真田丸 ネタバレ 46話 砲弾、真田幸村、家康に揺さぶられる

大阪冬の陣が始まり、大坂城は30万の徳川軍に包囲されます。
真田幸村(堺雅人)らは南の出城・真田丸に立て籠もり
迫り来る敵兵を、知略の限りを尽くして撃退しました。

徳川家康(内野聖陽)は「いたずらに攻めかかるのは
もうやめじゃ!真田丸がここにある限り埒があかん。
左衛門佐め、まったく親子2代で手こずらせてくれるわ!
エゲレスの大筒はまだか?」と聞きます。

本多正純(伊東孝明)が数日かかると答えると
家康は「30万の兵を3つに分け、代わる代わる
一晩中、鬨の声を上げさせよ」と命じました。


真田幸村、豊臣秀頼を諌める

豊臣秀頼(中川大志)は徳川軍を打ち破ったことに
満足して、茶臼山の家康本陣に総攻めを仕掛けては
と言い出します。

真田幸村は「策とは、ただ戦に勝てばよいというものでは
ございません。いかに味方の命を損なわぬか。
ここは守りに徹するのです。城にいる限り、我らは負けません。

成すべきは城を守るきること。徳川が大軍をもって攻めようとも、
大坂城はびくともしなかった。そのことを天下に知らしめるのです。
さすれば敵の中に心変わりする者が必ず現れます。
徳川を見限り、我らにつくものが。それを待つのでござる。
攻めに転じるのはそれから」と諌めました。

徳川方、鬨の声で威圧してくる

やがて鬨の声と太鼓の音が聞こえてきます。
幸村は長宗我部盛親(阿南健治)とともに様子を調べました。

侍女の寸(大西礼芳)たちが心配するので
きり(長澤まさみ)は「大丈夫。本当に攻めて来るときは、
あんなのんきな声は出しません。私たちを怖がらせようと
してるんです。いいですか?怖がったら負けですよ」
と励まします。

大坂城真田丸、堀田作兵衛(藤本隆宏)は攻めてくる様子は
ないと報告しました。幸村は塙団右衛門(小手伸也)に
「みんなを元気づけてやれ」と命じます。
団右衛門は櫓に上がると「わんわん!徳川め!シッポを
丸めおったわ」と徳川方に叫び、
豊臣の兵たちは大笑いです(笑)

幸村が攻めてくることはないと報告すると
茶々(竹内結子)大蔵卿局(峯村リエ)は安心します。

廊下を歩いてると、茶々の妹・初(はいだしょうこ)
に会いました。若狭の大名・京極高次に嫁ぎ、
高次が亡くなってから常高院と名乗っていました。

常高院は茶々について「あの人が死にたがっているようにしか
思えないのです。姉を救ってやってください」と頼んできます。

出浦昌相、復活!!

江戸、真田屋敷、真田信之(大泉洋)平野長泰(近藤芳正)が
話していました。長泰は賤ヶ岳七本槍のうち、自分以外が
徳川方についてしまったと嘆き、自分だけは豊臣方の力に
なりたいと言います。

河原綱家(大野泰広)が荷をすべて積んだと報告に来て
こう(長野里美)が、干し飯を持ってきてくれたので、
信之と長泰がでかけることにしました。

廊下で、稲(吉田羊)が立ちふさがり、あまりにむちゃだと
止めてきます。信之がそれでも行こうとすると、
出浦昌相(寺島進)が現れました!出浦昌相、復活です!

出浦「大坂へ行ってはなりません!もしこれが徳川に知れたら
真田は終わりだぞ」
信之「知られなければよいことだ」
出浦「徳川の目を盗んで、城に兵糧を入れるなど、
できる訳があるまい」
信之「やってみなければわからん。父上も源次郎も、散々むちゃを
してきたではないか!わしだって一度くらいは」

出浦「そなたの父はどんなにむちゃに見えても、
常に先を見据えていた。お前がやろうとしていることは
それとは違う。お前の父が必死に守ってきた真田の家を
滅ぼすつもりか。大坂に行ってはならん。このわしが行かせん」

