べっぴんさん ネタバレ 78回 明美の英会話 専門用語の壁

昭和25年1月3日。まだ、世の中はお正月休みです。
明美(谷村美月)が「はぁ、誰もおらんな」とため息をついてると
武(中島広稀)が帰ってきました。
明美が「タケちゃん。どないしたん?」と聞くと
武は「ここん商店街の方がふるさとんごたる感じです」と答えます。

明美は武にお雑煮を出してあげて
麻田(市村正親)がいないので
3日ぶりに人と話したと言いました。
明美は英語の勉強をしてましたね。


お正月の着物姿

すみれ(芳根京子)良子(百田夏菜子)君枝(土村芳)
時子(畦田ひとみ)綾子(前田千咲)文(村崎真彩)
千代子(安部洋花)が着物姿でやってきます。

明美は着物を持ってないので
すみれが準備してくれたものを来ました。
お正月の着物姿、きれいですね。

キアリス、紀夫(永山絢斗)が「皆さん明けまして、
おめでとうございます。今年のキアリスの目標は、先を見据えて
ベビーと子供用品の総合店。その基礎となるものを作る事です。
今年も、みんなで力を合わせて頑張りましょう」
とあいさつしました。

キアリス、アメリカとの取り引きへ

悦子(滝裕可里)が「総合店って、どういう感じやの?」と聞くと
すみれは「家具や雑貨や、しゃれたおもちゃも、
子供のものなら何でもそろうお店よ」と答えます。
富士子(島居香奈)が「家具って、どんなものがあるの?」と聞くと
良子は「ベッドやベビーのタンス」
君枝は「職人さんに作ってもらうのよね」と説明しました。

勝二(田中要次)昭一(平岡祐太)も来たので
紀夫が「キアリスが総合店を目指すにあたって、アメリカとの
取り引きも、頭に入れとった方がええんやないかと思うてる」
と相談します。

昭一は「準備はしてた方がええと思います。これから外貨も
オープンになるやろし。商社とのつてを使って、輸入もできる
かもしれへんしな」と話しました。
これから英語が必要ということになり
すみれは、ゆり(蓮佛美沙子)を思い出します。


ゆり、英語の仕事を断る

すみれがゆりを訪ねていくと
正太が生まれて初めて、離乳食を食べるところでした。
正太がおかゆを食べて、眠ってから
すみれは「アメリカのメーカーとの取り引きをするかもしれないの。
それで英語を話せる人を探してるの。お姉ちゃん、
やってくれないかな?」と相談します。

ゆりは「勉強してきた事が生かせる仕事があるいうのは、
ありがたい話やけど。今は、その気がないのよ。
正太を預けるなんてできないし。ごめんね、力になれなくて」
と断ってきました。

明美 クローズド ザ ブックス わからない

すみれがキアリスへ戻って、紀夫たちに報告します。
武は「明美さんはどうじゃろか?正月も勉強しちょった
じゃねえですか」と言い出し
明美が通訳をすることにしました。

翌週、すみれ、紀夫、明美は大急へ行きます。
小山(夙川アトム)が「アメリカの家具メーカー、
日本代理店のジミーさんです」とジミーを紹介しました。

ジミーが「キアリスはできたばかりの会社だと聞きましたが。
最初の決算はすんだのですか?」と質問します。
明美は「クローズド ザ ブックス?すみません。
クロージング ザ ブックスの意味がわかりません」と答えました。

ジミーは「え!?決算ですよ。わからないんですか?
経理のしめくくりですよ!英語がわからないんじゃ、
話にならないな」とあきれます。

キアリスに戻って、君枝と良子にどうだったと聞かれ
明美は「私ではあかんかった。自分で思うとったほどやなかったわ」
と言いました。
紀夫が「新しい人を、募集しましょう」と提案すると
明美は「そうして下さい。お願いします」と答えます。
明美は日常の英会話はわかっていても
専門用語の壁があったようですね。

連続テレビ小説 べっぴんさん ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 べっぴんさん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る