真田丸 ネタバレ 49話 前夜、真田幸村の大坂夏の陣

最終回まであと2回となってしまいましたね。
大坂城内では和平派と主戦派の対立が激しさを増します。
真田幸村(堺雅人)は打倒徳川家康(内野聖陽)の策を
巡らせました。
最終決戦の大坂夏の陣が刻々と近づいていきます。

江戸、真田屋敷、真田信之(大泉洋)は、
幸村から書状を受け取りました。文面にはありませんが、
信之は幸村が死ぬ気だと悟り、会いに行くことにします。
稲(吉田羊)こう(長野里美)松(木村佳乃)も
送り出してくれましたね。

江戸城、徳川秀忠(星野源)本多正信(近藤正臣)
が話してると 江(新妻聖子)が入ってきます。
江は千姫(永野芽郁)のことを心配し、秀忠を励ましました。


豊臣秀頼と大坂牢人五人衆

大坂城の大広間、豊臣秀頼(中川大志)大坂牢人五人衆
大野治長(今井朋彦)大蔵卿局(峯村リエ)らが集まり
軍議が始まります。

真田幸村の策は、京を押さえて、伏見城に本陣を構え
徳川勢がそろわぬうちに、一気に攻み
あわよくば家康の首を取るというものです。
大野治房(武田幸三)が「よ~し!」と賛成しました。

士気を高めるため、秀頼に伏見城で采配を振るって
もらいたいと言うと、大蔵卿局が「ありえぬ」
と大反対しました。

嫌な空気が流れますが、後藤又兵衛(哀川翔)
毛利勝永(岡本健一)らが考えた策を提案します。

徳川軍は広い南側から攻めてくるので、
豊臣軍は天王寺に兵を進め、迎え撃つ作戦です。
秀頼は、大坂城で知らせを待てばいいので、
治房だけでなく大蔵卿局も賛成してくれます。

長宗我部盛親(阿南健治)明石全登(小林顕作)が
城の東側から敵が攻めてきたらと心配しました。
幸村が平野川の堤を切り、沼地にしておけば
徳川軍は近づけぬと言い、軍議がまとまりました。

真田信之 山城河内の陣へ

慶長20(1615)年4月22日、京、二条城、
徳川家康や秀忠らが集まり、軍議が開かれますが、
正信は居眠りしています(汗)

家康は本多正純(伊東孝明)に、秀頼に文を送るよう
命じました。今すぐ牢人を追放し、城を引けば、
兵を引くという内容です。

大坂城、家康から大和郡山城に移れば兵を引くと
書状が来ました。豊臣秀頼は「徳川とはこれにて
手切れといたす」とこの最後通牒を無視します。

徳川方の真田信吉(広田亮平)真田信政(大山真志)らは
山城と河内の国境に布陣していました。
そこに真田信之がやって来ます。
信之は矢沢三十郎(迫田孝也)小山田茂誠(高木渉)に
源次郎に会いたいと相談しました。

真田信尹(栗原英雄)が家康の命で、幸村に会いに行く
というので、その機会を利用することにします。

大坂夏の陣がはじまる

4月29日、大坂夏の陣がはじまりました。
樫井にて大野治房(武田幸三)の軍と徳川方の浅野勢が激突!
塙団右衛門(小手伸也)は「わしは大名になってみせる」
と名札を持って攻めかかっていきますが、
額に銃弾を受けて倒れました。

塙団右衛門の亡骸が大坂城へ運び込まれたところへ
茶々(竹内結子)きり(長澤まさみ)が現れます。
茶々が「いずれは皆もこの男の横に並ぶのですか?」
と聞くので、幸村がきりに目配せして、下がらせました。

厨、大坂城の牢人五人衆と重成は、地図を広げながら
徳川軍の進路を予想し、徳川家康を攻める作戦を
考えました。

徳川家康は、道明寺へ進軍してくると予想し、
又兵衛と全登が出陣し、幸村と勝永は後詰めに
回ることにします。

徳川秀忠は、八尾・若江へ進軍すると予想し、
盛親と木村重成(白石隼也)が食い止めることにしました。
5月1日、又兵衛と全登は、道明寺近くの平野へ進軍します。


本多正信の策略

二条城、徳川家康が大和路へ行くのをやめ、
伊達政宗(長谷川朝晴)に軍の指揮を任せます。
徳川方の作戦がもれてしまったのです。

本多正信は「後藤又兵衛が気になりますな。
今のうちに潰してしまいましょう。調略」と提案しました。

徳川方の楊西堂(中澤功)が又兵衛の元へ来て
播磨35万石で徳川に召し抱えると誘ってきます。
又兵衛が断ると、正信は正純に「又兵衛が徳川の使者に
会うたことを豊臣の陣に噂を広めよ。調略に乗ったと
噂を流せ」と命じます。

後藤又兵衛は噂を消すため、戦いで手柄を立てねばならず
大将が焦れば、陣は乱れるという作戦でした。
本多正信の策略、敵ながらあっぱれですね。

黙れ!小童!

