べっぴんさん ネタバレ 101回 栄輔の心変わり

五十八(生瀬勝久)は「栄輔君に会うたわ。なんとかキアリスの
力になってほしいと、頼んでみた。お前からも、頼んでみなさい。
ええ方にいくように、願うとるから」とすみれ(芳根京子)に言って
近江へ帰っていきました。

キアリスへ武(中島広稀)龍一(森永悠希)健太郎(古川雄輝)が
力仕事を終えて帰ってきます。紀夫(永山絢斗)からさくらと
会ってないかと聞かれ、龍一はジャズ喫茶ヨーソローで
アルバイトしていると答えました。


五月 栄輔を頼る

大急百貨店、栄輔(松下優也)が準備をしているt
五月(久保田紗友)がやってきます。
五月は神戸を出てきたので、働かせてと頼んできました。
栄輔はOKし、玉井(土平ドンペイ)に五月のことを任せます。

ジャズ喫茶ヨーソローへ紀夫と武が来たので
さくら(井頭愛海)がカウンターの横にかがみました。
武と目があうと、さくらは「シー」とアイコンタクト(笑)

紀夫が「こちらに坂東さくら、働いてますよね?」と聞くと
すず(江波杏子)は「アルバイトの子が急に辞めてしまって、
忙しい時だけ手伝ってくれてるんです」と言います。

そして、すみれと明美(谷村美月)がたまに来るので
「私が責任を持って、見てますので。どうぞご安心下さいと、
すみれさんにお伝え下さい」とすずは紀夫に話しました。

家へ帰って、紀夫はすみれに、さくらのことを話します。
喜代(宮田圭子)のアドバイスで、夏休みの間だけ
さくらをすずに任せることにしました。

すみれは栄輔から「やっぱりあなたは人の心が分からん人や」
と言われたことを思い出します。

栄輔 潔に提携を持ちかける

栄輔が「潔さん、うちと一緒にやりませんか?
エイスもオライオンのように全国展開していきたい思うてます」
と提携を持ちかけてきますが
潔(高良健吾)は「考えさせてくれ」と保留にしました。

潔は栄輔の隣の席に移り「栄輔。何で突然姿を消した?
紀夫君が帰ってきたからか?」と聞きます。
栄輔が「そないはるか昔の話、今更聞いてどうするんですか?」
と言うと、
潔は「聞いたわ、工場の事。何のわだかまりないなら、
何でキアリスの力になってやんのや?あの頃のお前はいつでも、
すみれちゃんの力になってやってたやないか」と問い詰めました。


栄輔 いきなりOKする

キアリスで、すみれが良子(百田夏菜子)君枝(土村芳)らと
新しいメリヤスでは赤ちゃんの肌着を作れないと嘆いてると
栄輔がやってきます。

明美は「あんたん所がメリヤス工場買うたんやろ?
いろいろ配慮が足らんかったのは反省しとうで。そやけど、
うちも急なことで困っとるんや。お願いやからなんとかして」
と頼むと、
栄輔は「はい」とすぐにOKしてくれました。
明美たちはあっけにとられながら、感謝します。

栄輔が出ていったので、すみれは追いかけていき
「栄輔さん、ほんまにありがとうございます。
1つ、お聞きしてもいいですか?人の心が分からないって
あれは、さくらの事ですか?」とたずねると
栄輔は「そうです」と答えました。

五十八の病気

ヨーソローで、二郎が家族について話し
父親がどうしようもないが、母親ががんばっていると話します。
さくらは一緒に東京へ行きたいと二郎に接近してましたね。

電話で、さくらは「栄輔さんがね、あの機械、残してくれるって。
ありがとうございます。お父様のおかげです」と伝えると
五十八は「そうあ。よかったな、すみれ。これからも、
元気で頑張りや。応援してるで。ほな、またな」と切ります。

受話器を置いた五十八に、忠一郎(曾我廼家文童)が
「旦那様、ほんまに伝えんでよろしいんですか?」と聞きました。
五十八は「ああ。今は、まだ大変な時やから黙っとってくれ」
と言って、布団へ入ります。

長太郎(本田博太郎)節子(山村紅葉)静子(三倉茉奈)たちも
心配そうでしたね。

連続テレビ小説 べっぴんさん ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 べっぴんさん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る