べっぴんさん ネタバレ 66回 すみれ 倒れる!

すみれ(芳根京子)は倒れてしまい、キアリスを休みます。
さくら(粟野咲莉)を保育所に送っていくと
シスターから「さくらちゃん 最近外遊びをしないんです。
お靴、小さくなってしまったんやないかと思うんです。
お母さん忙しいから言えなかったんやと思うんです」
と言われました。

新しい靴を買って「さくら、大きくなってたのね。
ごめんね、お母さん気付かなくて」と渡すと、
さくらは「ありがとう」と笑顔になります。
麻田(市村正親)の靴ではかなったようです。


ゆり、坂東本家へ行く

ゆり(蓮佛美沙子)は近江の坂東本家へ行って
節子(山村紅葉)静子(三倉茉奈)と会います。
忠一郎(曾我廼家文童)もいました。

静子が「ゆりちゃんらしないんやないの?」と言うので
ゆりは「私らしいって何ですかね?」と聞きます。
忠一郎が「そういう事を言う時は、大抵夫婦の仲が、
うまい事いってない時ですわ。しもた。
私とした事がいらん事言うてしもた」と答えました。

ゆりが「夫婦って何なんやろって…」とつぶやくと
静子は「私もその質問、お義母さんにしたわ」と言います。

ゆり、潔に「子どもができました」と報告

近江から戻ってきたゆりはすみれに
「節子おば様が言うてたんやけどな。
夫婦って一蓮托生の身なんやって。
死なばもろともの仲なんや思えば、考え方が「自分」やなくて、
「自分ら」になる。家族って、そうやって作っていくんやって」
と話してくれました。

坂東営業部、ゆりは潔に
「子どもができました。潔さんと私の子どもができました」
と報告します。

潔が「わしの子が生まれるんか?
ゆり!ありがとう!わしの子が生まれるんか」
と感激してましたね。


家族と仕事のはざまで

すみれは3日の休暇が終わり、出勤の日です。
すみれの心の中には、ある思いが生まれていました。

明美(谷村美月)君枝(土村芳)良子(百田夏菜子)
武(中島広稀)がキアリスで迎えてくれます。

大急へ行くと、悦子(滝裕可里)が
2度目のお客さんが来たと教えてくれました。

君枝の家の2階の作業場では
時子(畦田ひとみ)たちが作業をしています。

神戸店へ戻ると、キアリスの4人と
紀夫、勝二(田中要次)昭一(平岡祐太)も来ていました。
すみれは「明美さん。君ちゃん。良子ちゃん。お願いがあるの。
キアリスを辞めさせて下さい。お願いします」と頭を下げます。

すみれ「良子ちゃんの家も君ちゃんの家も、
ちゃんと前を向いてる。明美さんも。
でもね、私はまだなの。まだ、みんなに追いついていない。

紀夫さんとさくらに、迷惑かけてる。だから許してほしい。
私がいなくても、みんななら絶対に大丈夫やと思う!
だから、自分勝手な事やけど。お願いします」

すみれは家族と仕事のはざまで悩んでいたようです。

連続テレビ小説 べっぴんさん ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 べっぴんさん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る