おんな城主 直虎 あらすじ 9話 桶狭間の戦い

永禄3(1560)年5月、今川義元(春風亭昇太)は
軍勢を率いて、尾張に攻め込みました。その数、2万5千。
誰もが戦の勝利を信じて疑いませんでした。

桶狭間で、井伊直盛(杉本哲太)奥山朝利(でんでん)
小野玄蕃(井上芳雄)が集まって、勝利間違い無しと話してると
「敵じゃ!」「織田じゃ!」と声がしました。
織田信長が奇襲をかけてきたのです。

龍潭寺の井戸で、次郎法師(柴咲コウ)が手を合わせてると
千賀(財前直見)たけ(梅沢昌代)にご祈祷に来ました。
そこへ昊天(小松和重)がかけこんできて
「今お屋敷の方から、織田の桶狭間とやらで
今川軍が大敗を喫したと」と知らせに来ます。

桶狭間の戦いのシーンで、織田信長が姿を現さないドラマを
初めて見ました。井伊家の人たちにとって、未知の人なのですね。


桶狭間の戦い

井伊家の館へ行くと、井伊直親(三浦春馬)中野直由(筧利夫)
新野左馬助(苅谷俊介)小野政次(高橋一生)らが集まってました。
千賀が「大事ないですか?」と聞くと
直親は「面目次第もございません。恥ずかしながら負けることなど」
と動揺しています。
政次は「お方様、相当なけが人が出るかもしれません。お屋敷を
使わせていただけますでしょうか?」と冷静です。

尾張、大高城に、松平元康(阿部サダヲ)はいました。
今川義元が桶狭間の戦いで討ち死にしたと聞いて
元康は瀬名(菜々緒)の言葉を思い出し
「ここを出て岡崎へ戻るというのはどうだろうか?
またとない好機なのでは」と家臣に言います。

井伊家の館、桶狭間の戦いで傷ついた兵たちが運ばれ
傑山(市原隼人)や女たちが手当をはじめました。
奥山朝利も負傷して帰ってきます。

なつ(山口紗弥加)が「玄蕃さまは?」と聞くと
朝利は「見事な戦いぶりじゃった」と
玄蕃の最期を語りました。
次郎が見ると、政次は背を向け、肩を震わせ泣いています。

松平元康と今川氏康

駿府・今川館、桶狭間の戦いで今川義元が討ち死にしたと知り
今川氏真(尾上松也)はうろたえてしまいました。
関口氏経(矢島健一)が「太守様に代わってお下知を」と言いますが
氏真は「そちたちのよいようにせよ」と屋敷の奥へ逃げていきます。
この頃、太原雪斎(佐野史郎)は亡くなってましたが
寿桂尼(浅丘ルリ子)は健在のようです。

三河・岡崎城、松平元康らが恐る恐るやってくると
石川数正が「今川の城代たちは逃げてしまったようにございます」
と報告しました。
元康は「戻れてしまったのう」とほっとしてから
「えいえい!「おー!」と勝鬨をあげます!

井伊直盛、桶狭間に死す

傷ついた朝利から桶狭間の戦いで直盛とはぐれたと聞いてると
南渓和尚(小林薫)が「次郎、父上が戻られた」と呼びに来ました。
広間へ急いでいくと、千賀が首座に向かって座っています。
首座に首桶があって、桶の上に布の包みがありました。
千賀が布を取ると、直盛の顔が露わになり、次郎は崩れます。

直盛は奥山孫一郎(平山祐介)とともに織田軍から逃げ
戦場のはずれへ出ました。
すると直盛は「孫一郎、これからわしは自らの命を絶つ。
どうせ死になら、織田のやからの手柄でなく、井伊の役に立ちたい。
わしの首を掲げ、お前は織田のふりをし、戦場を抜けよ。
そうすれば、井伊の武者の1人は助かるではないか」
と命じたのです。

織田軍は3千しかいかなったと言われているので、
井伊直盛が桶狭間の戦場から逃げられたら、
生き延びることができたのでは?と思いました。
ドラマでは井伊直盛は自ら命を断ったと描かれましたが
実際は討ち死にしたのではないでしょうか?真相は謎ですね。


桶狭間の戦いで、井伊家は大打撃

千賀は「殿、お働き、まことご苦労様でございました。
おひげを整えましょうね」と直盛のひげをそりはじめます。
次郎はいたたまれなくなて、その場から出ていきました。

次郎は井戸端へ行って「もしも何だったのですか?
いつか、なんなのですか?父上~!」
と直盛が言いかけたことを思い出し、泣き崩れます。

数日後、直盛と玄蕃ら亡くなった16名の家臣たちの
葬儀が行われました。井伊の重臣たちは誰1人血縁を
亡くしていない者はいません。
桶狭間の戦いで、井伊家は大打撃を受けたのです。
千賀は、家族を亡くしたなつたちに声をかけていました。

井伊直盛の遺言

今後のことを話し合うため、家臣たちが集まります。
井伊直平(前田吟)が直親に家督を継がせたいと言うと
左馬助が待ったをかけました。
孫一郎が井伊直盛の遺言を聞いていたのです。

孫一郎が「殿がいまわの際に仰せられましたことには、
この後は井伊谷を中野殿に任せることとのことで」と言います。
中野直由(筧利夫)は「それがし何も聞いてはおりません」
とびっくりしました。

政次は「思いますに、この後、遠江、三河一帯が大いに乱れるのは
明らか。殿としては唯一のご嫡流である直親様を矢面に立たせたくは
なかったのではございませんでしょうか。戦いにお詳しい中野殿に
お任せするのが最も理にかなうことかと」と言います。
直平は「確かに、太守様の弔い合戦もあるやもしれん」と納得し
直親も従うことにしました。

祝田・直親の居館、直親と孫一郎から話を聞いて
朝利は、政次が井伊家の乗っ取りを始めるつもりだと疑います。
井伊家の館では、政次が中心になって、直由や左馬助、
直親や藤七郎(芹沢興人)が政を再開していました。

奥山朝利、なつと亥之助を!

