べっぴんさん ネタバレ 23週 あいを継ぐもの

さくら(井頭愛海)健太郎(古川雄輝)の結婚を
すみれ(芳根京子)紀夫(永山絢斗)
君枝(土村芳)昭一(平岡祐太)も賛成してくれたかに
思えたのですが…。
ネタバレしてますので、ご注意くださいね。

さくらは一人娘で、健太郎も一人息子なので
坂東家と村田家の跡継ぎをどうするかで、もめてしまいます。
やはり、琴子(いしのようこ)は黙っていないでしょう。

すみれと紀夫は、
ゆり(蓮佛美沙子)潔(高良健吾)に相談に行きました。
潔からのアドバイスで、紀夫の父・田中五郎(堀内正美)
に相談することにしました。
五郎は息子の紀夫を、坂東家に養子に出したのでしたね。

健太郎の暴走!?

健太郎はキアリスの開発宣伝部長となります。
古門(西岡徳馬)の成長のスピードが重要という言葉に影響を受け
健太郎はキアリスを拡大させようとしていました。
健太郎は暴走しているようです。

すみれと紀夫は、健太郎の方針に反対する中で
オイルショックが起こります。
日本経済は大打撃を受けて、
栄輔(松下優也)のエイスの売上が下がり始めます。

古門に見放されたエイスは、資金繰りがうまくいかず
ついに倒産してしまい、栄輔は行方不明となりました。

連続テレビ小説 べっぴんさん ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 べっぴんさん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る