真田丸 ネタバレ 47話 反撃、姫たちの戦国

徹底抗戦か和睦か、大坂城に籠もる豊臣方は
決断を迫られました。
真田幸村(堺雅人)の後押しで、茶々(竹内結子)は
戦う道を選びます。

そんな時、徳川家康(内野聖陽)はイギリスの大筒・カルバリン砲で
大坂城の天守の南側を砲撃させました。
天守閣のしゃちほこが廊下に落ち、奥御殿の屋根や天井が
崩れ落ち、侍女が下敷きになって死んでしまいます。

茶々が呆然としながら近づいていくのを
きり(長澤まさみ)が止めました。


徹底抗戦から和睦へ

家康本陣、片桐且元(小林隆)が話が違うと家康に抗議しますが
後の祭りです。家康は本多正純(伊東孝明)と立ち去ります。
且元は半年後に急死しました。且元は豊臣家を去りましたが
最期まで豊臣家のことを思っていたのですね。

大坂城、茶々が和睦へ気持ちが変わったと大野治長(今井朋彦)
から聞いて、幸村は相手の弾が切れているので、和睦の時ではない
と反対します。

茶々はうつろな目で座っていました。
幸村が訪ねていきますが、きりが止めます。
きりが死に物狂いで助けたと言うと、幸村は頭を下げました。

豊臣秀頼(中川大志)がこれからどうなるか聞くと、
大野治長(今井朋彦)は「まず和睦の案を双方が出し合います。
そして話し合いを進めていく中で、落とし所を見出すことに」
と説明しました。

牢人衆の不安

厨、塙団右衛門(小手伸也)ら浪人衆は和睦に決まったら、
豊臣家に召し抱えられなくなると不安を口にします。

毛利勝永(岡本健一)は「仮に和睦しても、お前たちのことは
ちゃんとこの兄貴が面倒を見てくれる」
と後藤又兵衛(哀川翔)を指しました。
又兵衛が「俺に任せとけ」と大声で言うと、
牢人衆たちは「おお~!」と歓声を上げましたね。

廊下、木村重成(白石隼也)が徳川はどう出るか?と聞くと
幸村は「恐らく和睦と引き換えに、浪人衆の処分を
求めてくるだろう。いったん和睦に持ち込み、牢人たちを
追い出した上で、新たに攻める腹と見た」と予想します。
大野治房(武田幸三)は「和睦はならぬ」とつぶやき
治長が来ると、去っていきました。

評定が開かれます。幸村は和睦をするにあたって、
牢人たちにそれなりの扶持を与え、豊臣の家臣として欲しい
と主張しました。

大蔵卿局(峯村リエ)織田有楽斎(井上順)は
徳川が茶々を人質として要求してくるだろうと反対します。
秀頼は太平の世になるならば喜んで大坂城を出ると言いました。
大筒が撃ち込まれて、徹底抗戦から和睦へ流れが変わります。

真田幸村と茶々

きりが呼びに来たので、真田幸村は茶々のところへ行きました。
茶々は「私の目の前で侍女が大勢死にました。先程まで話していた
娘が、あっという間に血を流して足元に転がっていました。
きりが助けてくれたのです。あれのおかげで私は命拾いを」
と言って「源次郎」と幸村に駆け寄ってきます。

幸村は「もう心配ございません。敵の弾は尽きました」
と茶々を抱きとめました。
茶々が「茶々を叱って下さい。あれほど和睦はしないと
言っておきながら」としがみつくと
幸村は「ご案じなされますな。なんとかうまい形で
和睦に持ち込もうと、今みなで思案しているところ」と言います。
茶々は「もうこのようなことはたくさんじゃ」と弱音をはきました。

広間、長宗我部盛親(阿南健治)明石全登(小林顕作)らが
和睦することに抗議してきます。
毛利勝永が茶々と幸村の仲を疑ってくると
幸村はこれ以上話すことはないと席を立ちました。


真田信之と姫たちの戦国

江戸、真田信之(大泉洋)は小野お通(八木亜希子)のもとで
まったりしていました。膝枕で、耳かきをしてもらってます(笑)
そこへ、こう(長野里美)稲(吉田羊)が乗り込んできました。
信之のことを怪しいと思って、尾行していたのです。
信之は「何をしておる」と飛び起きました。

信之は、お通に話を聞いてもらって、癒やしてもらっただけと
説明します。こうは悔しがり「この女!」と向かっていきますが
お通は払い除けました。

お通が「お帰りくださいませ。次のお客様がそろそろお見え
どすのや。みんな私に心の内をお話にやって来はります」
と言うので、
稲が「わが夫も客だったと言うのですか?」と聞くと
お通は「もちろん」と答えます。

信之は「当たり前ではないか」と合わせ、
稲が「銭を受け取っていたのですか?」とたずねると
お通は「これが私のなりわいでありますゆえ」と答え
信之が「わかってくれたか?世話になった」と立ち上がりました。

お通が「次は常陸屋藤左衛門さま」と襖をあけると、
男が控えてます。お通は「もうちょっとお待ちを」
と襖をしめました(笑)

信之は「誰だ!?」と驚きますが
お通は「いつもお支払はご家来衆がされておりました。
今月のお代、まだもろうておりません」と勘定書を出します。

稲は「これよりは夫の心を癒やすのは、このおこうが
受け持ちますゆえ、あなたはもう結構」と言うと
お通は「そういうことでしたら」と納得しました。

信之は勘定書を見て「少々高くはないだろうか?
膝枕で200文というのは」とびっくり!
お通は「嫌やわ。私を誰とお思いですか?」と言うと、
稲は勘定書を受け取って、こうと出ていきました。