千賀は家族を亡くした女たちに、なぐさめの文を書いていたので
次郎も手伝うことにします。

朝利は孫一郎に、なつとその子・亥之助を小野家から取り戻す
と言い出しました。このままではいざという時、なつと亥之助が
小野家の人質になってしまうというのです。

政次はなつに「奥山の父上より、そなたと亥之助を引き取りたいと
文が参ったのじゃが。どうする?」と聞きました。
なつは「奥方さまよりこちらにとどまって欲しいと文が届きました。
亥之助はここになじんでおりますし、ご厄介になりたいかと」
と答えます。
政次は「ありがたいと思うてな。亥之助は玄蕃の幼い頃に
瓜二つじゃから」と涙を流して喜びました。

政次からの文を読んで、朝利は文を破って
「守らねばならんの。守らねば」とぶつぶつつぶやきます。


南渓和尚と佐名

駿府、関口の屋敷、南渓は佐名(花總まり)と会っていました。
南渓「今、家中を仕切っておられるのはどなたじゃ?」
佐名「朝比奈様にごじあますが、三浦様と折り合いがつかぬようで
決め事が決められぬと聞きました」
南渓「弔い合戦などは?」

佐名「いますぐには無理ではという噂です。元康殿はいまだ
お戻りにならず戦っておられますが」
南渓「なんと元康殿は三河で孤軍奮闘しておられるのか?」
佐名はもしものときは、瀬名たちを井伊にかくまってと
頼んできました。

千賀から、おとわへの手紙

次郎はたけに文の束を渡しながら
「母上にかような文をくださる人はおらぬのよの。
母上とて、夫を亡くした身であるのに」と同情します。

次郎が部屋へ戻ると、千賀が文机に突っ伏して寝ていました。
机の下に文があるので取ると「おとわ様」と書いてあったので
次郎はそれを読んでみます。

「こたびは父上を亡くされ、ご傷心いかばかりのものかと存じます。
そなたのお父上はお優しく、人の心を大切になさるお方でした。
それは時として、頼りないと映るほどに。けれど、お父上に私心なく
井伊のためとあれば、どこまでも身を削る覚悟のある、そういう
お方にございました。

井伊のために出家し、井伊のために還俗もあきらめた、
そなたはお父上に似ています。さようなそなたが、今ここにいて
くれることが、私にとって何よりありがたいことにございます。
そうそう、私は何度もこうおっしゃるのを聞きましたよ」

縁側で、直盛は千賀に「今日、村で次郎が働いているところを
見かけたんじゃが、また美しゆうなっておっての。
いつか、もし世が治まり、穏やかになったら、
辻が花でも着せてやりたいの。美しいぞきっと。
あの月と、どちらが美しいかの」
と酒を飲みながら話していたのです。

「気丈なそなたのこと、我が身は墨染めと無理をし
ておられるようにお見受けします。この手紙が、つかの間、
そなたをただの娘に、戻せることを祈りつつ。とわ殿、千賀」

千賀が目を覚ましたので、
次郎は「母上、今宵、一緒に月見でも」
と涙をごまかしました。
千賀がおとわを思いやる素敵な手紙でしたね。

井伊直親の跡継ぎ

直親としの(貫地谷しほり)が来たので
千賀と話すのを、次郎が隠れて聞く事にします。

しのは「お方様、跡継ぎができました。
亡き殿のおかげと存じます。この子は、殿が下さったお命、
生まれ変わりではないかと」と言うので
千賀の目に涙があふれます。

次郎も「よかったの、母上」とうれしそうです。
井伊直親の息子・井伊直政でしょうか?

小野政次と奥山朝利

小野政次と奥山朝利が2人きりで話します。
政次「なつ自身が小野にとどまりたいと申しておりまして」
朝利「嫌がっても、そなたが戻れと言えば済む話ではないか」

政次「亡き殿が結んで下さった玄蕃となつ殿とのご縁にございます。
大切にしていきたいと存じております。
どうかお聞き入れくださると」
朝利「亥之助がこちらに来てしまえば、そちが人質を取られた
かっこうになるからか?図星じゃろ?」

政次「いえ。さようなことは毛筋ほども考えておりませんが
裏を返せば、奥山に戻せば、亥之助のことをそのように
お考えになられるということにございますか?
つまり亥之助は小野から取った人質であると。
朝利「いやそれは…」

政次「その考えをお方様がお知りになったら、さぞかしお悲しみに
なるでしょうな。新野様も中野様も、かような大事の時に
奥山様が寝床の中で、おのが家のことばかり考えておると
失望なされましょう」

朝利は「そういう訳ではなくな。なつがそれほど
いたいと申すならな」と笑って誤魔化そうとします。
政次は「お聞き入れいただきかたじけのう存じます。では」
と立ち上がって、去ろうとしました。
朝利は「但馬殿」と言って、政次を襲います!

龍潭寺で、次郎が祈っていると、物音がしました。
お堂の隅に、血まみれの政次がうずくまっていました。
政次は「奥山殿を、斬ってしまった」と打ち明けます。
またまた井伊家に波乱が起こりそうですね。

大河ドラマ おんな城主 直虎 あらすじ
大河ドラマ おんな城主 直虎 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る