おんな城主 直虎 あらすじ 6話 初恋の別れ道

亀之丞(三浦春馬)は元服し、井伊肥後守直親と名を改めます。
烏帽子親は、新野左馬助(苅谷俊介)です。
今村藤七郎(芹沢興人)はうれし涙を流しました。

元服式の後、祝宴が行われます。
井伊直盛(杉本哲太)井伊直平(前田吟)奥山朝利(でんでん)
中野直由(筧利夫)はうれしそうです。

直盛は直親に、小野政次(高橋一生)の弟・小野玄蕃(井上芳雄)
朝利の子・奥山孫一郎(平山祐介)を紹介し
「皆で井伊を盛り立てていって欲しい」と頼みます。

次郎法師(柴咲コウ)の還俗はいつになるかと直親が聞くので
直盛は困ってしまいました。
政次は、今川義元(春風亭昇太)に直親の帰参を許して
もらうのが先決だと進言します。


直親の帰参と次郎の還俗

次郎が畑仕事をしながら、還俗できるか考えてると
亀之丞、改め直親がやって来ました。
2人で、井伊直満(宇梶剛士)の墓をお参りします。

直親の帰参を今川に認めてもらった後に、次郎の還俗となると
直親が話しました。すると、次郎は自分の出家は、
井伊の本領安堵の条件になっていると説明します。
なかなかすんなりとは行かないようですね。

瀬名と竹千代

直盛、直平が話し合って、駿府の今川の様子を
探ることになり、左馬助が駿府へ行きました。
国衆の牧野という武士から、左馬助は話を聞きます。

何か願い事をしても、つけ届けをしても、とにかく兵を出せ
と今川から言われると牧野は教えてくれました。
太原雪斎(佐野史郎)がどんどん城を落とすので
兵の数が追いつかないというのです。

歌会の後、瀬名(菜々緒)が廊下を歩いてると
今川氏真(尾上松也)が家臣たちと鷹の世話をしてるのが
見えます。

竹千代(のちの徳川家康)(阿部サダヲ)は雀の世話をして
いました。瀬名が何をしてると聞くと、竹千代は鷹をもらえない
ので、雀を育てていると言います。
瀬名は仙千代をバカにしてました(汗)

道威が2つの饅頭を、中と伯に与える

龍潭寺、南渓和尚(小林薫)が次郎のもとに
まんじゅう2つを持ってきて話し始めます。

「昔、超という国に道威という王がおってな。道威のもとには
中と伯という2人の大臣がおった。あるとき、争いごとが起こって
どちらを追い出すか決めるために、中と伯に2つの饅頭を
差し出しだのじゃ。

2人ともその場で1つずつ食べ、中は残りの1つを腹の空かした
子供にやった。伯はそれを後生大事に持ち続け、とうとう
かびさせて食えぬようにしてしまった。さてその後、道威は
どちらに大臣を続けさせたかの?」

次郎は「それはやはり中ではないのですか?食べられぬように
なってしまっては意味がないでしょう」と答えます。
南渓は「道威が選んだのは饅頭をかびさせた伯のほうだったのじゃ。
さてそれは何故じゃと思う?」と笑いました。


井伊直親と小野政次

小野家、政次と玄蕃が囲碁を打ちながら、直親のウワサをしてると
直親本人が訪ねてきます。

直親は領内を見て回って、近くに来たので寄ったと言い
「政次はまだ身を固めておらぬのか?」と心配しました。
玄蕃が「この間、奥山様に縁談を断らせまして」と明かすと
政次は「余計なことを申すな」と止めます(笑)

直親は「お互い親のことでは苦労するな。立場は違えど
そこは同じじゃ。俺は何かとわからぬことも多い。
よしなに頼むぞ、家老殿」と言って、帰っていきました。
玄蕃は「聖人君子にございましたな」と感心すると
政次は「そうだな」とそっけなく答えます。

