おんな城主 直虎 あらすじ 1話 井伊谷の少女

大河ドラマ「おんな城主 直虎」がいよいよスタートです、
柴咲コウさんが演じる井伊直虎の少女時代から、物語は始まります。

遠江の国、鰻で有名な浜名湖の少し北、そこに井伊谷(いいのや)
という谷あいの地がありました。井伊谷は、井伊という一族によって
守られてきた土地です。

しかし戦国の世、駿河の名門・今川氏がこの地に手を伸ばしてきて
井伊谷はとうとう今川の治める地となります。
天文13(1544)年、のちに井伊直虎となる
おとわ(新井美羽)が生まれました。

おとわは、亀之丞(藤本哉汰)鶴丸(小林颯)と一緒に
鬼ごっこをして遊んでいます。鬼の鶴丸に追い詰められると
おとわは川へ飛び込んでしまいました。
亀之丞はのちの井伊直親(三浦春馬)、
鶴丸は、のちの小野政次(高橋一生)です。
語りは中村梅雀さんです。

第1回は、新井美羽さんたち、子役3人が生き生きと演じていて
明るいすべりだしでした。オープニング映像や音楽も
ステキな仕上がりです。「おんな城主 直虎」を1年間、
存分に楽しめそうですね。


井伊家の家督相続争い 井伊直満 VS.小野政直

おとわの父・井伊直盛(杉本哲太)が井伊家の当主でした。
井伊家は今川家との戦いに敗れて、井伊直平(前田吟)が先先代の
当主を務めていた時代に、娘を人質に出し、今川家に下ったのです。

直盛は、今川家家臣で目付役の新野左馬助(苅谷俊介)の妹・
千賀(財前直見)を正室に迎えました。
直盛と千賀の間に、おとわが生まれましたが、男子が生まれません。

そこで井伊家の家督を誰が継ぐかで、
井伊家の館で評定が開かれました。
井伊直満(宇梶剛士)と小野政直(吹越満)が争いだします。
井伊直満は直盛の叔父で、亀之丞の父親で、
小野政直は井伊家家老で、鶴丸の父親でした。

直満は、井伊の家督は井伊の男子が継ぐべきだと主張すると、
政直は、今川義元(春風亭昇太)の家臣から養子を迎えるべき
だと反対します。
直満が「わしはもう今川のご機嫌取りは十分であろうと言うておる
のじゃ」と言うと、奥山朝利(でんでん)中野直由(筧利夫)も
賛成してくれました。

井伊直盛「おとわが男であったらば」とぼやく

おとわは櫓に登って、のびをしてましたが、館から直盛が出てくると
駆け寄っていきます。そして、野掛けに行くなら連れて行ってと
家人・弥吉(藤本康文)に馬を出してと頼みました。
たけ(梅沢昌代)が止めますが、おとわは馬に乗って
行ってしまいます。

山の上にある井伊谷城へついて、おとわは「おーい」と元気に
叫びますが、直盛はフラフラです(笑)
直盛は「お前が男であったらばのう。男であったらば面倒なことも
起こらぬものを」とぼやいて
「いっそ、おとわが継ぐか?わしの跡を」と言い出します。
おとわが「われはずっとそのつもりなのですが。違うのですか」
と聞くと、直盛は「そうか、そうであったか」と笑いました。

馬のところへ戻ると、おとわが「誰かが飼い葉を置いてくれた
のでしょうか?」と驚きます。やがて風に吹かれて、風がそよぐ音が
聞こえました。

井伊共保 井戸から生まれた井伊家の家祖!

井伊家の菩提寺・龍潭寺は、井伊直盛の屋敷の裏にあり、
南渓和尚(小林薫)が住職を務めていました。
南渓和尚は、直盛の叔父で、おとわの大叔父に当たります。

おとわたちは傑山(市原隼人)から武術を、
昊天(小松和重)から学問を習っていました。
傑山と昊天は、南渓和尚を支える若い僧です。

手習いを終えて、おとわたちが井戸の方へ行くと
南渓和尚がお酒を飲んでいました。
お米のとぎ汁だとごまかします(笑)

南渓和尚は、ご初代・井伊共保(ともやす)公について
聞いてきました。井伊家の家祖とされ、龍潭寺近くの井戸で
生まれたという伝説が残っているのです。


おとわと亀之丞の夫婦約束

亀之丞が涸れ井戸だと見抜いて、だから赤子が生きていたのでは
と話してましてましたが、しゃがみこんでしまいました。
亀之丞は身体が弱いのです。

とわは、亀之丞をおぶった鶴丸と一緒に直満の屋敷へ行くと
直満の家臣・今村藤七郎(芹沢興人)が鶴丸をしかりました。
鶴丸は謝って帰っていきます。

おとわが「なぜ藤七郎は鶴につらく当たるのか」と聞くと
亀之丞は「鶴の父上は嫌われておるからな。小野の家はすきあらば
井伊を乗っ取るつもりなのじゃと父上は言うておる」と答えました。

やがて井伊直満が帰ってきます。亀之丞のことを心配しながら、
おとわと亀之丞が夫婦約束したと上機嫌です。

井伊家の館に戻って、おとわは自分が井伊家を継ぐのではと
文句を言うと、直盛はしどろもどろになります。
しかし千賀から誰かと夫婦にならねば、跡継ぎをもうけられぬと
言われ、おとわは納得します。

