おんな城主直虎 あらすじ 11話 さらば愛しき人よ

松平元康(阿部サダヲ)は岡崎に戻り、今川に反旗を翻します。
今川氏真(尾上松也)は「妻子を皆殺しにせよ」と激怒し、
元康の妻・瀬名(菜々緒)の自害を命じました。

次郎法師(柴咲コウ)傑山(市原隼人)南渓和尚(小林薫)は
駿府へ行って、瀬名を救い出そうと動きますが、
時すでに遅しです。

そこへ、馬に乗った武士がかけつけてきました。
石川数正(中村織央)です。

「松平元康が家臣、石川数正と申す!鵜殿長照殿の忘れ形見を
人質として預かっておりまする。瀬名殿、竹千代君、亀姫様との
お引き換えを願いたい」と叫びました。
これが後に語り草となる。元康による瀬名の人質交換劇
だったのです。


瀬名と佐名の別れ

関口家、次郎と南渓は、瀬名と佐名(花總まり)からお礼を言われ
井伊谷へ帰っていきました。

その夜、佐名は瀬名に「覚えていますか?あなた、いつか今川を
手に入れると言っていたんですよ。私は大層うれしかったですよ。
あなたは幼いながらに、私の心の内を感じ取り、私の仇を
討とうとしてくれていたのでしょう。

瀬名、岡崎に行けば、あなたと私は敵となります。なれど迷うことは
ありません。今度こそ、今川を手に入れなさい。それがあなたなら
母は本能です」と語ります。
この後、佐名は娘婿・松平元康謀反の罪で、自害に追い込まれました。
これを最期に、瀬名は二度と佐名に会うことがなかったのです。

佐名は今川の人質として、長年、井伊家のために尽くし、
最期は瀬名のことを思って去っていくんですね。
白髪姿の花總まりさん、少し吉行和子さんに似てました。

松平元康からの使者!?

龍潭寺へ次郎が帰ると、井伊直親(三浦春馬)昊天(小松和重)が
心配してくれていました。次郎は寿桂尼(浅丘ルリ子)について
「昔はおおらかであられたが、もうさような余裕はなくして
おられるようであった」と言います。
直親は「今川は盛り返せぬかもしれぬの」とつぶやきました。

今川館、今川氏真が、庭で蹴鞠をしている息子を見ながら
酒に寄って、ぼやいていると、寿桂尼がやってきます。
寿桂尼は、元康がこたびのことで名を挙げ、やがて駿府に
攻め込んで来るので、また事が起こる前に、
握りつぶすのじゃと言いました。

1人の山伏が次郎を訪ねてきて、元康からのお礼と
直親宛ての書状を持ってきます。
書状を読んだ直親は、小野政次(高橋一生)を訪ね
松平より鷹狩の誘いが来たと打ち明けました。

そして直親は「恐らく、今川はもう立ち直れまい。その道連れに
なるのはまっぴらごめんじゃ。となれば、どこかで松平と
接触せねばならん」と地図を出し、松平はいずれ遠江を
飲み込むだろうと言います。

直親が松平と手を組みたいと頼むと、
政次は「選ぶ余地などないではないか」と了解しますが
2つ約束してと頼んできました。

この件を決して口外しないことと、
すべてのことを知らせて欲しいというのです。
直親は「選ぶ余地などないではないか」とOKしました。

刀傷の男 星田英利さん

直親は鷹狩に行って、松平元康と面会します。
しかし元康でなく、手に深い刀傷のある男(星田英利)です。
阿部サダヲさんでなく、ほっしゃん。でした。
星田英利さんは「カーネーション」「まれ」「花燃ゆ」などに
出演してましたね。

直親は初対面だったので、元康と信じてしまいます。
龍潭寺の井戸端で、直親は政次に「わざわざ感状を頂いての」
とうれしそうに語りました。そして話題を変えて、嫁の話に
なります。

直親が「今川の下から脱すれば、次郎の還俗もすぐさま
できるわけじゃが。お前と一緒になるのがよいのでは
と思うておるが」と言いました。
政次は「次郎様がお望みにならぬのでしょう」と断ります。

やがて次郎がやってきました。井戸の子がなぜ助かったのかの
話題になり、3人は笑顔になります。
おとわ(新井美羽)亀之丞(藤本哉汰)鶴丸(小林颯)に
戻りましたね。


松下常慶 和田正人さん

龍潭寺、次郎がうきうきしてるので、昊天がどうしたのか聞くと
次郎は「日々是好日です」と笑います。
そこへ1人の山伏が「次郎法師様はおられるか?」
とやってきました。
南渓は「常慶ではないか」と声をかけます。

