とと姉ちゃん スピンオフ 福助人形の秘密 ネタバレ

とと姉ちゃんのスピンオフ「福助人形の秘密」は
感動的な物語でしたね。福助人形の秘密もわかりました!

森田宗吉(ピエール瀧)照代(平岩紙)は高崎から東京へ戻って
森田屋を再開させます。まつ(秋野暢子)は亡くなっていました。

そんな森田屋に、長谷川哲典(浜野謙太)富江(川栄李奈)
息子のまつ吉(高澤父母道)が高崎から遊びに来ます。
月曜日から1週間の物語でした。
ネタバレしてるので、まだ観てない方はご注意下さいね。


火曜日 福助人形に手を合わせる理由

火曜日に、家族みんなが福助人形に手を合わせるので
まつ吉は不思議がります。
宗吉は神様みたいなもので、まつも大切にしていた
と説明しました。

富江とまつ吉は水田家へ行って、
鞠子(相楽樹)と話します。たまきはまだ1才です。
たまきがお湯のみ茶碗を割ったので、
金継ぎをしたと鞠子が話しました。

森田屋、長谷川が「喫茶ロンド?2時に」と電話しています。
宗吉に気づかれ、長谷川は焦ってました(汗)

水曜日 長谷川と女の密会現場を、富江が目撃!

まつ吉がキャッチボールをしてとせがむのを
長谷川は断って、出かけようとします。
富江には板前仲間に会いに行くといいますが
長谷川はハンカチを汗を拭きました。

さらに落とした封筒の中にはお金が入ってます。
長谷川は子どもが生まれたお祝いだと言いますが怪しいです。

富江は鞠子に電話で確認すると
長谷川は銀座の四越デパートの銀座ロンドという喫茶店に
女の人と一緒にいたと話しました。

まつ吉は森田屋で1人で留守番していましたが、
ボールを投げて、福助人形に当ててしまいます。
バランスを失った福助人形が床に落ちて
背中に穴が開いてしまいました!
てっきり粉々になると思ったけど、ちょっとひと安心(笑)

富江は銀座ロンドへ行って
長谷川が女の人と会っているのを目撃!
長谷川が女にお金を渡し、
女が泣いているのを見てしまいました。


木曜日 まつの昔話 とめとめぐみ

長谷川は喫茶ロンドに忘れ物をしたことを思い出し
出かけようとすると、女が忘れ物を持ってきます。
長谷川は「めぐみさん」とびっくり!
富江は「どういうこと!」と怒り、鞠子のところへ行きます。

長谷川が喫茶ロンドに忘れたのは
まつ吉のために買ったグローブでした。
水田家で、富江と鞠子が話してると、
宗吉がやって来て、まつの昔話が始まります。

大正6年、森田屋が浅草にあった頃
まつは、藤野とめ(安藤玉恵)を雇いました。
とめはまつに反発してましたが、とめの根性を見込んで
まつは鍛えていったのです。

大正8年、とめが店を辞めたいと突然に言い出しました。
まつはとめのお腹に子どもがいると見抜いて
店を辞めてもいいが、お金を出してあげるから
子どもを産みなさいと言います。

とめが産んだ女の子が、藤野めぐみ(新妻聖子)でした。
とめが亡くなってからも、めぐみは結婚するまではと
まつは定期的にお金を送っていたのです。
長谷川がお金をめぐみに渡していたのは
そういうことだったのですね。

金曜日 福助人形を金継ぎで直す

富江が歩いてると、めぐみが声をかけてきました。
めぐみは長谷川について、家族のことをよく話してくれて
家族があったからがんばってくれたので、
めぐみにも家族を作って欲しいと言ってくれたと打ち明けます。

そして、めぐみは結婚の予定があったが、相手の親に反対され
話がなくなったと言いました。

森田屋は富江がかえると、まつ吉がいなくなったと
大騒ぎです。大雨が降ってきます。

やがて、鞠子に連れられ、まつ吉が帰ってきました。
まつ吉は福助人形を割ってしまったので、
お湯のみ茶碗を金継ぎで直したようにできないかと
鞠子のところへ行っていたのです。

長谷川と富江はお互いに謝り、仲間直りしましたね。
福助人形は宗吉が金継ぎをしました。

さらに長谷川がめぐみの相手に会ったというので
宗吉はあしたの朝一番に会ってこいと命令します。


土曜日 とめ、まつに福助人形をプレゼントする

森田屋を臨時休業にして、めぐみと相手の
桐島杜夫(近藤公園)を会わせてあげました。
杜夫は親を説得したと話してから「改めて言うよ。
めぐみさん、僕と結婚して下さい」とプロポーズ!
めぐみは「ふつつか者ですが、よろしくお願いします」
と受けます。

宗吉は、森田屋名物の卵焼きでお祝いしました。
福助人形が定位置に置かれ、みんなが福助人形を
ありがたがってると、めぐみはそんな大層なものでないと
言い出します。

大正7年、まつは夫を亡くし、落ち込んでしまい
森田屋の経営も行き詰まってしまいました。
そんなまつを見て、とめはまつを励まそうと
古道具屋で見つけた福助人形をプレゼントしたのです。
同じ福助人形を飾った店が大繁盛したと大げさに言って(笑)

女中はとみだけになってしまいましたが
とみは一生懸命に働きました。
その様子を見て、まつは以前の明るさを取り戻し
森田屋の危機を乗り越えていきます。

大正8年、とみが森田屋を辞める時に
お金を受け取ることに困っていると
まつは「あの福助人形の金でいいんじゃないか。
あんたがいたから一番苦しいとき、諦めずに踏ん張れたんだ。
何かあったら、すぐ便りをよこしな。
どこへ行っても、あんたは森田屋の人間だ。
家族なんだから」と言いました。

3年後の春、まつは幼いめぐみを連れて、
まつに会いに行ったのです。

日曜日 常子と美子、森田屋へやって来る

長谷川とまつ吉がキャッチボールするのを
富江が笑顔で見つめていました。

森田屋ですき焼きをすることになります。
鞠子だけでなく、常子(高畑充希)美子(杉咲花)も
姿を見せました。

とと姉ちゃんのスピンオフ「福助人形の秘密」
とてもステキな物語でしたね。

とと姉ちゃん スピンオフ 川栄李奈さん再登場
連続テレビ小説 とと姉ちゃん あらすじと感想
連続テレビ小説 とと姉ちゃん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る