おんな城主 直虎 あらすじ 10話 走れ竜宮小僧

龍潭寺で物音がしたので、次郎法師(柴咲コウ)が行ってみると、
血まみれの小野政次(高橋一生)がうずくまっていました。
政次は「奥山殿を、斬ってしまった」と打ち明けます。

奥山朝利(でんでん)が死んでいるのを発見し
しの(貫地谷しほり)は「父上~!」と泣き叫びました。
井伊直親(三浦春馬)はその様子を見て
幼いころの自分・亀之丞(藤本哉汰)を思い出します。

「あまちゃん」に出演していた吹越満さん、杉本哲太さん、
でんでんさんの3人が退場となりましたね。


竜宮小僧の務め

しのが、仇を討ってと泣きますが
直親は、腹の子のため、このことをいったん心の外に追いやって
と慰めます。父親を殺された奥山孫一郎(平山祐介)は
「直親様、奥山家としては、小野を討つ所存にございます」
と言いました。

政次から事情を聞いた次郎は「しばしここに隠れておれ。
この件はわれが何とかする。これは竜宮小僧の務めじゃ」
と山門を出て、夜道を行きます。

井伊の者をつなぐ架け橋に

井伊家の館、直親、新野左馬助(苅谷俊介)
中野直由(筧利夫)孫一郎が集まっていました。
政次が逃げたというので、孫一郎は激怒します。

弥吉(藤本康文)が「小野の名代の方がおいでにございます」
と伝えに来ました。
なつ(山口紗弥加)が千賀(財前直見)に付き添われてきたので
孫一郎は「なつ!何故!?お前の父上が殺されたのじゃぞ!
それを小野の名代とは」と怒ります。

なつは「本日は小野の義兄上の名代として、一言、申し上げたく
参上いたしました。そもそもの事の起こりは、私が小野から
戻りたくないとわがままを申し上げたことにございます。

義兄上は私の意志を父に伝えてくれておりましたが、父は認めず
それがかような惨事になってしまいました」と説明しました。

孫一郎が「但馬にそう言えと言わされておるのであろう」と疑うと
なつは「違います。亡き殿様は玄蕃様と私に井伊の者たちを
つなぐ架け橋になって欲しいとおっしゃいました。
私はその役目を玄蕃様亡き後、継いでいきたいと思うております。
何とぞ、私にお役目を果たさせていただけませんでしょうか」
と頼みます。

千賀は「皆様方には、亥之助のこともお考えいただきとう存じます。
もしここで奥山が小野を討つことになれば、父の家と母の家が
殺し合うことになりまする。そうなれば、亥之助はこの後、
さぞかし生きにくいこととなりましょう」と付け加えました。
井伊直盛(杉本哲太)のことを出されては、誰も反対できません!

次郎、なつに大役を頼む

直由と孫一郎が、小野におとがめが無いことに反発すると
直親が、政次の正当防衛を主張します。

奥山朝利は自分の脇差で刺されていて、
刀傷が通常の争いではありえない所に残っていたので
政次は自分を守るため、朝利をしかたなく刺したというのです。

龍潭寺で、次郎と政次が待っていると
なつがやって来て「無事、収まりましてございます」
と報告にきました。
次郎はなつに、つらい役目を引き受けてもらったのです。

一方、しのは父があまりに哀れと泣き出しました。
直親は「恨むなら私を恨め」としのを抱きしめます。


日々是好日

井戸端、政次がひざまずいてお礼を言うと
直親は「俺は信じたぞ、鶴。これで検地の時の借りは返したからな」
と言いました。
政次は「亀、お父上のこと、済まなかった」と謝ります。

龍潭寺、昊天(小松和重)が「よい働きをしたそうですね」
とほめてくれますが、次郎はもっと気を配るべきだったと反省。
昊天は「日々是好日ですよ、次郎。良い日も悪い日も、
かげがえのない一日です。振り返ってみれば、どれも」と言います。

次郎が「今日を限りに、もう二度と、かようなことが起こらな
かったと、そういう日であったと、振り返りたいものです」と言うと
昊天は「どうすればそうなるかの?」と南渓和尚のモノマネです。
ちょっと似てましたね(笑)

次郎、政次に写経をすすめる

次郎は川名へ行き、井伊直平(前田吟)に報告します。
直平は「白黒つけず、成敗すればよかったのじゃ」と過激です。
次郎は、政次が今度こそ心を入れ替えたようだ、
怨霊を恐れて、写経を始めたとかばいました。

井伊谷へ戻った次郎は、政次に写経をすすめます。
その話を聞いた直由は政次に「写経をやっておるのじゃと?
かわいらしいところがあるではないか」と笑いました。
次郎の策で、うまくまとまりましたね。

虎松、井伊直政の誕生

藤七郎(芹沢興人)が「こればかりは、助太刀はできませぬぞ」
と直親に話してると、産声が聞こえます。
直親が寝所へかけつけると、しのの横に、赤ちゃんが寝ていました。
男子が生まれたのです。

