べっぴんさん ネタバレ 104回 さくらの失恋

すみれ(芳根京子)に促され、さくら(井頭愛海)は
五月のお腹の中に、赤ちゃんがいると打ち明けます。
二郎(林遣都)が「五月と会って、話がしたいです」と言うので
紀夫(永山絢斗)が了解しました。

スカウトの野中(土田英夫)古賀(堀内佑太)が
「こっちはわざわざ東京から来てんだぞ!君に会いに」
とクレームを言うので、紀夫が代わりに謝ります。
さくらは「二郎さん!東京に行かな!何をしてるのよ!
東京に行ってプロになるのが、夢やったんでしょう」
と言いました。

どうして、さくらが五月(久保田紗友)のことを
二郎に言ったのか不思議でしたね。


五月の決意

すみれの家で、五月は喜代(宮田圭子)から編み物を
教わっていました。
五月「考えて考えて、1人で産んで育てようと決めたの」
喜代「幸せになれますよ。五月さんの愛情いっぱい伝えてあげて
下さい。言わなくても分かるやろなんて思わんと、ちゃんと
言葉にして、抱き締めて、伝えてあげて下さい。
どんなにつらい事があっても、赤ちゃんにとって、
たった1人のお母さんは自分なんやって、見失わない事です。
すみれ奥様もそうでした」

すみれたちが二郎を連れて帰ってきたので、
五月は部屋へ閉じこもりました。

五月「父親なんていらんもん。この子は私の子や。私一人の子や」
二郎)「五月言うとったよな?お父ちゃんが生きとったら、
きっと人生違ったやろって。その子かて、おんなじ思い
するかもしれへんやないか」

五月「それやったら自分は?いつも父親は家族に迷惑かけてるって、

あんなんおらん方がいいって言うてたやない!
東京からスカウトの人が来たって聞いたよ。私は二郎ちゃんの夢を
邪魔する存在にだけはなりたくない。心配せんでええよ。

私、立派に育ててみせる。東京に行かなあかんよ、二郎ちゃん。
夢があるって、すごい事よ。やりたい事や、好きな事があるって、
すごい事よ。プロのドラマ―になって、みんなの心を震わせて。
音楽で人に希望を与えて。そんな夢をかなえて。
大丈夫。立派に育ててみせる。もう私の事は忘れて。
私も二郎ちゃんの事は忘れる。忘れられる。もう行って」

さくらの失恋

やはり五月は、二郎の夢のために、自分1人で子供を育てる
決意をしていたんですね。
さくらと紀夫はニ郎に、五月のことは心配しないよう言います。

二郎が帰ってから、さくらが「失恋、しちゃった」と言うと
紀夫は「大丈夫や。さくらは、日本一かわいい。日本一。
日本一の女の子や。大丈夫や」と慰めました。

そこへ忠一郎(曾我廼家文童)から電話がかかってきます。
すみれが出ると、忠さんは「旦那様が、旦那様が」と言いました。

五十八の病気

近江の坂東本家へ、すみれと紀夫、さくら、
ゆり(蓮佛美沙子)潔(高良健吾)正太(吉田陽登)が
訪ねていきます。
五十八(生瀬勝久)は布団で寝ていました。

長太郎(本田博太郎)は「実は心臓がかなり弱っとってな」と言い
節子(山村紅葉)は、医者に止められていたのに、
五十八は大阪へ行ったと打ち明けます。
五十八、心配ですね。

連続テレビ小説 べっぴんさん ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 べっぴんさん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る