べっぴんさん ネタバレ 19週 希望

すみれ(芳根京子)さくら(井頭愛海)の間の溝は
なかなか埋まりません。すみれは紀夫(永山絢斗)と一緒に
ジャズ喫茶ヨーソローへ行って、さくらを見つけます。

さくらは二郎(林遣都)と東京へ行くと行って聞きません。
二郎はドラマの才能を認められ、スカウトから東京へ行かないか
と誘われていました。しかし五月(久保田紗友)が妊娠してると
知って、動揺します。


すみれとさくら 五月と二郎

二郎はすみれの家にやって来ましたが、五月は二郎の重荷には
なりたくないと、拒否します。五月は喜代(宮田圭子)の暖かさに
触れてました。

五十八(生瀬勝久)が心臓病で倒れたと忠一郎(曾我廼家文童)
から連絡が入ります。すみれたちは近江の坂東本家を訪ねますが
五十八は寝たきりで、意識がありません。五十八は亡くなった
はな(菅野美穂)と話していたのです。

やがて五十八が目を覚ましました。五十八は、ゆり(蓮佛美沙子)
潔(高良健吾)すみれ、紀夫に思いを伝えます。
さくらは龍一(森永悠希)健太郎(古川雄輝)と一緒に
キアリスでアルバイトを始めました。
働くことで、すみれの苦労を知ったさくらは、すみれと和解へ
向かっていきます。

大阪万博期からの新キャスト

2月下旬から新時代「大阪万博期」へ入るので、新キャストが
発表されましたね。ドラマは昭和40年代を迎え、キアリスは
創業20周年を迎え、大きくなっていきます。

西岡徳馬さんは、大手商社・KADOSHO代表取締役の
古門充信役です。大阪万博のビッグプロジェクトで
すみれたちと関わってきます。

キアリスにも新しい社員が加わります。キアリス開発宣伝部の
寺田明日香(大西礼芳)佐藤久美子(呉城久美)島野直子(青山夕夏)
新入社員の阿部靖夫(上川周作)です。
大阪万博編、楽しみですね。

連続テレビ小説 べっぴんさん ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 べっぴんさん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る