べっぴんさん ネタバレ 81回 麻田さん、ありがとう!

すみれ(芳根京子)は麻田(市村正親)に
さくら(粟野咲莉)の靴を作ってとお願いします。
しかし、麻田は「お断りさせて頂けないでしょうか?
なかなか思うように作れんようになってしもうて」
と断りました。

さくらがあさや靴店をのぞくと
「坂東さくら様」と書かれた靴の木型が置かれていて
麻田が作業をしていましたね。


麻田、さくらの靴を作る

さくらが麻田の作業を見てるので
すみれが「さくら、戻ろう」と止めますが
さくらは「あさやさん、私の靴、作ってたの?
作って下さい」ともう一度お願いします。

すみれも「麻田さん、私からもお願いします。
麻田さんが、さくらに作ってくれたら、それがいいんです!
麻田さんが想いをこめて作った靴を、さくらに履かせて
やりたいんです」と頼むと、
麻田は「分かりました」とOKしてくれました。

すみれとさくらだけでなく
良子(百田夏菜子)龍一(原知輝)
君枝(土村芳)健太郎(南岐佐)も麻田の作業を見つめます。

良子「何か、隣の隣やのに懐かしいなあ」
君枝「本当」
すみれ「麻田さんに「何か作って売ったら?」って。
全部ここから始まったのよね」
麻田「ええ事言うたなぁ思うてますよ。皆さんの今の姿を見て」

やがて麻田は「完成致しました。これが私が作る最後の靴です。
完璧な靴を、よう作る事ができなくなり、自信が持てなく
なりました。けど、すべき事をするだけやと、この靴を作りました」
と言います。

すみれは「すべき事?」と聞くと
麻田は「本物を作る。想いをこめて作る。どんな事があっても、
それを貫き通す。それだけです。ありがとう、さくらちゃん。
靴屋人生の最後を温かい思いで終える事ができました」
と話しました。
すみれは涙を流してましたね。


玉井のキリアス

明美(谷村美月)が玉井のキリアスへ行くと
女性客たちが「ちょっとどうなってんの、これ!
1回洗濯したらデロンデロンやないの」
「これ返すから、お金返して」とクレームの嵐です(汗)

玉井(土平ドンペイ)が「わしに、何か用か?」と聞くと
明美は「文句言いに来たけど、言うまでもないな。
本物は絶対負けへんのや」とピシャリと言いました。

麻田さん、ありがとう!

春がやって来ました。
麻田は「お話があるんです。キアリスの社長も、
辞めさせてもらおうと思うてます」と言うので
すみれと紀夫(永山絢斗)は驚きました。

麻田は「これまで、よう頑張ってきなさったと思います。
全てが無くなってしまって、不安で不安でしょうがなかった
時を経て、今ようやくみんな、前を向いて歩こうとしています。
前を向こうと、顔を上げる事ができれば、そこに見えるんです。
「勇気」「愛情」「信頼」「希望」。大丈夫」
とさくらの服のえりの四つ葉のクローバーを見て話します。

さくらの入学式の日がやってきました。
さくら、すみれ、紀夫が出かけていくのを
麻田は「行ってらっしゃい」と見送ります。
はな(菅野美穂)も「あさやさん、私の娘たちや孫が、
大変お世話になりました」とお礼を言ってました。

麻田の市村正親さんはこれで退場という感じです。
キアリスは麻田がいなければできなかったので
すみれたちにとっては大恩人ですよね。

連続テレビ小説 べっぴんさん ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 べっぴんさん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る