べっぴんさん ネタバレ 61回 大急へキアリス出店を決意

キアリスで、大急百貨店のキアリス店の成功をお祝いします。
久しぶりに登場の麻田(市村正親)の音頭で乾杯しました。

君枝(土村芳)良子(百田夏菜子)たちだけでなく
時子(畦田ひとみ)悦子(滝裕可里)たちもうれしそうです。

すみれ(芳根京子)は大島社長(伊武雅刀)から
「正式に出店をしてみないか?大急百貨店にキアリスの支店を
出さないか?」と言われたのを思い出し
明美(谷村美月)たちとやる気になってましたね。


潔「社長はあくまでも紀夫」

大急百貨店の医務室で、紀夫(永山絢斗)が目を覚まします。
ゆり(蓮佛美沙子)がいて心配してくれました。
説明会は秋山(小堀正博)が代わりをやってくれたのです。

明美があさやへ帰っていくのを見送って
武(中島広稀)は明美へプロポーズしたことを思い出し
「あげなこつ言うたんが悪かったんじゃろか」
と後悔していました。
武と明美、もうちょっと時間がかかりそうです。

坂東営業部、ゆりが潔(高良健吾)に紀夫のことを報告します。
長谷川(木内義一)笹井(中村凛太郎)秋山が紀夫は頼りない
と言い、ゆりに意見を求めました。
ゆりが「私は潔さんが社長になればいいのにと思うてる」と言うと
秋山や笹井が賛同します。

2人きりになって潔が「何で社員の前であんな事言うんや」と聞くと
ゆりは「聞かれたからよ。みんな真剣に考えてるの。
嘘はつけないと思うた」と答えました。
潔は「ゆりらしいわ。せやけどわしは社長になる気はない。
社長はあくまでも紀夫君や」と話します。


大急百貨店へキアリス出店を決意する

紀夫は家で寝込んでいました。
翌朝、すみれが「昨日、大島社長が、お店に
いらっしゃったんです。それで、大急百貨店に
キアリスの支店を出さないかと」と報告します。

紀夫は布団から起き上がって「よかったなあ。
やりたい事があるだけでも、すごい事やのに、
やりたい事と、やるべき事が一致している。
奇跡のような事やな」と喜んでくれました。

すみれたち4人は大急百貨店の応接室に
大島社長を訪ね「お受けしたいと思うてます」
とお願いします。
大急百貨店へキアリス出店を決意したのです。

大島社長は笑顔になって、握手してきました。
小山(夙川アトム)は「キアリスさんには、
11月開店を目指してもらいます」と言ってきます。
あと3ヶ月です。

すみれ 紀夫が苦しんでいる事に気付く

坂東営業部、ゆりが秋山たちに、今度の説明会は
自分がやると話してるところへ、すみれが訪ねて行きました。

すみれは「実は、大急に、キアリスの支店を出す事になって。
それで生地の仕入れについて、ご相談したくて。すいません。
今日は主人がお休みして、ご迷惑おかけしてませんか?」と聞きます。
秋山にうながされて、ゆりは「紀夫さん、洋裁教室の運営を
任せる事になって。その説明会で、緊張し過ぎて倒れて
しまったのよ」と言いました。

すみれは紀夫が苦しんでいる事に気が付づいて
自分に何ができるのか、考えあぐねていましたね。

連続テレビ小説 べっぴんさん ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 べっぴんさん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る