松下常慶(和田正人)です。
常慶は「松平元康様よりのお礼の品をお持ちしました」と言います。
次郎は「お礼はもう頂きましたが」とびっくりしました。

和田正人さんは「ごちそうさん」「ルーズヴェルト・ゲーム」など
で活躍されてますよね。
次郎は「我らは今川に図られたのかもしれぬ」と直親のもとに
かけこみます。

小野政次と寿桂尼

小野政次は駿府の今川館を訪ね、寿桂尼と面会していました。
寿桂尼から、井伊が松平と内通している噂を耳にしてると言われ
直親が元康に宛てた書状を突き出されますが
政次は「殿の筆とは少し違います」ととぼけました。

寿桂尼が「この者が持ち込んだのじゃがの」と言うと
例の手に刀傷のある男が姿を見せます。
直親から特徴を聞いていた政次は、ぎくりとしました。

寿桂尼は「まさか目付でありながら、加担しておったのでは
あるまいな。答えを選ばれよ」と詰め寄ってきます。
政次は「選ぶ余地などござませぬ。父の代より恩顧を受けました。
私は今川様の目付けにございます」と頭をさげました。

次郎、瀬名へ協力を頼む

直親は南渓に、岡崎へ行って元康に合力を頼んできて
とお願いします。次郎は、南渓と常慶についていきました。

新野左馬助(苅谷俊介)が直親に「今川より使いの者が参り
問いただしたいことがあるゆえ、直親様に急ぎ駿府まで
申し開きに参るようにと下知が参ったのでございますが」
と伝えに来ます。

岡崎城へ到着しますが、元康から今は合力できないと
言われてしまいました。会ってもくれません。
瀬名たちがいる寺へ行って、次郎は協力してと必死に頼みます。

やっと瀬名が助けてくれると思ったら、次郎と南渓が寺を出ると
門が閉ざされてしまいました。
瀬名は「私は参れませぬ。家に置き去りにされては、私は今川を
手に入れる事はできませぬ。亡き母と約束したのでございます」
と訴えます。

次郎が門を何度も叩きますが、どうしようもありません。
仕方なく、井伊谷へ帰ることにします。瀬名、冷たいですね。


井伊直親と小野政次の判断

今川館の政次は、小野政直(吹越満)の「お前は必ず
わしと同じ道をたどるぞ」という言葉を思い出します。

今川氏真が「但馬、井伊が呼び出しに応じぬ」と相談に来ると
政次は「少し脅されるがよいかもしれません」と完全に今川方です(泣)

井伊家の館、直親、左馬助、南渓、井伊直平(前田吟)
中野直由(筧利夫)が話し合っていると
奥山孫一郎(平山祐介)が「今川の兵が押し寄せております」
と伝えに来ます。

直平は「では迎え討つとするか!のう、皆の衆」と戦う気で
直由たちも賛成しました。

しかし直親は「はい。ぜひ、さように願います。
もしも、虎松がかような目に追い込まれたときには。
こたびのことは、それがしの失態。それがしが申し開きに
参れば、それで済むことにございます」と答えます。

直平は「わしはもうこれ以上、見送るのは御免じゃ」
と泣き叫びました。

しのと虎松

直親が居館へ帰ってくると、しの(貫地谷しほり)だけでなく
虎松も寝ずに待っていてくれました。

直親は「虎松が生まれてから、寺の井戸に水が湧きはじめてな。
虎松はきっとご初代様の生まれ変わりだと思うのだ。
この子は井伊をよみがえらせる。お前が生んだのは、
そういうただならぬ子だと思うのだが、どう思う?」と聞きます。

しのは涙目なので、直親は「虎松を頼むぞ」と言いました。
そして直親は「虎松、覚えてほしいことが1つだけある。
生きておれば、必ず好機はある」と伝えます。

井伊直親と次郎法師

龍潭寺の井戸端、次郎は直親と話しました。
直親「約束を守れずすまなかった。よき日々が続くようにと
そんな井伊をと約束したのに」

次郎「なぜ直親が謝る。悪いのは私ではないか。私があのような
命乞いなどせねば、目をつけられることもなかった」

直親「おとわがやらねば、和尚様がやられておられた」
次郎「われが男子に生まれておればよかったのじゃ!
さすれば明日、駿府に参るのは、われであったはずじゃ」

直親「それは困る。おとわが女子でないのは。
もし、おとわが女子でなければ、俺のたった1つの美しい思い出が
なくなってしまう。おとわ、経を歌ってはくれぬか?
川名でのあの経を、もう一度聞きたい」

次郎は「断る。あれは死者を悼むものじゃ。明日、太守様が死ぬ
かもしれぬ。今川館が焼け落ちるかもしれぬ。だから断る」
と涙があふれる目で答えました。

直親は次郎を抱きしめ「では戻ったら、一緒になってくれ。
返事は?」と聞くと
次郎は「心得た」と涙声です。

直親は「では行ってくる」と次郎と離れました。
次郎が「待っておるからな、亀。何をしても
どんな卑怯な手を使っても、戻ってくるのじゃ」と叫びました。
直親は藤七郎(芹沢興人)らわずかな兵を連れて、
駿府へ向かいます。

大河ドラマ おんな城主 直虎 あらすじ
大河ドラマ おんな城主 直虎 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る