前田吟さんの相撲は「マッサン」

駿府から戻ってきた左馬助から、直盛や直親は報告を聞きました。
尾張征伐のさなかなので、今川から兵を要求されるため
直親の帰参だけでなく、次郎の還俗まで頼むと
何を要求されるかわからないというのです。
直親は納得し、おとわのことは2度と言わないと答えます。

千賀(財前直見)が龍潭寺へ来て、次郎にそのことを
伝えていました。

直親は、庭で相撲を取っていた直平に相談しに行きます。
前田吟さんが相撲を取ってると、「マッサン」を思い出しますね。
政春(玉山鉄二)と政志(前田吟)のシーンです。

井伊直親の策

次郎が井戸端でたたずんでいると、直親が来ました。
直親は「おとわ、聞いたか、還俗の話は?
おとわは、ここは死ぬしかないと思うのだ。
死んで一緒になるしかない」と言い出します。

次郎が「ばかなことを申すな」と驚くと、直親は策を明かしました。
おとわが死んだことにして、名を変えて、別人として生き、
夫婦になって子を作り、他に子がいなければ、
その子が跡継ぎになるという策です。

直平に相談したら、川名の里に隠れれば良い
と言ってくれたというのでした。
直盛と千賀にも、数年は黙っていることにするのです。

傑山(市原隼人)が2人の話を聞いていて
南渓に報告しました。昊天(小松和重)が直盛に知らせた方が
と言いますが、南渓は様子見することにしました。


次郎、井伊のため、ひからびた饅頭になる

次郎が泣きそうな顔で、井伊の館を見ているので
千賀が心配します。
千賀は直盛に、側女を置けばよいと提案しました。

井戸端で、次郎が待っていると、直親がやって来ます。
次郎は「直親、おとわは死ねぬわ。
直親とわれは、それぞれ1つの饅頭なのじゃ。
2つの饅頭を一時に食べたり、与えてしまっては
のうなってしまう。なれど1つを取り置けば
まことに困った時に、もう1度食べたり、与えたりできる」
と言いました。

直親が「おとわが還俗するのは俺と一緒になる時ではなく
俺に何かがあった時で、ありたいということか」と聞くと
次郎は「井伊のために死んでしまったことにする訳にはいかぬ。
次郎の名を捨てる訳にはいかぬ」と答えます。

直親が「おとわはそれでよいのか!
一度きりの今生と言うたではないか。一生、日の出を見ることなど
ないのかもしれぬのだぞ」と言いました。

次郎は「それこそ上々であろう。われがかびた饅頭になることこそ
井伊が安泰である証であろう。違うか?でわな」と去ろうとすると
直親が次郎を後ろから抱きしめました。

直親は「置き去りして、すまぬ」と言って、離れ
「先に行ってくれ。しばしここにいたいのじゃ。
葬らねばならぬのは、おれの心じゃ」と頼みます。
次郎は「わかった」と歩き出しましたね。

次郎法師は竜宮小僧

次郎が境内に戻ってくると、千賀がいて、
いつか還俗を取り付けると直盛が言ってくれたと話します。

次郎は「母上、もうよいのです。
竜宮小僧もなかなか楽しゅうございますし、
次郎もこのままがようございます」
と饅頭を食べました。

一方、井伊の館では、直親が直盛に
「待ったところで、次郎様は一緒になってくれぬと思います。
あの方は誰よりも井伊を思うておられる
竜宮小僧であるからです」と話します。

井伊直親の妻・しの役 貫地谷しほりさん

評定が開かれ、今川に願い出るのは、直親の帰参と
家督相続の2件だけということになりました。

さらに、直親の妻に、奥山朝利の娘・しの(貫地谷しほり)
を迎えることに決まり、祝言が行われます。
貫地谷しほりさんが登場しましたね。

大河ドラマ おんな城主 直虎 あらすじ
大河ドラマ おんな城主 直虎 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る