べっぴんさん ネタバレ 72回 麻田のメリークリスマス

クリスマスイブの日、保育所で、サンタコスの紀夫(永山絢斗)
すみれ(芳根京子)は子どもたちにプレゼントを配ります。

さくら(粟野咲莉)はひろ子に「ひろちゃん。さくら、今日で
保育所終わりやの。ずっと仲良くしてくれてありがとうね」
と涙を流してお礼を言いました。

永山絢斗さんと市村正親さんのサンタコス(サンタのコスプレ)、
似合ってましたね。


紀夫、坂東営業部を辞める

坂東営業部で、紀夫が「本日をもって、坂東営業部を
辞めさせて頂く事になります」と発表し、長谷川(木内義一)
秋山(小堀正博)笹井(中村凛太郎)はびっくり!
潔(高良健吾)が「今日からわしが坂東営業部を引き継ぐ」
と説明しました。

キアリスに、すみれ、明美(谷村美月)良子(百田夏菜子)
君枝(土村芳)武(中島広稀)子どもたちが集まって
クリスマスパーティが開かれます。

さくらが「サンタさん、お願い事聞いてくれた」と言うと、
喜代(宮田圭子)が「さくらお嬢様。サンタさんに言われて、
来ましたよ」と登場しました。今日、退院してきたのです。
勝二(田中要次)昭一(平岡祐太)もやって来ました。

紀夫、キアリスの経理担当に

キアリスの表で、潔と別れて、紀夫が入ってきます。そして
「すみれ、話がある。皆さんにも、聞いてもらえたらと思います。
坂東営業部を辞める事にした。潔さんが継いだ方がええ。
ぎょうさんの良い人材が彼に引かれて集まってくるはずや」
と発表しました。すみれも初耳だったようです(汗)

昭一が「辞めて、これからどないするんですか?」と聞きました。
紀夫は「キアリスの経理をしようと思うてます。
僕はすみれの仕事と家庭がうまくいくように、間に立ちたいんや。

君はここで好きな仕事をするんや。僕らは確かに大事な時間を、
戦争に奪われた。そやけど、もっと大事なのは、これからや。
すみれの人生は、あと何十年も続くんや。それこそ、
僕と生きていく人生も、何十年も続くんや。

それが僕の幸せなんや。一番自分らしくいられる場所で、
輝くすみれを、僕とさくらに見せてくれ。
この店を、いつまでも、育てて、守って残していこう」と言います。


市村正親さんのメリークリスマス

麻田と時久(中川浩三)がサンタのかっこうをして
「メリークリスマス!」とケーキをもって来ました!

パーティの後、外に出ると雪が降っています。
麻田は「I’m dreaming of
a White Christmas」と歌いだします。
市村正親さんのメリークリスマスでしたね!

坂東営業部では、ゆり(蓮佛美沙子)と潔が
雪を見ながら「来年は3人やな」「メリークリスマス」
と話していました。

さくらの質問、どこが好き?

近江の坂東本家でも、長太郎(本田博太郎)節子(山村紅葉)
静子(三倉茉奈)たちがクリスマスケーキを囲んでいます。
トク子(中村玉緒)に声をかけられ
部屋にいた五十八(生瀬勝久)が立ち上がりました。

キアリス前で、さくらが「お父さんはお母さんのどこが好き?」
と聞くと、紀夫は「愛にあふれているところ」と答えます。

さくらが「お母さんはお父さんのどこが好き?」と聞くと
すみれは「何か何かな。ちゃんと見てくれてるところ。
優しいところ。意外に男らしいところ。家族を大事にしてくれる
ところ。それから計算が正確なところ」と答え、
紀夫は「もうええ」と照れながら止めました(笑)

麻田のメリークリスマスが音無しで響きます。
皆様にとっても すてきなクリスマスとなりますように
Merry Christmas!

昭和20年ごろに日本で、クリスマスが盛んだったか
なぞですけど、家族が1つになって盛り上がってましたね。

連続テレビ小説 べっぴんさん ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 べっぴんさん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る