べっぴんさん ネタバレ 99回 キアリスの肌着のピンチ

メリヤス工場の廃業で、キアリスの肌着がピンチを迎えます。
すみれ(芳根京子)は五十八(生瀬勝久)とともに
メリヤス工場を訪ねました。

工員・橋詰(佐川満男)社長・長野和弘(杉森大祐)とともに
事務所へ行くと、栄輔(松下優也)玉井(土平ドンペイ)が
いましたね。


メリヤス工場を栄輔が買っていた

すみれと五十八が驚いていると
栄輔は「この工場は、うちの会社が買わしてもらう事になりました。
もちろん職人の皆さんも一緒に来てもらう事になってます」と言います。

すみれが「今までと同じように、キアリスにメリヤスを卸して
頂けませんか?」と頼みますが、
栄輔は「それは無理なんです。ここを建て替えて、
おしゃれな生地をバンバン作ろ思うてます」と断りました。

さらに栄輔は、先代の社長が入退院繰り返して、長野社長が
どれだけ悩んでたか知っていたか?聞きます。
長野社長は、武(中島広稀)はいつも判で押したように
ただ褒めるばかりで、自分たちの気持ちを知ろうとしなかった
と言いました。

すみれが「ちょっと待って下さい!あの」と言うと、
栄輔は「やっぱりあなたは人の心が分からん人や」と冷たいです。

二郎に東京からスカウトがやって来る!

ジャズ喫茶ヨーソローで、さくら(井頭愛海)が
龍一(森永悠希)健太郎(古川雄輝)と話してると、
野中(土田英夫)古賀(堀内佑太)
という2人の男がやってきました。

二郎(林遣都)がドラムの演奏を終えると
野中と古賀はトップレコードの名刺を出し
「東京に来ないか?うちで面倒を見るよ」
とスカウトしてきましたね。


五十八 すみれとゆりに苦労した

五十八はすみれに「ずっとタケちゃんに任せっきりやったんか?
今後の教訓にせなな」と言います。
そして、さくらが家出したとわかり、五十八はびっくり!
すみれは「私、さくらに偉そうな事言うて、
全然できてない。自分が情けないです」と話しました。

紀夫(永山絢斗)すみれが、五十八を家へ連れてきて
喜代(宮田圭子)はうれしそうです。
食事をしながら、五十八はすみれとゆりにも苦労させられた
「いっぺん頭の中のぞいてみたいていっつも思っとったんや」
と打ち明けました。

すみれは「何があっても、どんな事があっても、お父様は
私たちの味方でいてくれてる。今日も一緒に工場に来てくれたし。
お店を始めた時も、お父様がおったから、心強かった事
たくさんあります」と話します。
五十八は「さくらに会いたいなあ」としみじみ言いました。

キアリスで、すみれは明美(谷村美月)良子(百田夏菜子)
君枝(土村芳)と、他の工場から届いたメリヤスをチェックします。
少し硬くて、伸びも悪いようですが、とにかく一度
作ってみることにしましたね。

連続テレビ小説 べっぴんさん ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 べっぴんさん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る