べっぴんさん ネタバレ 48回 ファッションショー開催

バラックで、紀夫(永山絢斗)はお手玉を見せました。
すみれ(芳根京子)が「がんばれ、すごいね、さくら」と言うと
さくら(河上咲桜)は笑い、紀夫は大喜びです。

いよいよファッションショー当日が来ました。
舞台裏で、ゆり(蓮佛美沙子)から「皆さん
準備はよろしいですか?」と言われ、君枝(土村芳)
良子(百田夏菜子)は足が震えてきたと緊張します。


ファッションショー スタート

ファッションショーが始まりました。
時子(畦田ひとみ)綾子(前田千咲)文(村崎真彩)
千代子(安部洋花)がドレスを着て登場し、
麗子(いちえ)悦子(滝裕可里)も続いて登場。

節子(山村紅葉)静子(三倉茉奈)が登場すると
蓄音機の針が飛んで、音楽がおかしくなります。
節子が転んで、静子が「お母さん、がんばって」
と声をかけます。

すみれ、良子、君枝、明美(谷村美月)の番が来ました。
良子が「明美さん、笑って」と言いますが、
明美は「そんなんできへん」とこわばった顔です。

ゆりが「今日のモデルの皆さんです」と紹介すると、
時子は「商店街の、主婦です。こんな機会を頂いて
これから前を向いて、生きていけると思います。
ありがとうございました。子育て頑張るぞ」
とあいさつしました。
時久(中川浩三)はうれしそうでしたね。


すみれから紀夫へのメッセージ

すみれがあいさつをしました。

「私たちは神戸の商店街で、ベビー用品と子供服の、
キアリスというお店をやっております。
戦争が終わって、苦しい中、自分は、何ができるだろうと
考えて、今のお店を始める事になりました。

やっと、夫が帰ってきてくれました。
少しは、生活に対する不安も、少なくなりました。
だからこそ、私は気が付いた事があります。

それは、お店が私の人生の喜びになっているという事
です。世の中には、いろんな事があるけれど、
仲間がいれば、大きな力が生まれる事。

1人ではできない事も、仲間と一緒ならできる事。
女の人も、そんな夢を見る事のできる世の中になればと、
思っております。

人を信じる事の豊かさと夢をかなえていく姿を、
私は娘に見せてやりたいです」

すみれと紀夫は目を合わせ、笑顔になります。
すみれはみんなに話しかけながら、
紀夫へメッセージを送ってましたね。


さらば、栄輔

栄輔が荷物をまとめて部屋に1人できたので
潔は「おう。何してんねや」と声をかけます。
栄輔は「アニキ。もしアニキに会えてなかったら、
どないなっとったやろな。アニキのおかげで
生きる希望が持てた。

いつかアニキのおかげで今があると言えるように
なりたいわ。何や伝えとうなってな」
と部屋を出ていきました。
栄輔君は、この時を最後に、姿を消します。

栄輔はすみれへの思いを持ち
さくらもなついてくれたと言うのに
自分から去ってしまいました。

明美となら、うまくいきそうな感じだったのですが
残念です。またフラッと戻ってきてほしいですね。

すみれと紀夫

紀夫が「すみれの気持ちよう分かった。
自分だけ、浦島太郎のような気になってたけど。
それではあかんのやな」と言うと、
すみれは「ありがとう」と抱きつきます。

喜代(宮田圭子)がさくらの目を手で隠しました(笑)

紀夫は懐中時計のネジを巻くと、止まっていた時計が
動き出しましたね。

戦地から帰還して、心を病んでいた紀夫は
ファッションショーで、すみれの言葉を聞いて
明らかに変わった感じです。

栄輔が去ってしまったのはかわいそうだったけれど
すみれと紀夫には幸せになって欲しいですよね。

連続テレビ小説 べっぴんさん ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 べっぴんさん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る