徳川義直の陣に、真田信尹とともに真田信之が控えてると
平野長泰(近藤芳正)が通りかかります。
長泰は「仕方なかったんだ。あの兵糧は
全部取り上げられてしまって」と逃げ出しました(泣)

徳川の家臣・室賀久太夫(児嶋一哉)が「間道を歩いていた
怪しいものはお前たちか?」と聞いてきたので
信尹は「我ら大御所様からの密命を受けて、大坂へ向かう
途中でございます」と文を差し出します。

久太夫が「ご無礼いたした。尾張徳川家家臣・室賀久太夫」
と文を返すと、信尹は「将軍家旗本・真田隠岐守信尹」
と自己紹介しました。
久太夫が「真田?真田と言えば真田安房守」と聞くので、
信尹は「安房守は我が兄でございます」と答えます。

久太夫が「通す訳にはいかぬ、我が父・室賀正武は
真田安房守の罠に…」と言いかけると
信之が「黙れ!小童!」と叫んで、出ていきました(笑)
室賀正武から怒鳴られていた台詞を、真田信之が奪いましたね!

真田幸村と真田信之、真田兄弟の最後の対面

真田信尹とともに真田信之が大坂城へ来たので
真田幸村は「兄上!」と驚きました。
信尹が「大御所様はどうしてもお前が欲しいようだ」と言うと
幸村は「ありがた迷惑でございます」と断ります。

信尹が「今は前とは事情が違う。かような城でどうすれば勝てる?
今のうちにこちらに下るのも決して悪い手ではない。
信濃一国でどうかと、大御所様は仰せだ」と言うと
堀田作兵衛(藤本隆宏)は「何と!」とびっくりしますが、
幸村は「気前のよいことで」と他人事です。

信尹が「兄上が終生望んだ信濃の国主になれるのだぞ」
と粘りますが、幸村は首を振りました。

信之「源次郎は死ぬつもりなのです。しかも大御所様を道連れに」
幸村「買いかぶりです。いくら私でもそれは」
信之「徳川に歯向かいたいなら、歯向かえばいい。
ひれ伏したくないなら、ひれ伏すな。しかし死んではならぬ」

幸村「捕まれと申されますか?」
信之「そうじゃ、今度もまた、俺は必ずお前を助けてみせる。
死にもの狂いで、江戸と駿府と京を駆け回り、赦免を勝ち取って
みせる」

幸村「そして14年」
信之「決してお前を死なせはせん。それがわしの使命だからだ。
あの時、わしはお前と父上と3人で誓った。またいつか晴れて
酒を酌み交わそうと。父上はもうおられぬが、わしはまだ
その約束を果たすつもりでいる。それを言いに来た」

幸村が「では、今ここで酒を」とすすめますが
信之は「作兵衛、帰る。叔父上」と立ち上がります。
幸村が「兄上と酒を酌み交わしとうございます!兄上」と叫びますが
信之は「これは今生の別れではない」
と河原綱家(大野泰広)とともに去っていきました。

真田信尹は「生きたいように、生きればよい」
と幸村の頬を軽くたたいて出ていきます。
犬伏の別れ以来の真田幸村と真田信之の再会でした。
これが、真田兄弟の最後の対面なのでしょうか?

徳川家康と上杉景勝の真田への思い

二条城、徳川家康と上杉景勝(遠藤憲一)が
酒を酌み交わしています。
家康が「今のわしがあるのは太閤殿下のおかげじゃ。
しかし、わしは豊臣を滅ぼす。秀頼公があそこにおっては
徳川のためにならぬ。それゆえの戦と思うてくれ」と言いました。

景勝「何ゆえそれがしにお話になる?」
家康「おぬしにはわかってほしかったのじゃ」
景勝「お心うちに、やましさがあるからでは?
この戦に大義がないことが気になるからではござらぬか?」
家康「この話はやめよう」

景勝「先の戦で真田源次郎の姿を見ました。あの男はわしが
そうありたいと思っていた人生を生きておる」
家康「親子2代で盾突きおって。まだわしを苦しめおる。真田め」
景勝は小さく笑って、家康に酌をしましたね。

後藤又兵衛の最期

5月5日、徳川軍は2手に別れ、河内平野を目指してきます。
平野の又兵衛の陣に、幸村と勝永がやって来ました。
幸村が変な噂に短気を起こすなとアドバイスしますが
又兵衛はまったく気にしていません。
又兵衛は播磨35万石、幸村は信濃40万石で
誘いが来たと打ち明けると、勝永は「何で俺には?」
と不機嫌になります(笑)

深夜、木村重成が来て「後藤様にはいろいろと」とあいさつすると
又兵衛は「2度とそういうこと言うな。戦の前にそういうこと
言うとな、必ずどっちかが死ぬというのがお決まりなんだよ」
と注意しました。

