おんな城主 直虎 あらすじ 7話 検地がやってきた

井伊直親(三浦春馬)は、奥山朝利(でんでん)の娘・
しの(貫地谷しほり)と祝言を挙げました。

次郎法師(柴咲コウ)が読経しながら歩いてると
笛の音が聞こえてきます。直親が吹いていたのです。
直親の隣で、しのが鼓を打っていました。

次郎の幼いころ・おとわ(新井美羽)は
井伊直満(宇梶剛士)から鼓を贈られたのを思い出します。


指出で検地を行う

駿府・今川館で、新野左馬助(苅谷俊介)小野政次(高橋一生)は
今川義元(春風亭昇太)に面会していました。
井伊直親の帰参と家督相続を認めてもらいに来ていたのです。

井伊の館で、井伊直盛(杉本哲太)は、今川から検地をするよう
要求されたと伝えます。井伊直平(前田吟)中野直由(筧利夫)は
川名の検地に反対し、怒って出ていってしまいました。

みんなが出ていってから、直親はどうして直平は検地を嫌がるのか
と質問します。直盛は「じじ様が治めておられる川名には
隠し里があるのじゃ」と教えてくれました。

龍潭寺、昊天(小松和重)は次郎に検地について解説してくれます。
田畑の広さや取れ高、村の人数などを記した指出(さしだし)に
よって検地を行い、今川が賦役や軍役を課すのです。

川名の隠し里は、最後の砦

井伊直親は川名へ行って、直平に隠し里を案内してもらいます。
藪を抜けて、山を越えていくと、平野が広がり、棚田ができていて
黄金色の稲穂が広がっていました。きれいな場所でしたね。

直平は「ここはもしもの時に井伊の民が逃げ込むところでな。
かつて今川に追い込まれた時、わしらはここに隠れ住み、
時を稼ぎ、命脈を保ったのじゃ。ここがなければ、井伊は
滅んでおったかもしれぬ」と言います。

直親が「傅役が増すのがお嫌なだけではなかったのですね」と言うと
直平は「そのような了見の狭い話ではない。ここは文字通り、
最後の砦なのじゃ。今は今川が強い。その下におれば、われらは
安泰じゃ。しかしそれがいつまで続くかは誰にもわからん。
その時に、一体誰がこの井伊を守るというのじゃ」
と話しました。

今川のお役人を丸め込む

井伊の館へ戻った直親は、直盛と左馬助に、川名の隠し里を
隠し通そう、今川の役人を丸め込もうと提案します。

そして直親は、龍潭寺の次郎のところへ来て、井伊に検地に来る
今川の役人の好みや弱みを探って欲しいと頼んできました。
次郎がわかったと了解すると、直親は「ありがたい、恩に着るぞ
竜宮小僧、よろしく頼む」と去っていきます。
次郎は、瀬名(菜々緒)あてに文を書きはじめました。

直親が次郎に会って、明日から川名へ行くというので
しのはがっかりしてしまいます。直親は川名で、直平とともに
隠し里の隠蔽工作をはじめました。

次郎のところへ直親がやって来ますが、まだ瀬名から返事は
来てません。次郎は「政次にはこの話はしたのか?この話、
政次が『隠そうとしておる』と役人に話したら、一巻の終わりでは
ないのか?」と心配します。

直親は「政次は俺と同じように思うておるところがあるような
気がするのじゃ。決して、己の父親のようにはならぬと。そこに
賭けてみようと思うておる」と話しました。


直親、政次に判断をゆだねる

小野家の屋敷に直親は行って、政次と玄蕃(井上芳雄)に会います。
そして川名の指出とは別に、隠し里の指出を提出しました。
直親は、川名の隠し里をないことにしてしまいたいと言います。

さらに直親は「だが鶴は今川の目付という立場もあろう。
隠していたことが露見した時に、今川より落ち度を責められるのは
小野だ。そして、そうなった小野を井伊は守りはせぬであろう。
だが今川も小野を駒としか思っておらぬ。ここが小野の苦しい
ところなのであろう。

そこで一案だ。もし鶴が隠すことに加担したくないと思うなら
この冊子をつけてだしてくれ。もし、ひと肌脱いでくれるというなら
そのまま破り捨ててくれ。俺は鶴の決めたほうに従う」
と去っていきました。直親、政次に判断をゆだねましたね。

小野政次の怒り!

政次は「先回りしおった。あつめ、俺の了見を見越した上で
最後は俺に決めよと言い放ちおった。俺に決めよと」と怒ります。

玄蕃は「直親様は兄上を信じておられるのだと思いますよ。
最後は井伊のためを思ってくれると。
竹馬の友とはよきものにございますな」と感動してました。
政次と玄蕃、対照的です。

井伊家の館へ政次がやってきて、直親に、今川へ指出を出しました。
そこには川名の隠し里の分はありません。政次が破ったと言うので
直親は「但馬、恩に着る」と感謝します。

龍潭寺の井戸端、政次は隠し里の指出を破ってなくて、
懐に隠していました。次郎が来ると、政次は「今日から検地が
始まるからな」と言います。神頼みか?と次郎が驚くと
政次は「うむ。俺の思うように事が進むようにな」と立ち去りました。

