おんな城主 直虎 脚本は森下佳子「恋愛模様も描きます」

「大河ドラマ おんな城主 直虎」の脚本は、森下佳子さんです。
森下さんは「世界の中心で、愛をさけぶ」「仁-JIN-」
「ごちそうさん」連続テレビ小説「ごちそうさん」などの
ドラマの脚本を手がけています。

ザテレビジョンドラマアカデミー賞、向田邦子賞、橋田賞を
受賞されました。
「NHK大河ドラマ・ストーリー おんな城主 直虎 前編」で、
森下佳子さんが、大河ドラマの脚本を書くにあたっての
喜びや苦労、裏話についてに語っています。


森下佳子「信長公記」の太田牛一になる!?

森下佳子さんは井伊直虎についてまったく知らず
制作陣から話を聞いて、書きたいと思ったそうです。
しかし、かなりご苦労されたそうですよ。

「直虎に関する年表を頂いたときは、あまりにも真っ白で
「どうするねん!」と(笑)一方、徳川や武田に関する年表は
文字がギッシリ。なので、井伊家と関わりにある家の記録を
手がかりにして、空白期間は想像で書いています。」

「ただ、史実といわれるものも、権力者の意向で創作が入った
可能性は高い。太田牛一が記した「信長公記」などが有名ですが
自分が牛一だと思えば、白紙に記しがいがあります。」

井伊直虎や井伊家についての資料がないために
森下さんは、信長公記の太田牛一のように
想像の翼を広げて「おんな城主 直虎」を書いていったのですね。
また、直虎たちがどう農作業をして、どう検地をしたかなどの
生活についても、興味を持って書いていったそうです。

井伊直弼 第1回大河ドラマ「花の生涯」の主役

徳川家康や武田信玄については、これまでにも
大河ドラマになってるし、日本史などの教科書や本でも
詳しくのっています。ところが井伊直虎について、
あるいは井伊家については、あまり知られていません。

徳川四天王と言われた井伊直政、
「真田丸」にも名前だけ登場した井伊直孝、
安政の大獄の井伊直弼は有名です。
ちなみに井伊直弼は、第1回大河ドラマ「花の生涯」の主役で
二代目尾上松緑さんが演じられました。
観たことはないですけどね。

井伊直虎については、今回大河ドラマになるというので
私も初めて知りました(汗)


井伊直虎と幼なじみ 井伊直親 小野政次

柴咲コウさんが井伊直虎を演じますが、最初の4回までは
直虎の子ども時代が描かれるそうです。
「真田丸」では、真田信繁の堺雅人さんが、第1回から活躍
したので、ちょっと違っった展開ですね。

「第4回までは、子ども時代を描きます。子役さんが最初の
1ヶ月を引っ張るのは、大河では異例かもしれませんが、
ぜひともそうする必要がありました。直虎、直親、小野正次の
子ども時代の関係性が、あとあとまでドラマの軸となって
いくからです。」

直虎、直親、小野正次というのは、
井伊直虎(柴咲コウ)子供時代は、おとわ(新井美羽)
井伊直親(三浦春馬)子供時代は、亀之丞(藤本哉汰)
小野政次(高橋一生)子供時代は、鶴丸(小林颯)
で、3人は幼なじみです。

直虎は、パワフルなキャラクター、
直親は、太陽のイメージのキャラクター、
政次は、月のイメージのキャラクターに
森下さんはそれぞれ描いていったそうですが、
3人の根っこは、井伊家を守りたいという思いで一致してる
と語っていました。

新井美羽さん、藤本哉汰さん、小林颯さんが
どう子ども時代を演じるかも見どころですね。

井伊直虎の恋愛模様

「恋愛模様も描きます。直虎は尼僧ですが、そこは掟破りに
やらせていただこうかなと(笑)色恋を目的に書くわけでは
ありませんが。同志のような敵のような男女の関係を主軸と
する中で、色恋や情が絡む作りにはしていきたい。」

井伊直虎の恋愛模様も描くというから、びっくりです!
「おんな城主 直虎」に登場する人物を少しだけ調べて
みたのですが、つらく悲しい結末を迎える人たちが
多く出てきます。というか、ほとんど…(涙)
そんな中で、直虎の恋愛模様を描くとは、森下さんは
チャレンジャーですね!とっても楽しみです!

柴咲コウさんが主役ですから、やっぱり周りの男たちは
心を動かさざるを得ないでしょう。ドラマ「信長協奏曲」
の帰蝶のような部分も魅せてくれるかもしれません。

大河ドラマはもともと「エンターテインメント性の高い
ゴージャスなドラマを作ろう」という発想からスタート
していて、森下佳子さんは、その初心返るドラマを
作れたらと語っていました。

「おんな城主 直虎」は、戦国時代の政治的な駆け引きだけでなく
恋愛模様も楽しめる大河ドラマになりそうですね。

おんな城主 直虎 キャスト
大河ドラマ 真田丸 あらすじ
大河ドラマ 真田丸 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る