べっぴんさん ネタバレ 96回 オライオン VS.エイス

女の一生について、すみれ(芳根京子)明美(谷村美月)
良子(百田夏菜子)君枝(土村芳)がイラストを見ながら
話します。

コウノトリをダンボールで作り、くちばしに袋を
引っ掛けることにしました。

数日後、大急百貨店でコンペが行われます。
小山(夙川アトム)は「展示のコンペの結果、婦人服は
オライオンさんでいかせてもらう事になりました」と言うので、
潔(高良健吾)長谷川(木内義一)はお礼を言いました。

大島社長(伊武雅刀)は「君に推薦してもらったエイスだが
ものすごい事になってるよ」
小山「売り上げが予測の200%アップなんです。エイスに
引っ張られるようにして、百貨店全体の集客数も売り上げも
上がっております」
大島「そういう事でエイスに本格的に出店してもらう事になった」
と言います。

潔は「1つご相談があるんです。今度、オライオンから、
若者向けの製品を出そう思うてます。
男もんのエイス、女もんのオライオン。
若者向けを同時に仕掛ける。うちの出店も考えて
もらえませんでしょうか?」と頼むと、
大島はエイスも女向けも始めたいと言ってきたと明かします。
潔は「うちにも、チャンスを頂けませんか?」と頼みましたね。


栄輔から潔へのアドバイス

野上家へ、潔は栄輔を呼んで、ワインを飲みます。
栄輔は「潔さんが新しく始めようとしてる、若い女物の件ですけど
少なくとも大急への出店はやめとった方がええと思います」
と言い出しました。

潔が理由を言うてくれ?と頼むと、
栄輔は「戦争で青春を奪われた我々の年代は、若者の気持ちが
一番分かってない言われてます。時代は目まぐるしく変わっていく。
それをファッションで伝えていくことが、わしの使命や思いました。
それには先を見込んで動く力が必要や。今の若者たちに
何が受けているのか、どれだけ勉強しましたか?」と言います。

栄輔は潔にデザイン画を渡し、
「まず、うちのデザイナーはみんな二十歳前後です。
まだ名前が通ってなくても、豊かな感性持ったおもろいやつら
ばっかりです。吉田美代先生んとこ辞めたもんもいます。
やってる事もデザインも古うて古うてたまらんと。
そないな所に若者向け発注するなんて。若者向けと、
婦人服は全く違うんですよ」と説明しました。

二郎、五月と同棲してた!

二郎(林遣都)が龍一(森永悠希)に
五月(久保田紗友)が熱が出て、休んでいると話してるので
さくら(井頭愛海)は1人で大丈夫かと心配します。

すると龍一が、二郎と五月が同棲してると明かし
さくらは驚きました。
健太郎(古川雄輝)もやってきました。

やがて、五月がやってきたので
龍一が「五月と二郎ちゃんが同棲してる事、
さくら知らんかったで?言うたったらええのに。
友達やねんから」と話します。

家に帰ったさくらが元気が無いので
ゆり(蓮佛美沙子)正太が心配しました。
二郎と五月が同棲してるのは、
視聴者はだいたいわかってましたよね?

大急百貨店では、キアリスの女の一生の展示の準備が
行われて、いよいよ開店となります。

連続テレビ小説 べっぴんさん ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 べっぴんさん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る