べっぴんさん ネタバレ 24週 光の射す方へ

エイスが会社更生法を申請し、倒産してしまいました。
栄輔(松下優也)は東京の家を引き払い
ゆり(蓮佛美沙子)潔(高良健吾)の家に居候となります。
ネタバレしてますので、ご注意くださいね。

オイルショックで、エイスが倒産したのを見て
紀夫(永山絢斗)はキアリスを慎重に経営しようとしました。
しかし健太郎(古川雄輝)はピンチはチャンスだとばかりに
積極的な経営をめざし、紀夫と対立します。

2人が対立する中で、すみれ(芳根京子)はキアリスの映画を
創ろうと提案しました。創業の思いを、次世代に引き継ぐため
映画を残そうというのです。

龍一(森永悠希)の知り合いのプロカメラマン・亀田(上地雄輔)
に手伝ってもらい、紀夫が監督、武(中島広稀)が助監督、
明美(谷村美月)は脚本を担当します。

栄輔も映画製作に関わり、次第に元気を取り戻していきました。
潔は、栄輔の「日本中の男をおしゃれにしたい」という志に
共感して、新しい事業をはじめます。

連続テレビ小説 べっぴんさん ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 べっぴんさん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る