お通が「まだご縁がありましたら」と頭を下げると、
信之はうなずき去っていきます。
お通は「次の方、どうぞ」って(笑)

江戸の真田家の三角関係、いや四角関係どうなるのか?
大坂だけでなく、江戸でも姫たちの戦国があったのか!
と思ったら、お通は膝枕をビジネスでやっていたんですね(汗)

堀田作兵衛の真田昌幸、真田源次郎への思い

堀田作兵衛(藤本隆宏)は厨に連れていかれ
又兵衛や勝永たち牢人衆から「真田幸村ってどんな野郎だ?」
「俺たちが命を預けるに足る男か?」と聞いてきます。

作兵衛は「知らぬ。あのお方が京におられる間、わしは上田を
守っておった。九度山にもついて行ってはおらぬゆえ、
おそばにいたのはわずなか間じゃ。

しかし、あのお方の父君、安房守さまのことはよう知っておる。
真田家の家風もわかっておる。安房守さまほど、義に厚い男は
おられなかった」と言いました。

勝永が「すぐに裏切ることで有名だったでないか」と聞くと
作兵衛は「とんでもない誤解じゃ!安房守さまは生涯をかけ
武田の領地を取り戻そうとされていた。信玄公への忠義を
死ぬまで忘れなかった。

そのためにはどんな手でも使った。卑怯者の汚名も着た。
源次郎さまはその血を継いでおられる。あの方は、太閤殿下の
ご恩に報いるためなら何でもする!そういうお方じゃ。
わしに言えるのは、それだけじゃ」と帰っていきました。
堀田作兵衛が、真田昌幸、真田源次郎への厚き思いを
語りましたね。

徳川の和睦案と豊臣の和睦案

徳川家康のもとへ豊臣からの和睦案が届きました。
牢人たちを養う領地を増やすことと
秀頼が大坂城を出て、四国の2国に移ることが記されています。

徳川秀忠(星野源)が和睦をすることなどないと言うと
本多正信(近藤正臣)は「和睦と見せかけて、敵を丸裸にする。
それから総攻めを」と策を示しました。

家康は「四国はやらん。国替えを望むなら、江戸近くに
してもらおうか。安房と安房と上総がよい」と言います。
安房と上総、現在の千葉県です。

豊臣秀頼のもとへ徳川から和睦案が届きます。
幸村は「家康はできぬ相談をあえてして、こちらの出方を
うかがっているのでございましょう」と策略を見抜きます。

有楽斎が交渉役を買って出たので
幸村は「おなごの使者を立てましょう。されば、向こうも
女を出すよりほかありません。常高院さまがよろしいかと」
と言って、初(はいだしょうこ)を推しました。

徳川方は交渉役として阿茶局(斉藤由貴)を出すというので
初に大蔵卿局ときりがついていくことにします。
幸村は「風向きが悪くなったら、その場をかき回せ。
流れを変えるのだ。お前にしかできぬことだ」
ときりに言いました。

大坂城、秀頼が「そなたはしぶとい。討って出ると進言し、
退けられたら、真田丸と作り、和睦が決まれば、今度は
いかに有利に進めるか考える」と言います。
幸村は「望みを捨てぬ者だけに、道は開けるのです」
と話しました。



姫たちの和睦交渉

慶長19(1614)年12月18日、京極忠高の陣で
姫たちの和睦交渉が始まります。

阿茶局は、茶々を人質にはせず、大坂城の明け渡しも
要求しない、牢人の処罰も穏便にすると切り出しました。

大蔵卿局はすっかり阿茶局に同調し、初は何も言えません。
そこで、きりが足がつったと叫び、初にアイコンタクト!
初は意を決して、牢人たちの処遇をきちんと決めてと
主張しました。

阿茶局は真田丸を取り壊し、堀も埋めてしまえば、
牢人たちが出ていくしかないと言い出します。
大蔵卿局が阿茶局の考えにすっかり賛成し、
和睦交渉はまとまってしまいました。

和睦は20日に成立して、豊臣の領地の安堵など
五か条の書面にまとまります。
せっかく幸村がきりを初につけたのに、徳川方のペースに
なってしまいましたね。

真田丸の取り壊し

真田幸村と大野治長は、和睦の条件が豊臣方に
都合が良すぎるのを気にしました。
きりに確認すると、堀の埋め立てと、真田丸の取り壊しが
書面に書いてありません。

やがて高梨内記(中原丈雄)が一大事を知らせに来ました。
真田丸が取り壊されているというのです!
大蔵卿を問い詰めると、戦いが終わるので、
真田丸は無用の長物と言い、有楽斎も同調します。

徳川の兵たちによって、大坂城の城郭は取り壊され
堀は埋められ、二の丸、三の丸、真田丸も取り壊され
本丸だけになっていきます。

幸村は後藤又兵衛、毛利勝永ら牢人衆に
「策はない。もはや、この戦、勝ち目はなくなった。
すべては私のちから不足だ申し訳ない」と謝りました。

部屋へ戻って、幸村が真田大助(浦上晟周)春(松岡茉優)に
大坂城を発って上田へ向かうよう話していると、
牢人衆や秀頼がやって来ました。

豊臣秀頼は「望みを捨てぬ者だけに道は開けるとそなたは言った。
私はまだ捨てていない」と幸村の手を握りました。
幸村は再びやる気を出し、策を練ることにしましたね。

大河ドラマ 真田丸 あらすじ
大河ドラマ 真田丸 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る