べっぴんさん ネタバレ 54回 すみれと大島社長

すみれ(芳根京子)は「この話、全部なかった事にして下さい」
と大急百貨店の小山(夙川アトム)に頭を下げました。

紀夫(永山絢斗)が謝ると
小山は「うち大急ですよ」と連発します(笑)

そして「うちの社長は何が何でもキアリスさんと
契約したいと言うとるんです」と言いました。
大急百貨店の大島社長(伊武雅刀)は、すみれのキアリスに
興味を持っているようですね。


ゆり 大人のための洋裁教室を提案する

キアリスはどんよりした空気になっています。
紀夫が「何を考えてるのや。何で先方の前で、突然あんな事を。
あちらは破格の好条件を出して下さってるのやぞ。
どんなに名誉なことか。少し考えてからでもよかったんや」
と怒りました。
すみれは「考えても、変わらないと思ったの」と答えます。

屋台で、紀夫、勝二(田中要次)昭一(平岡祐太)は
すみれのことをぼやきました。
勝二が子育てについて相談すると、昭一が女房に任せれば
と答えます。
紀夫はすっかり酔っ払ってしまいました。

坂東営業部、ゆり(蓮佛美沙子)は潔(高良健吾)に
大急百貨店で学ぶ大人のための洋裁教室を提案したいと言います。
潔は大島社長から「売れる仕掛けを考えて持ってきてくれ」
と言われたのを思い出し、大賛成します。


すみれ 大急百貨店の仕事を断る

そこへ、すっかり酔っ払った紀夫が入ってきました。
長谷川(木内義一)秋山(小堀正博)笹井(中村凛太郎)も
外回りから帰ってきます。
紀夫が「やりたない、言うてます」と言うので、
潔は「どういうこっちゃ」と驚きました。
紀夫は倒れ込んでしまいましたね(汗)

潔が酔っ払った紀夫を背負って、ゆりとやって来ました。
ゆりが「さくらが元気やった?」と聞くと
さくら(粟野咲莉)が「元気やった」とかわいいです。

潔が「飛躍のええ機会やのに、ほんまに断ってええんか」
と確認すると、すみれはうなずきました。
紀夫が謝ると、潔は理解してくれて、大島社長に謝って
おくと言ってくれます。

すみれの大急百貨店の仕事を断る決意は変わりません。
しっかりした芯が通っているので、譲れないんですね。

玉井 明美に悪魔のささやきをする

玉井(土平ドンペイ)がまた明美(谷村美月)のところへ
やって来ました。明美はいったんは断りましたが、
玉井から「具体的な話、したいんや。明美さん、
話ぐらい聞いてや」と言われ、店に入れてしまいます。

玉井は「ここにあるキアリスの商品と似たもん作ろ思うとるんや。 
もちろん新しい名前付けてな。ややこしい事は抜きにして。
ここより安い値段で売るんや。これまでの給金の100倍は稼げる
はずや」と言います。

明美が「そんな事やる訳ないやろ」と断ると、
玉井は「お母ちゃん、病気で死んだんやろ?あんたはみんなと
違うて一人なんやで?旦那もおらん。子供もおらん。家もない。
何かあった時に助けてくれるのは何や? 金やろ。それは明美さんが
一番知ってるはずやで。よう考えといて。また来まっさ」
と去っていきました。
玉井は明美に悪魔のささやきで誘ってきましたね。


明美と武

玉井が帰ってから足立武(中島広稀)がお茶を持って来てくれます。
明美は「ありがとう。タケちゃんも座り」とすすめました。

明美「あんたも、苦労してきたんやろ?よう気が付くもんな。
人の事よう見とう」
足立「苦労っち言えば、苦労なんかな?おやじが死んでしもうて、
一番上の姉ちゃんの旦那さんが、家も工場も継ぐ事になって。
わしらは外に出ろと言われたんです」

明美が「さみしいな」とつぶやくと、
武は「寂しくねえです。わしには明美さんや、すみれさん、
良子さんや君枝さんがおりますけん」と答えました。
お姉さんの明美を、弟の武が支えてくれてるようですね。

すみれと大島社長

小山が坂東営業部へ来て、大島社長が直接すみれに会いたいと
言っていると伝えました。

すみれが気が進まないといいますが
紀夫は「ここまで尽力して下さったんや。ええ条件も、
ぎょうさん出して下さったんやぞ。きちんと顔突き合わせて
話をする事は礼儀やろ!わがまま言うんやない」と言います。

大急百貨店の応接室へ、すみれと紀夫が行きました。
紀夫が「すごいな」と驚いていると
やがて大島がやって来ます。
すみれと大島社長、どんな話をするんでしょうね?

連続テレビ小説 べっぴんさん ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 べっぴんさん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る