小野政直の怪しい動き

井伊直満の屋敷、亀之丞はおとわと夫婦になることに
自信を持てずにいました。そこへ直盛が山伏と話しながら
廊下を歩いているのを気づきます。

小野伊豆守政直の屋敷、政直が妻と話しているのを
鶴丸が聞いていました。
政直は「あやつはきっとなにか勇み足を踏みよるぞ。
勇んで身を滅ぼさんとよいがの。まことに心配でならんわ」
と言ってから、笑います。

山伏は直満から書状を受け取って、去っていきましたが、
山の中で編み笠の男に襲われ、倒れました。
編み笠の男は山伏の懐から書状を抜き取って、
政直に渡します。小野政直は怪しい動きをしてましたね。

竜宮小僧の伝説

龍潭寺の僧たちも、おとわと亀之丞が夫婦になることを
噂をしていました。鶴丸は亀之丞を祝福します。
やがて、おとわが花柄の着物を着てやって来ましたが
仁王立ちなので、亀之丞と鶴丸が大笑いしました(笑)

おとわが「われの身の回りで不思議なことが起こっていての。
溺れたわれを助けてくれたり、知らぬうちに馬に飼い葉を
やってくれたりするのじゃ。われは忍びではないかと案じて
おるのですが」と相談します。
南渓和尚は「おとわ、それは竜宮小僧というやつじゃ」
と教えてくれました。

おとわは亀之丞と鶴丸とともに、竜宮小僧を探しに行きます。
誰もしらない間に、田に苗を植えたり、洗濯物を取り込んでくれる
伝説の小僧が竜宮小僧です。


亀之丞の笛の音

新野左馬助が駿府の今川家に出向き、とわと亀之丞の婚約のことを
報告したところ、井伊直満があいさつに出向くよう
お達しがありました。

直満は「なぜわしが駿府へ行かねばならぬ!」と動揺してましたが
左馬助が「亀之丞様のお父上としてと存じますが」と言うと
直満は渋々納得し、引きつった笑いをします。

館へ戻った直満は亀之丞の身体を心配してから
駿府へ行くので、お土産は何がいいかと聞いてきました。
亀之丞はおとわにお土産を買ってきてとお願いします。
翌日、左馬助とともに、直満は駿府の今川館へ向かい
駿府の太守・今川義元と対面しました。

おとわたちは竜宮小僧を探して5日になりますが、見つかりません。
鶴丸とおとわが言い合いを始めると、亀之丞が笛を吹き始めます。
その笛の音に、おとわと鶴丸は言い争いしていたことを忘れ
亀之丞をほめました。

亀之丞の父・井伊直満の死

おとわたちは山の中で洞窟を見つけ、中へ入っていきます。
そして、山伏の死体を発見しました。

龍潭寺へ行って、南渓和尚と直盛に報告します。
山伏の身体を調べた南渓は、金目のものがそのままなのを
不思議に思いました。
亀之丞が山伏と直満が話していたと打ち明けると
直盛と南渓は先に帰っていきます。

やがて、おとわたちが井伊の屋敷へ戻ると、
井伊直満が駿府城で落命したと知らされました。
直満は謀反を企んだとして、今川義元に討たれたのです。
義元は、北条にあてた直満の密書を持っていて、密書には
今川と手を切り、北条に加勢したいと書かれていたのでした。
亀之丞は直満の首桶を抱いて「父上」と泣き続けます。

鶴丸が館へ戻ると、政直は直満が死んだことを知っていました。
なぜ知ってるのか聞くと、政直は「当然であろう。
わしは井伊の家老なのであるから」と笑います。

隠居していた井伊直平(前田吟)もかけつけ、
直満を売ったのは小野政直か!と怒りを爆発させます。
直盛は直平をなだめると、左馬助は今川義元から
別の命を受けていると話しました。
直平は「たった9つの子をか!」と怒り
「どうするつもりじゃ?直盛、まさか今川に従うつもりでは
あるまいの」と刀を抜いて、直盛に迫ります。

亀之丞の逃走劇

おとわは井戸端に亀之丞を見つけて、ほっとします。
直満の死を知って、いつのまにかいなくなってしまったのです。
おとわと亀之丞が話していると、何者かが襲ってきました。

目を覚ますと、おとわの部屋で、そばに千賀がいます。
2人を襲ったのは、直盛の命を受けた傑山で、
亀之丞はあるところへ逃したと千賀が話してくれました。
亀之丞の首を差し出すよう、今川から下知があったのです。

おとわは龍潭寺の井戸へ行き、亀之丞の無事を祈っていると
井戸の脇に、亀之丞の笛が落ちているのを見つけます。
おとわは笛を手に取ると、全力で駆け出しました。

今川家の家臣たちが、亀之丞を探しに井伊谷へやってきます。
山の中で、亀之丞が今川家臣に捕まったと思ったら
おとわでしたね。亀之丞の逃走劇が始まります。

大河ドラマ おんな城主 直虎 あらすじ
大河ドラマ おんな城主 直虎 キャスト
大河ドラマ 真田丸 あらすじ
大河ドラマ 真田丸 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る