おんな城主 直虎 あらすじ 4話 女子にこそあれ次郎法師

おとわ(新井美羽)は駿河に行って、今川義元(春風亭昇太)
寿桂尼(浅丘ルリ子)太原雪斎(佐野史郎)佐名(花總まり)らに
直接会って、人質になることは避けられました。

鶴丸(小林颯)は、井伊直平(前田吟)に連れされましたが
おとわが解放されたので、戻してもらえました。
鶴丸が「出家すれば戻ってこられたとしても、亀とは夫婦に
なれるのではないか」と言うので、
おとわは口をあけて、考えてなかった様子です。


おとわの出家が、本領安堵の条件

井伊家の館では、南渓和尚(小林薫)が持ってきた書状を読んで
井伊直盛(杉本哲太)井伊直平、新野左馬助(苅谷俊介)
奥山朝利(でんでん)中野直由(筧利夫)が厳しい表情をしていました。

今川家から書状が来て、井伊家の本領安堵の条件として、
おとわを正式に出家するよう下知が下ったのです。
南渓は「亀もなんとか泳いでいるようだし。こたびはおとわ様が
無事に戻られた、それだけでもよしとせねばならぬかも」と言い
とわを寺に引き取りたいと話しました。

おとわは出家したくないと言い出しますが、
千賀(財前直見)が「母上はあなたを誇りに思います。
三国一の娘」とおだてて、おとわを出家へ向かわせます(笑)

小野政直(吹越満)が駿府から戻ってきたので
鶴丸は「これ以上、井伊の目の仇にされるようなことは
おやめください」と頼みました。
しかし政直は根も葉もないことで恨まれてるだけと笑います。

おとわ 出家して次郎法師となる

吉日に、おとわの得度式が行われました。
たけ(梅沢昌代)だけでなく、直盛も泣いています。
おとわは髪の毛を剃られ、法衣に着替えました。
南渓は「これより、そなたの名を次郎法師とする。二郎は井伊の
家督を継ぐ者の幼名じゃ。そなたの父上も次郎であったしの。
そなたはかつて井伊の惣領娘じゃった。女子にこそあれ次郎、
次郎法師というところかの」と言います。

おとわが龍潭寺へ行くと、山門のところで、傑山(市原隼人)
昊天(小松和重)が待っていました。
おとわが「来たぞ」と2人に間を抜けていくと、
傑山が捕まえ「ここで入門を乞うて許されねば、
お寺へ入れませぬ」とおとわを投げ飛ばします。

やっと寺へ入れてもらえますが、
南渓は「おぬしはここへ何しに来た」と質問攻めです。
昊天はおとわを修行堂へ連れていき、
「ここがそなたの寝泊まりする部屋になります」と説明しました。
みんな一緒に寝るので、おとわはびっくり!
そして「作務(さむ)があります」と畑へ行って、鍬で土を耕します。

食事はわずかなお米と、たくあん3枚だけです。
昊天は「あれは餓鬼に施すのです」と施餓鬼(せがき)
について説明してくれました。


厳しい修行に、おとわ井伊家へ戻るが…

おとわは龍潭寺の修行がつらく、井伊家の館へ
帰ってきてしまいます。
たけが出してくれたごはんを、おとわはかきこみました。
千賀は「そなたの出家は本堂安堵と引き換えなのです。
戻ってこられては困ります。そなたは井伊の家をつぶす気ですか」
と心を鬼にして言うと
おとわは「かような家、こちらから出ていってやるわ」
と去っていきました。

おとわが龍潭寺の山門まで来ると、傑山が待っていて
「寺は去る者は追わぬ。出ていきたければ、出ていかれるがよい。
戻るところがあるならな」と笑います。

昊天はおとわが戻ってきたと報告し、寺に引き取った訳を聞きました。
南渓は「あの子はたった十で今川の下知を引っくり返したのじゃ。
ご初代様を拾うた神主がひと目見て、ただならぬ子と思うたらしいが
わしはあのとき、ただならぬ子とはこういう者かと思うたのじゃ。

形こそ女子であれ、あれは次郎、向後どんな道を歩むかわからぬが
少なくとも蝶よ花よと育てるものではないと思ったのじゃ」
と答えます。

北条の密使の息子 仇討ちに井伊谷へ来る

今川家から井伊直満(宇梶剛士)の所領を、小野政直のものとする
という下知が届き、直盛たちはあぜんとしていました。
政直が去ってから、直由が「悔しくないのですか?」と苛立ちますが
直盛はどうしようもありません。

弥吉(藤本康文)が直平が来たと知らせに来ます。
やがて現れた直平はニコニコしていました。
直盛が直満の墓参りをしていると、1人の若侍(稲葉友)と
出会ったというのです。
その若侍は、殺されて洞窟に捨てられていた北条の密使(田中章)の
息子で、仇が小野和泉守政直でした。

おとわが畑仕事をしていると
南渓が托鉢をすればいいと教えてくれます。
おとわは器を持って、露天を回って「何かくれ」とねだりますが
相手にされず「しっしっ」と追い払われてしまいました。

しょんぼしてあぜ道を歩いてると、かぶを収穫していた夫婦が
ちょうど休憩に入っていなくなります。
おとわはかぶを盗んで、龍潭寺の裏へ行き、かぶを食べました。
そこへ鶴丸がやってきました。

おとわ 僧として竜宮小僧になる

おとわが身体の弱い亀之丞のため、亀の竜宮小僧になると
約束したのだとがっかりすると
鶴丸は「妻にならずとも、僧として竜宮小僧をすればどうじゃ」
とアドバイスしてくれました。
おとわは「釣り、ありがとう」と笑顔でかけだします。

おとわは露天で水を欲しがっていた店主(小杉幸彦)を助け
おにぎりを分けてもらいました。


井伊直盛 小野政直をかばう

小野政直がお供とともに山道を歩いてくると
若侍が「小野和泉守、覚悟!」と襲ってきました。
そこへ直盛たちが助けに入ります。
直盛は捕らえた若侍に「どのような噂を聞きつけたか知らぬが
和泉守におぬしの恨みを買ういわれはない」と直政をかばい
若侍を逃しました。

政直は直盛にお礼を言います。
直盛は「直満殿の所領の半分はあきらめろ」と刀を抜いて
政直を説得しました。

館へ戻ってから、左馬助からなぜ政直を助けたのか聞かれ
直盛は「わしは小心者じゃからの。あれが精一杯じゃ。
鶴から父を奪いたくなかった」と答えます。
左馬助は「殿の花は優しゅうございますな」と笑いました。

柴咲コウさんの次郎法師

瀬名(丹羽せいら)からの手紙がおとわに届きます。
おとわにまねをして、龍王丸(中川翼)に勝ったと書いてありました。

おとわが読経をしながら、通りを歩いてると
笛の音が聞こえたので、振り向きます。
亀之丞かと思ったら、大道芸人でした。

9年の歳月が流れた天文23(1554)年、
柴咲コウさんの次郎法師が現れましたね。

大河ドラマ おんな城主 直虎 あらすじ
大河ドラマ おんな城主 直虎 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る