べっぴんさん ネタバレ 74回 蟷螂襲さん登場

株式会社として、新たな一歩を踏み出した
キアリスでしたが、紀夫(永山絢斗)のやり方に
明美(谷村美月)良子(百田夏菜子)たちは戸惑います。
朝礼で、紀夫が厳しいので、
すみれ(芳根京子)が謝りました(汗)

君枝(土村芳)の家の製作所にも
新しい縫い子さんが入ります。


ゆりの悩みから、すみれはアイデアを思いつく

ゆり(蓮佛美沙子)がキアリスにやって来ました。
良子「うわ!おなか大きくなりましたね」
君枝「ほんま!触ってもいいですか?」
ゆり「うん。もちろん。触って触って」と騒ぐと、
紀夫が「ここは女学校やない言うてますよね」と注意します。

あさや靴店へ移動しました。
明美「それで私に聞きたい事って?」
ゆり「今度、家を新築するの。
麻田(市村正親)「潔君やりよるなぁ」

ゆり「赤ちゃんも生まれるし、いろいろそろえたいんやけど。
肌着やおむつや洋服以外に、どんなものをそろえたらいいか、
教えてほしいの」
明美「私が知ってる外国人は、ベビー専用のお布団や、
ベビーベッド、乳母車やベビーダンスも用意しとったな」

ゆり「そういうものを手に入れようと思ったら、
どこへ行けばいい?」
明美「布団は布団屋さんに注文して、ベビーベッドとタンスは、
大工さんに頼んで。乳母車は…古道具屋を回るしかないんやろな」
ゆり「そんなに大変なの? それでなくても大きいおなか抱えて
歩くのは大変やのに。1つの所え全部そろえばいいのにねぇ」

すみれは「何か、何かな。キアリスで、そういうものを
そろえて売ったらどうかな?」と思いつきました!
ゆりの悩みから、すみれはアイデアを思いつきましたね。

紙粘土の食器

すみれは君枝や良子たちと相談し
離乳食用の食器を作ることにします。

家に帰って、さくら(粟野咲莉)と一緒に
紙の子供用食器の見本を作りましたが
壊れてしまいました。

喜代(宮田圭子)は紙粘土で作ってみたらと言ってくれ
紙粘土で食器を作ります。
さすが喜代さんですね!

キアリスに紙粘土で作った食器の見本を持っていくと
明美や良子は感心してくれました。
そして仕事の合間に工場回りをすることにします。


紀夫と武、知らされず

紀夫がキアリスに帰ってくると、
時子(畦田ひとみ)が接客してましたが
他に、武(中島広稀)しかいません。

紀夫「みんなはどないした?」
足立「工場回りに行きました」
紀夫「工場回り?何の?」
足立「さあ?」
すみれたちは紀夫と武に、知らささないで
黙って、行ってしまったようです。

蟷螂襲さん 登場!

すみれたちは陶器工場へ行きますが
工員から「うちは最低ロット1万やで?」
と追い払われてしまいました。
明美は「ロットって最低発注数の事やないかな?」
と言います。

道を歩いていると、工員ができあがった陶器を
割っている音が聞こえました。

武藤という工員は、蟷螂襲さんです。
「てっぱん」「カーネーション」「純と愛」
「ごちそうさん」「マッサン」に出演してましたね。

すみれ「あの…何してるんですか?」
武藤「大きさが2ミリほど違うんや。焼きもんは、
焼くと縮む性質があって、ちょっとでも大きさが違うたら
もう出荷はできへんのや」
明美「割ってしまうなんてもったいないわ」
武藤「もったいないけど、ほっといて万一市場に出回ったりしたら
えらいこっちゃ。うちの評判が、落ちてしまう」

すみれたちは目配せし、子供用の食器セットを作って
もらえませんか?とお願いしました。

子供用の食器セット5000個

すみれたちがキアリスへ戻ってくると
勝二(田中要次)昭一(平岡祐太)もいました。

すみれが「陶器工場へ行ってました。子供用の食器セットを
作ったらどうかと思って」と言うと
紀夫は「そんな話は聞いてないぞ」と言います。

すみれが「どうかな?いいと思うんですけど」と言うと
紀夫は「ええとか悪いとかやなくて、そないな事は、
動く前に相談してもらわんと困る言うてんのや」
と不満顔です。

紀夫が「まあ今日はもうええ。これから気ぃ付けてくれたら。
明日の朝礼で改めて話そう」と言うと、
すみれは「契約してきました。子供用の食器セット5000個」
と報告し、紀夫たちはびっくりぽんです!

連続テレビ小説 べっぴんさん ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 べっぴんさん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る