今川検地奉行・岩松

今川検地奉行・岩松(木村祐一)が家臣たちと井伊の館へ
やって来ます。岩松は検地帳をチェックしただけでなく
実際に井伊谷の田畑に出て、縄を使って、測量をはじめました。

夜になって、千賀(財前直見)しのがお酒を出しますが
岩松は飲もうとしません。真面目な男です(汗)
さらに明日は川名へ行くと言い出します。

井戸端、直親が瀬名から便りは来たか聞くので、
次郎はまだと答えました。次郎は「亀、今日、政次はいかがであった?
今朝、俺の思うよう、うまく運ぶようにと、祈願しに来ておっての。
その2人の考えは同じなのかと」とたずねます。
直親は「政次は隠し里は報告せぬと言うてくれた」と答えました。

次郎、政次に頭を下げる

次郎は小野家の屋敷へ行って、政次に会い
「鶴、このとおりじゃ。こたびの検地は亀の味方になって欲しい。
亀は鶴のことを信じておる。どうかその気持ちを裏切らないでほしいのじゃ」
と頭を下げます。

政次は「では還俗して、俺と一緒になるか?次郎様は俺の立場で
ものを考えぬお人であるらしいが、俺はあいつのせいで2度も
好機を失っておるのだ。1度はあいつゆえにおとわ様が出家し
もう一度はあいつが戻ってきたせいで、よい話を失った。

味方をするのはやぶさかではないが、俺も俺で、もう取りっぱぐれは
願い下げでな。なんの覚悟もないのなら、寺で経でも読んでおれ」
と冷酷です。

次郎は政次が話を聞いてくれるまで、小野家に居座りました。
朝になって、馬のいななきが響きます。政次や直親は
川名へ向かってしまったのです。

瀬名からの文

やがて駿府から戻った南渓和尚(小林薫)が
瀬名から次郎あての文を持って帰ってきました。
次郎は「来た!」と喜び、文を読むと、馬を借りて
川名へ急ぎます。

瀬名は岩松について、竹千代、のちの徳川家康(阿部サダヲ)と
親しかったと書いてあり、数と算術、亡くなった奥方が好きと
ありました。

岩松に隠し里を発見されてしまう

岩松は家臣たちと川名の検地をしていましたが、
馬から降りて、藪の中へ進んで行きました。
直親が止めるのも聞かず、ついに岩松は隠し里を発見!

今川の家臣から「直親殿、この棚田の里は指出には一切ござらぬが
いかがなこと」、岩松から「これは井伊の里ではないのか」
と責められてるところへ、次郎が到着しました。

政次が懐から冊子を出そうとすると
直親は「この里は井伊の里ではございません。ゆえにこの里は
指出には入っておらぬと存じます」と言います。

岩松が「ではここの里はどこのものじゃ」と聞くと
直親は「何分帰参いたしたばかりでございまして。但馬、
ここは井伊の里ではないのであろう?」と政次にふりました。


南朝の皇子さまの土地

政次は「ここはかつて南朝の皇子さまが隠れてお住いに
なられていた里にございます。故に、井伊の領地にありながら、
井伊の領地にあらずという扱いにございます」と答えます。
岩松は「心得申した」と納得してくれましたね。

岩松に「このお方は?」と聞かれ、直親は龍潭寺の僧だと答え
次郎は「駿府の瀬名姫より、本日は岩松様の奥方様の月命日である
とうかがいまして、こたびは井伊までのお出向き、きっとご供養も
おできにならずではと思い、私で良ければ、経などを
あげさせていただこうと」と説明します。

次郎法師の読経の声が響きます。
岩松は「これは、妻も喜んでおりましょう」と合掌すると
直平は「それはようございました」と笑います。
柴咲コウさんの読経、歌のように、みごとでしたよね。

小野政次 VS.井伊直親

龍潭寺、次郎が「行こうが行くまえが同じでした」と言うと
南渓は「わからんぞ。目に見えぬところで、何かが役に立っている
かもしれんし」となぐさめます。

井戸端、政次は直親に、隠し里の冊子を返しました。
直親「これをどう使うつもりだった?」
政次「答えは直親様がお決めくださいませ」
直親「怒っておるよな?」
政次「いえ、それがしを信じておられるなら、おられぬで
構いませぬ。されど、信じているふりをされるのは
気分がいいものではありませぬ」

直親「井伊を守るのは、おとわのためだと思うてもらえぬか。
井伊のためにすべてを捨てたのはおとわだ。おとわのために
ともにこの国を守っていこうとは思うてもらえぬか」
政次は「お前のそういうところが好かぬ」と去っていきました。
高橋一生さん、良いですね!

松平元信と瀬名 小野玄蕃となつ

直盛と千賀は、直親にしのと2人で祝田村へ行くよう話します。
直親と次郎の間の強い絆に、しのが寂しがっているので
子供をつくって、直親としのの間に別の絆を作れというのです。

小野玄蕃は、しのの妹・なつ(山口紗弥加)と祝言を挙げ
竹千代、改め、松平元信は瀬名と祝言を挙げました。
今川義元、寿桂尼(浅丘ルリ子)も喜んでいましたね。

大河ドラマ おんな城主 直虎 あらすじ
大河ドラマ おんな城主 直虎 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る