べっぴんさん ネタバレ 92回 女の一生

大急百貨店、すみれ(芳根京子)は大島社長(伊武雅刀)に
「夏の展示の案です。女の一生です」と説明しました。
良子(百田夏菜子)は「百貨店のお客様はやっぱり女の人ですし」
君枝(土村芳)は「これやったら、どこかに自分を当てはめて
考えられるんやないかなと思うてます」と言うと
大島は感心します。
小山(夙川アトム)は「何せ、キアリスですからね」と言いました。

明美(谷村美月)が「何や小山さんが身内みたいに思えてきた」
とほめてると、
悦子(滝裕可里)が来て「明日なんやけど。フィアンセを連れて、
事務所へ挨拶へ行きたいのよ。彼も、明日なら少し時間が
取れるって言うてるの」と言ってくます。
悦子のフィアンセ、誰なんでしょうね?だいたいわかってますけど(笑)


新入社員の西城と中西

潔(高良健吾)は、長谷川(木内義一)秋山(小堀正博)
笹井(中村凛太郎)に「従来どおりの婦人服と、この若者向けを
狙う。これを機に大急に、オライオンの、若者向け路線を
導入してもらえるよう、売り込みたい」と話します。

紀夫(永山絢斗)が武(中島広稀)に「今日の夜、空いてるか?接待があってな。
誰か同席させたいと思うてるんやが」と話してると
西城(永瀬匡)が「社長、すいません。私を同席させて
頂けないでしょうか?」と入ってきました。

紀夫が酒を飲んで暴れたことを指摘すると
西城はまったく覚えてません(汗)
松島屋さんの接待の時、西城が酒のふりして水を飲んでいたと
言うので、紀夫は西城を連れて行くことにします。

すみれたちが帰ってきました。武が「勉強になったか?」と聞くと
中西(森優作)は「それはもう。すごいんです。あの大急百貨店に、
「何せキアリスですから」って言われたんです。肌着なんですね。
やっぱりキアリスは。赤ちゃんの肌に触れる肌着」と興奮してました。

すみれとさくら

さくら(井頭愛海)がジャズ喫茶ヨーソローへ行くと定休日で
港へ行っても、誰もいません。

潔とゆり(蓮佛美沙子)がキアリスについて話しますが
さくらは乗ってきません。

すみれや明美(谷村美月)たちは大急の女の一生の展示の
準備をすすめていました。

家に帰ってから紀夫が「ゆりさんの家に、行かへんか?」と誘うと
すみれは「私は行かない。行ったところで、言える事がないの。
「帰ってきなさい」とか「心配してる」とか、そういう事は
言えるけど。私自身、どうしたらいいのか、母親として、さくらに、
どんなふうにしたらいいのか」と自信無さそうです。

紀夫は「僕は、ただ家族は一緒におるもんやと思う。
何で、家族なのに一緒におられへんのか、分からへんのや」
と話しました。

連続テレビ小説 べっぴんさん ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 べっぴんさん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る