出浦が刀を信之の首筋に当てますが、
信之は刀をよけ「すまん」と出かけようとします。
出浦は信之に何かを投げました。

綱家が「この件について、我が真田は一切関わりございません」
と言うと、長泰は「心得た。兵糧はなんとしても大阪城へ
届けて見せる」と1人去っていきます。

部屋に戻った信之は、ネバネバした網のようなものに
絡みつかれて、動きません。スライムでしょうか?(笑)


真田幸村、家族と団欒の時を過ごす

大阪城、真田幸村、作兵衛、高梨内記(中原丈雄)
大助(浦上晟周)梅(大出菜々子)春(松岡茉優)が集まり
話していました。

高砂を歌って、敵を引きつけたことを褒められ、
大助はうれしそうです。春は大助が危険にさらされ
怒ってましたが、やがて笑いだしました。

鬨の声が聞こえて来たので、障子を開けると
庭に畑ができてきます。作兵衛は「ここの土がなかなか
いいもんで、畑をこさえようと思いましてな」と言いました。
真田幸村は久しぶりに、家族と団欒の時を過ごしましたね。

徳川家康、真田信尹に真田幸村の調略を命じる

徳川秀忠(星野源)はなぜ真田丸を総攻めしないのかと
いらだっていました。本多正信(近藤正臣)が
戦は勝てばいいものではないと説明します。

真田信尹(栗原英雄)が正純に連れられやって来ました。
正信は「真田には真田ということにございます」
と秀忠に言います。
真田昌幸(草刈正雄)の弟で、幸村の叔父です。
信尹はしばらく徳川から遠ざかっていましたが、
再び家康の請われ戻ってきていました。

徳川家康は「真田左衛門佐を調略せよ」と命じますが
真田信尹は「お断りいたします。源次郎信繁は父親に似て
度胸もあり、知恵も働き、それゆえ我ら兄弟に似ず、
義に厚い男にございます。寝返ることはまずないと」
と断ります。
家康は「わしはあれを買っておる。寝返れば左衛門佐には
10万石を与えよう」と約束してくれました。

真田信尹は真田信吉の陣へ行って、家康から命令されたので
大阪城へ入ると伝えます。信尹は真田信吉(広田亮平)
真田信政(大山真志)に「真田家の行く末はそなたたちに
かかっておる。しかと頼むぞ」と言いました。

矢沢三十郎(迫田孝也)小山田茂誠(高木渉)は
大阪城の佐助(藤井隆)に矢文を放って、信尹のことを伝えます。

真田信尹と真田信繁 20年ぶりの再会

大坂城内の厨、幸村が待っていると、信尹が現れました。
信尹「いつ以来だ?」
幸村「ばばさまの通夜以来ではないでしょうか?」
真田信尹と真田信繁が会うのは20年ぶりです。
作兵衛が準備してくれたお酒を飲みます。

信尹は九度山にある昌幸の墓に行きたいと言い
源三郎の倅たちに会ってきたと話しました。
幸村は大助と大八にも会ってほしいと頼みます。

信尹が「さて帰るか」と立ち上がるので、
作兵衛が「えっ」とびっくり!
信尹は「大御所様からの書状だ。寝返った時の褒美が
書いてある。読まんでいい」と家康からの書状を渡します。
幸村はそれを読まず、破り捨ててしまいました。
信尹は幸村の肩をたたいて去っていきます。

真田信尹は家康のもとへ帰ると「調略、不首尾に終わりました」
と報告します。信尹が去ってから、家康は「食えぬ男じゃ。
さて次の一手は」とつぶやきました。


和睦か?戦い続行か?

