだり、
映画見たり、料理作るのも好きやな。お酒飲むのも」と答えます。

栄輔は「前に言うてたよな?家族を作りたないって。わしも、
その気持ちよう分かるんや。戦地戻ったら、家も、工場も、
父ちゃんも、母ちゃんも、妹も、全てがのうなってた。
正直まだつらい。そやけど、死ぬ時に一人いうのも、
さみしいもんやと思わへんか?」とたずねました。

明美が「そやね」と言うと
栄輔は「それやったら、一緒になったら、どやろ?
もし一緒になっても、嫌や思うたらおらんようになってもええ。
その辺はカッチリ縛られるんやなくて、臨機応変に。一緒に
住まへんか?」とプロポーズ?でしょうか?

明美は「それやったら家建てるわ。ずっと、何十年も、
一人で働いてきたんやで。そら貯金もあるやろ」と言い出します。

栄輔と明美は、一緒に暮らすことになりました。
この2人は結婚という感じはしないけど、ステキなカップルですね。

連続テレビ小説 べっぴんさん ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 べっぴんさん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る