井伊家の館、直平は赤ちゃんを抱いて
「お前は虎松じゃ。勇ましいよい名であろう」とうれしそうです。
虎松は、のちの井伊直政です。

政次がお祝にやって来て、書状を差し出しました。
直親はそれを見て、びっくり!井伊直満(宇梶剛士)の所領を
返してくれたのです。

政次は「天文13年の、あのとき以前の井伊に戻したく存じます」
と頭を下げました。
直親は「心得た、但馬。以後もよろしく頼む」と満面の笑みを
浮かべると、政次は「はっ」と少し笑います。


喜びに満ちた日々が続くよう、井伊を守って

井戸端、次郎が井戸に小石を落とすと、水の音が響きました。
直親が来て「何をしておるのだ?」と聞きます。

次郎は「井戸に水が湧いてきておるのかもしれぬ。
これは虎松の誕生を祝ってくださっているのかもしれぬの。
虎松はきっと井伊をよみがえらせる男になるのじゃ」
と予言しました。

直親は「今日、政次が父上の所領を返してくれた。
これも竜宮小僧様のおかげかの?」と大声でいうので
次郎は「知られてしまったとは、竜宮小僧としては
まだまだじゃな」と照れます。

直親が「おとわに報いるには、どうすればいい」と聞くと
次郎は「今日のような日が、日々であるように。
喜びに満ちた日々が続くように、井伊を守って欲しい。
それがわれの望みである」と答えました。

直親は「それがしはさような井伊を、おとわ様に
次郎法師さまに、竜宮小僧さまに、井伊の姫に
捧げましょう」と笑います。

松平元康、今川家から離脱

駿府の今川館、岡崎城を守っていた松平元康(阿部サダヲ)が
今川方の牧野氏の牛久保城を急襲し、織田家についたとたと
知らせが届きました。
今川氏真(尾上松也)は「元康が、裏切った」と驚愕し
「松平の人質を皆殺しにせよ」と命じます。

次郎は南渓に「瀬名さまからもう1年、なんの音沙汰もありません。
見せしめに松平の人質が寺にて殺されたというではありませぬか!
和尚様は心配でないのですか。また佐名おばさまを見捨てるのですか」
と責め立てました。

南渓和尚(小林薫)が直親を訪ね「今川に瀬名らの命乞いに
参らせてもらえぬか」と頼みます。
南渓が龍潭寺へ戻ると次郎がいません。
次郎は傑山(市原隼人)と駿府へ行ってしまったのです。

次郎、瀬名の命乞いに駿府へ

次郎が佐名(花總まり)を訪ねました。佐名の髪は真っ白で
「次郎様、どうか瀬名を助けてくださいませ。もうずっと
今川館に幽閉され、今日明日にも殺されるのではないかと」
とすがりついてきます。

次に、次郎は寿桂尼(浅丘ルリ子)を訪ねました。
寿桂尼は「まあ、大きゅうなったものじゃ」と驚きますが
「悪いが、瀬名のことは聞き入れぬ。去ね」と冷たいです。

次郎は瀬名からの手紙を見せながら、瀬名は今回のことを
何も知らなかったと伝えました。
寿桂尼は「よろしい、では岡崎に参りなされ。そなたの働きにて
元康が和睦に応じれば、褒美に瀬名と子の命は助けましょう」
と言います。

そこへ今川家臣が来て、元康の攻撃で鵜殿長照が自害したと
知らせが入りました。長照は寿桂尼に孫です。
寿桂尼は「せっかく来たことじゃ。瀬名に引導を渡して帰れ」
と言います。

次郎と瀬名の再会

次郎は今川家臣たちに、瀬名の座敷牢に投げ出されました。
おとわ(新井美羽)瀬名(丹羽せいら)以来の再会です。

次郎が「命乞いに来たのじゃ」と言うと
瀬名は「私のために、来てくださる方がおるなど」と涙を流します。
しかし、元康が鵜殿長照を討ったと知って、
瀬名は「殿にはもう我らを助けるお気持ちなどないのじゃ」
とあきらめモードです。

そこへ今川家臣が来て「明日、龍泉寺にて、ご自害いただくことと
相成りました」と伝えました。
瀬名は「竹千代と亀姫だけはどうか、ご慈悲を」
と泣きながら頼みます。

柴咲コウさんの読経は、歌のよう

翌朝、最期の食事が運ばれてきたので
次郎は瀬名にお経を唱えるように言いました。

次郎は、寿桂尼から瀬名に引導を渡せと申し付けられているので
まだ引導を渡せていないとごねようと提案します。
瀬名が「さようなことをしたとて」とあきらめると
次郎は「そうこうしてるうちに、今川館が焼け落ちるかもしれぬ」
と言いました。

瀬名が合掌し、次郎がお経を唱え始めます。
柴咲コウさんの読経は、歌のようですね。

傑山が今川館の外から様子をうかがっていると、
南渓が到着しました。
瀬名が今川家臣に連れ出されていくのを
次郎が必死に止めようとします。
そこへ、馬に乗った武士がかけつけてきました。
つづきは次回となりましたね。

大河ドラマ おんな城主 直虎 あらすじ
大河ドラマ おんな城主 直虎 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る