織田有楽斎(井上順)と本多正純がある寺で会っていました。
障子を挟んで、背中合わせで会話します。
正純が「大御所様は和睦を望んでおられる」と伝えると
有楽斎は「かしこまりました」と答えます。

有楽斎は大坂城へ戻ると、豊臣秀頼、真田幸村たちに
「真田丸で敵に痛手を与えた今こそ、和議を結ぶ
またとない折とは思わぬか」と提案しました。

幸村は和議に反対しますが、大蔵卿局が賛成します。
秀頼は結論を出さずに、話し合いを中断しました。

幸村が和睦のことを伝えると、後藤又兵衛(哀川翔)
毛利勝永(岡本健一)らは反発します。
幸村は佐助に「織田有楽斎が気になる。
動きを探ってくれ」と命じました。

その間に、有楽斎と大蔵卿局によって
秀頼は和議に傾いてしまいます。

真田幸村と茶々、そして、きり

そのことを知った幸村は、茶々のところへ行きました。
きりが廊下に控えていて「ここからはお1人で」と言うので
幸村は1人で部屋へ入っていきます。

茶々「何ゆえ、あの者たちは和睦したがるのです?」
幸村「恐らく、これからも勝ち続け、われら牢人衆が
力をつけるのが、恐ろしいのでございましょう。
秀頼公をお説き伏せ願いたい」

茶々は近づいてきて「まことのことを言います。私は秀頼と
一緒にいられればそれでよいのです。この城だって手放せと
言うなら、手放しましょう。どこか遠くの小さな国へ移って
そこで皆で暮らせれば、それ以上は望みません。
私と秀頼と、そして左衛門佐がおれば」と手を握ってきました。

幸村は「お上様、それはお心に留めておいた方が良いかと。
味方の士気に関わりますゆえ。先の件、何卒よろしく
お願いします」と手を重ねて、去って行きます。
部屋を出た幸村は、きりと言葉を交わさず、去っていきました。

真田幸村と豊臣秀頼に溝ができる

茶々は秀頼に「和睦はなりませぬ!左衛門佐が戦を続けると
申しておるのです。そえに従っておけばよい」とピシャリと
言います。

秀頼が「母上、断を下すのは、あくまで大坂城の主たる
この私です。そうであったな左衛門佐」と言いますが、
幸村は目を合わせません。

茶々は「そなたを産んだのは誰じゃ?われこそが、この城の
まことの主ぞ。断が私が下します。和睦は決してなりません」
と言いました。

幸村が廊下を出ると、秀頼が追いかけてきて責めてきます。
幸村は「断を下すのは殿でございます。しかしその断に
誤りがあれば、私はいかなる手を使っても食い止めます。
私は戦に勝つためにここに参ったのでございます。御免」
と冷たく去っていきます。
真田幸村と豊臣秀頼に溝ができたようですね。


真田幸村、後藤又兵衛らと、ひと暴れ!

大坂城の厨、与八(今野浩喜)は大角与左衛門(樋浦勉)の下で
働いています。
塙団右衛門が、本町口の蜂須賀の陣へ夜討ちするというので
後藤又兵衛、毛利勝永、木村重成(白石隼也)が加わりました。

長宗我部盛親は「長宗我部家の当主である」と去っていき
明石全登(小林顕作)は「ミサがある」と出ていきます(笑)

盛親から夜討ちのことを聞いて、幸村も加わりました。
又兵衛と勝永が大暴れし、重成が危ないところを団右衛門が
救ってくれます。名札を置いてましたね(笑)
幸村は弓兵を斬って、敵の旗を奪って、振り回します。

徳川家康、大筒で大坂城を砲撃する

家康軍に、イギリスの最新鋭の大筒・カルバリン砲が
届きました。家康は片桐且元(小林隆)に
「淀殿の居室はどこじゃ?案ずるな、何も狙い撃ちしよう
というのではない。その逆じゃ。居場所がわかれば、
外すことができよう」と言います。
且元は「奥御殿の天守の南側」と答えました。

表に出た家康は正純に「天守の南を狙え」
と大筒で撃つよう命じます。

大筒の砲弾は、大坂城を直撃し、轟音が響き渡りました。
茶々たちが廊下を歩いている時で、天守閣のしゃちほこが
廊下に落ちてきます。奥御殿の屋根や天井が崩れ落ち、
寸たち侍女が下敷きになって死んでしまいます。

茶々がよろよろと呆然としながら歩いていくのを、
きりが必死に止めましたね。

大河ドラマ 真田丸 あらすじ
大河ドラマ 真田丸 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る