又兵衛が「いい匂いがするな」と気づくと
重成は「万一首を取られた時に恥ずかしくないように、
昨夜から兜に香を焚きしめておきました」と答えます。
又兵衛は笑って「早く持ち場に戻れ」と命じました。

伊達政宗率いる3万5千の兵が、後藤又兵衛が守る道明寺へ
家康率いる本隊13万が、木村重成らが守る若江八尾方面へ
迫ったと3Dマップで説明があります。

後藤又兵衛は勇敢に戦いましたが、伊達政宗ら徳川軍の
猛反撃にあって、倒れてしまいました。
大坂城、大野治長が豊臣秀頼に、後藤又兵衛の最期を伝えます。
誉田、幸村の陣に、血の付いた後藤又兵衛の兜が運ばれて来ました。

長宗我部盛親と木村重成の軍は、八尾・若江で徳川の大軍勢と
戦いを始めます。
重成は勇敢に戦いますが、泥沼に足を取られ倒れてしまいました。
盛親は徳川軍を突破し、逃げ出します。

幸村は勝永と全登に、豊臣方の策がすべて徳川方に
もれていると話しました。
大坂城の厨、徳川方の忍びと話していたのを見られ
大角与左衛門(樋浦勉)は与八(今野浩喜)を火鉢で刺します。
与左衛門が徳川に味方していたんです!


真田幸村 VS.伊達政宗

伊達政宗の軍勢は、道明寺で又兵衛と全登の軍を倒すと
後詰めの幸村の軍に攻めかかってきました。
幸村、大助(浦上晟周)作兵衛らも善戦しますが、
伊達軍の猛攻を受け、退却をはじめます。

馬上の真田幸村は、伊達政宗と視線を合わせると
「これでしまいか!徳川兵に真の武士は1人もおらぬのか!」
と刀を抜いて、叫び、大坂城へ戻っていきました。
片倉景綱(ヨシダ朝)が鉄砲で追撃しようとすると
伊達政宗は「もうよい。弾は尽きた」とストップさせます。

大坂城へ戻ると、幸村は「よう戻った!よう戦った」と兵たちに
声をかけました。きりが「この人、九度山から一緒についてきた人」
というので、幸村がかけよると九兵衛(大内田悠平)が
事切れていました。
幸村は居室に戻り、馬上筒を手にしていましたが、
佐助(藤井隆)を呼んで、伊達へ書状を持っていくよう命じます。

幸村からの書状を読むと、伊達政宗は「真田左衛門佐、ようわしを
頼ってきた。ご妻女の世話いっさい喜んで見ようではないか」
と快く受け入れてくれました。
片倉景綱が「大御所様に?」と聞くと
政宗は「わしの真田との密約よ」と答えます。

幸村は春(松岡茉優)に「決して、永久の別れではない。
しばしの辛抱じゃ」と大八と梅(大出菜々子)を連れて、
伊達政宗を頼るよう言いました。
きりと高梨内記(中原丈雄)も視線を合わせます。

2人きりになって、幸村が「よう耐えてくれた」と言うと
春は「泣いてもよいのなら、泣きますよ」と言うので
幸村は「いや、いい」と断ります。
春は「私は大谷刑部吉継の娘でございます」と言うと
幸村は「そうであった」と2人で手を握り合いました。
春が「ご武運を」と言うと、幸村はうなずきます。

春たちが伊達政宗の陣へ行くと、政宗がずんだ餅を食べていて
分け与えてくれました。梅が片倉景綱の息子に嫁ぐのは
まだ先の話だと有働由美子アナウンサーの解説がありましたね。

きりと真田幸村

大坂城、幸村は「わしは明日、城を出て、家康に決戦を挑む
ことにした。お前はいざとなったら、千姫さまをお連れして
ここを抜け出し、秀忠の陣へ行け」と言うと
きりは「大仕事ではないですか!」と驚きます。

幸村「だからお前に頼むのだ。お上様にはお伝えしておく」
きり「姫さまをお送りしたらその後は?
幸村「沼田にでも帰るがよかろう」
きり「いいえ、ここに戻ってきます。こうなったら、
お上様とご一緒しますよ。最期まで。源次郎さまのいない世に
いても、つまらないから」

幸村はきりを抱き寄せると、
きり「ちょっと何するんですか?遅い」
幸村「すまぬ」
きり「せめて10年前に…」

幸村はきりにキスしますが
きりは「あの頃が私、一番きれいだったんですから」
と話すのをやめません!

しばらくして離れると、幸村はきりを見つめました。
きりは幸村の胸に顔を寄せて、涙を流します。
きりと幸村のキスシーン、やっと2人は結ばれたんですね。

「高梨内記の娘に関しては、さまざまな言い伝えがある。
真田信繁の側室であったとも、彼の子どもを宿したとも、
真偽はともかく、1つだけ確かなのは、信繁に関わった
女性たちの中で、もっとも長くそばにいたのは、
彼女だということである。」

大河ドラマ 真田丸 あらすじ
大河ドラマ 真田丸 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る